キャンプビギナー必見!?みんながやっているアブ・ブヨ対策を紹介!

葉っぱに止まっているアブ 虫・草花

最近はアウトドアブームで、キャンプやバーベキューに行く人が増加していますよね。
キャンプ用品専門店に行って、テントや寝袋、バーベキュー用品を見るのも楽しいですよね。

自然に囲まれて過ごすのはとても気持ちいいですが、嫌なことがあるといえば、
虫が多いことではないでしょうか。

キャンプグッズやバーベキューの用意はしっかりしていても、意外と見落としがちなのが虫対策です。

しかも、忘れてしまったら、キャンプ場に売店があったとしても、
売ってなくてえらい目にあうのも、虫対策グッズです。

今回は、キャンプ初心者がまず覚えておいたほうがいい、
アウトドアでの服装や虫対策についてお話していきましょう。

アブ・ブヨ対策の基本!刺されないための理想的な服装は?

綺麗な小川の水

山の中のキャン場でキャンプやバーベキューをするなら、夏でも長袖・長ズボンが必須です。
ズボンは、下から虫が入り込んだりしないように、裾が締まっているものを選びましょう。

サンダルで過ごそうと思いがちですが、靴下をしっかりはいてスニーカーで行くようにしましょう。

アブってどんな虫?

アブとブヨについて簡単に説明をしていきましょう。
まずアブですが、蜂やハエに似ていますが、蜂の仲間ではありません。

アブに刺されて腫れたという人がいますが、アブは刺したりしません。
もっと怖いことをされてしまいます。

人の皮膚をかみ切るのです。
これを知った時、背筋がゾゾっとしてしまいました。

アブのオスは攻撃してきませんが、メスが攻撃してくるのも特徴の一つです。
噛まれたときに、痛みが走りアブの唾液にアレルギー反応した場合、腫れたり化膿したりします。

アブがいる場所は水辺が多く、きれいな水が流れているところは特に注意が必要です。

ブヨ(ブユ・ブト)ってどんな虫?

次にブヨですが、コバエに似ています。
ブヨは地域によって、ブユやブトと呼ばれることもあります。

ブヨもアブと同じく、刺すのではなく皮膚をかみ切ります。

ブヨが活発に動く時期は3月から9月で、寒い時期は活動をしませんが、一年中生息しています。

基本的に夜行性なので昼間はあまり活動をしませんが、暗いと行動をするので、
曇り空や雨の日は、昼間でも活発に動いていると思ったほうがいいでしょう。

山の水辺にいるので、住宅地で見かけることはまずありません。

ブヨは集団で動くので、ブヨの集団の中に入り込んでしまったら、
あっという間に数か所噛まれてしまうので注意が必要です。

アブもブヨも、森や登山、キャンプやバーベキューをするところには、
いると思って対策をしていくことが大事です。

ブヨの集団の中に入ってしまい、大量にかまれてしまうと命に係わることがあります。
体調に変化があり、「あれ、おかしいな」と思ったら、すぐに救急病院にいくようにしましょう。

しまった!アブ・ブヨに刺されたときに跡を残さない対処法とは?

ポイズンリムーバー

しっかり準備をしていても、やられてしまったときの対処法も覚えておきましょう。
噛まれた!!と思ったら、患部をあたたかいお湯で流しましょう。

スポンサーリンク

アブとブヨの毒は熱に弱いので、温めてお湯で流して、毒をしっかり落とすことが大事です。
すぐに洗えない場合は、カイロや温めたタオルで患部を抑えるようにしましょう。

これは、噛まれてすぐになら有効ですが、帰ってから噛まれたことに気が付いた場合は、
温めると悪化する可能性があるので、温めないほうがいいでしょう。

キャンプ用品専門店では、アブ・ブヨ対策グッズとしてポイズンリムーバーというものが売られています。
注射器のような形のもので、毒を吸い出す機能があります。

これは、あくまで応急処置グッズですので、過信せずに病院で診てもらいましょう。

アブやブヨに噛まれるのを予防するグッズも発売されています。
ドラックストアに行くと、蚊やハエ用以外に、アブ・ブヨ用の殺虫スプレーが売られています。

他にも、体に吹き付ける虫よけスプレーも持っていき、
汗をかいたらこまめに虫よけスプレーをすることも大事です。

アブやブヨは暖かいところによってきます。
そして、汗に反応します。

汗もこまめに吹くようにしましょう。

まとめ

アブとブヨについてお話しました。
刺されてからの対処方も、知っているのと知らないとでは大違いですよね。

刺されないように準備も万全にして、楽しいレジャーにしてくださいね!

スポンサーリンク