掃除も苦にならない!?抜け毛の少ない犬種ランキング!!

芝生とトイプードルの横顔 動物

これから初めて犬を飼おうと考えている方は、どの犬種がいいか悩みますよね。

犬の性格や気質なども気になりますが、他にも気になることのひとつに、
犬の抜け毛の量があると思います。

そこで今回は、犬の毛の種類と、抜け毛の少ない犬種について紹介していきたいと思います。
まずは、犬の毛について知っていきましょう。

犬の毛の生え方の違いとは!?

犬の毛をトリミングしているところ

 

犬は種類によって、ダブルコートシングルコートという、毛の生え方の違いがあります。

ダブルコート

犬の毛はすべて同じように見えますが、2種類の毛が生えています。

この2種類の毛にはそれぞれ役割があり、オーバーコートと呼ばれる上の毛は、皮膚の保護が役割です。
アンダーコートと呼ばれる下の毛は、保湿が役割です。

大量に毛が生え変わるのは春と夏で、この時期を換毛期といいます。
春と秋に生え変わりがあるのは、季節に応じたアンダーコートが生え変わるからです。

例えば、衣替えのような感じです。

春に生え変わるのは、暖かくなってきて冬毛から夏毛にアンダーコートが、
秋は寒くなってくるので、夏毛から冬毛に変わるのです。

ですが、換毛期以外でも、定期的に少しづつは抜けていきます。

シングルコート

アンダーコートがなく、換毛期の生え変わりがありません。
シングルコートの犬は、寒さに弱いのも特徴です。

個体差もありますが、基本的にシングルコートの犬種の方が、抜け毛が少ないと言われています。

 

家中に毛がふわふわあるのは嫌ですし、お掃除も一日に何度もしなければいけないのは大変ですよね。
そこで、抜け毛が少ない犬をご紹介しましょう。

抜け毛の少ない犬を勝手にランキング!小型犬は?

ヨークシャテリア

第1位:トイプードル

まずは、飼いたい犬種ランキングでも1位に輝く、トイプードルです。
ふさふさしている毛におおわれているトイプードルですが、抜け毛が意外に少ないのに驚きです。

その理由は、クルクルしたパーマのような毛にあります。

抜けにくいなら手入れはいらないのかなと思うのですが、
パーマのようなクルクルした毛は、絡まりやすいという欠点があります。

毎日ブラッシングをして、からまないようにしてあげましょう。

第2位:シーズー

次は、シーズーです。

長~い髪のような毛でおおわれているシーズーを、抜け毛の少ない犬に選ぶのは、
本当に意外に感じるのではないでしょうか。

シーズーの長い毛は、抜けにくいからこそ長いのです。

ダブルコートの犬種ですが、毛が抜けにくく、非常におとなしい性格の犬ですので、
高齢者が飼いやすい犬としても知られています。

ですが、もちろん手入れは必要で、毎日のブラッシングのほかに、
長くなりすぎた毛をトリミングすることも忘れないようにしましょう。

第3位:マルチーズ

一時期爆発的に人気があったマルチーズも、シングルコートで抜け毛がすくない犬種です。
抜けにくい理由は、油分が多くしっとりしたストレートな毛だからです。

2か月に1回のトリミングがおすすめです。

第4位:ミニチュアシュナウザー

一番意外なのが、ミニチュアシュナウザーです。
あのふさふさした感じだと、抜け毛が多そうだと思ってしまいますよね。

ミニチュアシュナウザーは、アンダーコートがある犬種ですが、
毛質が固いことと、春と秋のアンダーコートの生え変わりがありません。

ただ、あの髪型をキープするためには、2か月に1度のトリミングが必要です。

第5位:ヨークシャテリア

シングルコートの犬種です。
ヨークシャテリアといえば、絹のようなきれいな毛並みが印象的ですよね。

スポンサーリンク

ただ、毛は切らないと伸び続けるので、定期的なカットが必要です。
毛が絡みやすく、毛玉にもなりやすいので、こまめなブラッシングが必要です。

抜け毛の少ない犬の大型犬は?

犬の肉球

次に、大型犬も見ていきましょう。

スタンダードプードル

スタンダードプードルが、抜け毛が少ない犬種として挙げられます。

トイプードルとスタンダードプードルは、ペットショップで見かけると、
まるで別の犬種のように見えますよね。

抜けにくい理由は、トイプードルと同じクルクルとしたパーマのような毛だからです。

トイプードルとの飼い方の違いは、スタンダートプードルは大きな体格をしているので、運動量が必要です。
朝と夕方のお散歩は、多めに必要です。

ジャイアントシュナウザー

次に、ジャイアントシュナウザーも抜け毛が少ない大型犬です。
理由は、ミニチュアシュナウザーと同じです。

抜け毛が少ないということは、古い毛を定期的に抜いてあげる必要があります。
この作業は、素人がやろうにもできる技ではありません。

トリミングに通って、古い毛を処理してあげましょう。

ちなみに、ジャイアントシュナウザーは、体高が60センチから70センチとかなりの大型犬です。
飼うのも、少し覚悟が必要な犬種かもしれませんね。

最後に

抜け毛が少ない犬種をみていきましたが、抜け毛が少ないからお世話が楽ということではないです。
抜けないからこその手入れが必要です。

ワンちゃんは家族の一員です。
快適に生活ができるように、こまめなお世話をしてあげましょう。

スポンサーリンク