結局どっち!?イーストフードを食品添加物として使うことの是非

悩む猫 生活・マナー

最近では、インターネットの普及により情報があふれてきたせいか、
食品添加物について知る機会が増えてきました。

食品添加物は体に悪い、危険なものというイメージがありませんか。

そもそも、食品添加物とはいったいなんなのでしょうか。
わざわざ食品に、危険なものを混ぜているわけではありませんよね。

食品添加物ってどんなもの?安全性は!?

冷蔵庫の中

厚生労働省が取り組んでいる、食品添加物の安全確保について確認してみました。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の加工や保存のために使用されているものです。
今日食べた食べ物の中にも、絶対と言えるほど添加物が入っています。

もちろん、食べたからと言って体に危険が及ぶわけではありません。
しかし、食品添加物の取りすぎも、危険がある場合があるため、厚生労働省が安全を管理しています。

新たな食品添加物が販売される前に、健康被害がないか確認をし、基準を策定し、安全を考慮しています。
添加物の毒性試験などをして、一日の摂取許容量を設定しています。

今まで気にしていなかったけど、一日に規定量よりも添加物を多く摂取しているのではと心配になりませんか。

しかし、厚生労働省の調査結果では、スーパーで売られている食品を購入し、添加物の量を調べた結果、
「一日の摂取量を大きく下回っている」ことがわかっています。

毎日、添加物の入っている食パンやカップラーメン、お菓子を食べ続けたとしても、
一日の摂取量を上回ることはありません。

体には、無害ということが証明されています。
逆に、天然物でもアレルギーを発症したり、毒性があり体に悪いものもあります。

天然のものは安全、添加物は危険という解釈は間違いだと言えます。

添加物は長く保存できるように、カビが生えないように、おいしそうに見えるように…と使われているものです。

イーストフードも、イースト菌を活発にさせて、短時間で大量のパンを作るために入れています。
イーストフードがあるからこそ、おいしいパンを安く手に入れることができているとも言えるのです。

強調しすぎ‼「イーストフード・乳化剤不使用」表記の食パン!

バターののった食パンと目玉焼き

最近、パンの表記で「イーストフード・乳化剤不使用!」という表記を目にしますよね。

このような表記を目にすると、表記されていないものよりも安全な食べ物だと思ってしまいますが、
実際にはどうなのでしょうか。

パン業界大手の山崎製パンは、

イーストフードや乳化剤は、国際的に安全性が公認され、国が科学的根拠をもってその安全性を評価している食品添加物です。

出典元:山崎製パンオフィシャルサイト

と説明しています。

また、「イーストフード、乳化剤不使用」の表示をしているパンメーカーでも、
実は、イーストフードと乳化剤と同等の添加物で代替えしていると指摘しています。

上記が本当だとすれば、添加物について理解がない方は、「不使用」と謳っているパンに手が伸びますよね。
でも実は、違う添加物で作られているとしたら、騙されているようでなんだか嫌ですよね。

無添加だと思ってたくさん食べてしまうと、かえって危険がある可能性もあります。
無添加なのに、安価で大量生産できるものは少ないです。

色々な表記に騙されないように、正しい知識を持ちたいですね。

スポンサーリンク

嘘・ホント!?イーストフード・乳化剤は人体に害を及ぼす説!

たくさんのメロンパン

イーストフードや乳化剤を摂取するとどのような害があるのか、調べると色々な情報がでてきますよね。

イーストフードは何十種類もの添加物でできており、過剰摂取すると、
発がん性物質があるとか、骨粗しょう症、心筋梗塞など…悪いイメージの情報が多く出回っています。

しかし、そんな危険な食べ物だとしたら、国が放っておかないです。
厚生労働省は、添加物の基準に合致しないものの販売等は禁止されていると謳っています。

売っているということは、安全性を確保していると言えます。
問題は、何か特定の物を食べ過ぎることではないでしょうか。

普段から、いろいろなものをバランスよく食べるようにしていれば、
添加物の摂取量が基準値を超えることはないように思います。

バランスが大事ですよね。

まとめ

小さい時から、毎日パンを食べていた人がガンになった、病気になったという話を聞いたことがあるでしょうか。
逆に、神経質で気を付けていた人が、病気になることもあります。

何が原因かはわかりませんが、神経質になりすぎても、ストレスがかかり病気に繋がる可能性もあります。
上手に添加物と向き合っていきたいですね。

スポンサーリンク