バスタオルの臭いの簡単な取り方とは!?臭くさせない対策も!

たたんで棚に積まれたバスタオル 生活・マナー

お風呂からあがってきて、洗濯したてのふわふわのバスタオルで体を拭く瞬間、なんだか幸せを感じませんか?

この幸せの儀式をしようと思ったのに、いや~な臭いがタオルからしたら、
幸せな気持ちが一気に吹き飛びますよね。

最近では、いい香りがする柔軟剤や洗濯洗剤もたくさん売られています。

ですが、そういう香り付きの物を使っていても、嫌な臭いが気になったり、
洗う前の濡れたままのバスタオルの臭いがひどく、洗濯しても消えない…なんていうことも。

幸せなお風呂上りを満喫するために、臭いゼロのバスタオルにするにはどうしたいいのか見ていきましょう。

バスタオルの嫌な臭いの原因は!?

バスタオルのアップ

洗濯をしてしっかり干したのに、嫌な臭いがするのはなぜでしょうか。

それは、菌が原因なのです。

同じように下着や服を洗濯しているのに、バスタオルやタオルのように、
嫌な臭いがすることが少ないのはなぜなのかも気になりませんか?

それは、臭いの原因になる雑菌が、服や下着よりもバスタオルのほうが繁殖しやすい条件が多いからです。
バスタオルは体をふくものです。

つまり、濡れていることが多く、体をふくと体の皮脂がタオルについてしまいます。
濡れていると菌の繁殖が増え、皮脂を栄養としてますます菌が増えていき、これが嫌な臭いの原因となるのです。

今すぐできる!!バスタオルの臭い対策を紹介!

洗濯物を詰め込んだ洗濯機

先程もお話した通り、バスタオルの臭いの原因となる菌を繁殖させてしまう要因は、
バスタオルが濡れていること、また、体の皮脂などで目では見えない汚れがついていることです。

予防として大事なことは、バスタオルを濡れたままにしておかない、汚れを早く取っておくことです。

バスタオルは、パッとみたところ汚れていないように見えるので、
2、3日使ってから洗うという方もいるかもしれません。

これも、臭いの原因になっています。
バスタオルはこまめに取り換えて、こまめに洗濯をすることが大切なのです。

洗濯をするときにも、気を付けておきたいことがいくつかあります。
洗濯機に、パンパンに洗濯物をいれて洗濯をしないことです。

何度も洗濯機を回すのはめんどうなので、ついついたくさん詰め込んで洗濯してしまいがちですが、
詰め込んで洗濯をしても、洗濯洗剤がいきわたらず、皮脂などがしっかり落とせない状態になってしまいます。

洗濯機に入れる量は、8割ぐらいにとどめておくことが大事です。

洗濯が終わって、濡れた洗濯物をそのまま放置していても、臭いの原因を作ってしまうことになります。
洗濯が終わったら、なるべく早く、風通しのいい場所で干すようにしましょう。

嫌な臭いを消すという洗濯洗剤も多く発売されています。
いい香りがする柔軟剤も多く発売されています。

ですが、洗剤や柔軟剤にこだわっているから大丈夫と思わず、基本に戻って、早めに干すようにしましょう。

カンタン消臭!バスタオルの臭いをとるならつけおきが効果的!

タオルのつけおき

スポンサーリンク

嫌な臭いがついてしまったバスタオルを救済する方法はないのでしょうか。
いくつか方法がありますので紹介をします。

まずは、熱湯でつけおきをするです。
桶にバスタオルを入れて、熱湯をいれます。

この時のお湯の温度が重要で、しっかり沸騰したお湯を使うようにしましょう。
冷めるまでそのままつけおきをして、そのまま洗濯機に入れて洗濯します。

このときに、オキシクリーンや酸素系漂白剤をいれたら、しっかり臭いが消えます。

しっかりついてしまった臭いは、煮洗いという方法もあります。
ただ、バスタオルが入る大きさの鍋はなかなかないですよね。

オキシクリーンなどの、酸素系漂白剤でのつけおきが一番簡単なのかもしれません。
オキシクリーンが威力を発揮する水の温度は、40度ぐらいです。

お風呂の残り湯でつけおきをしたい気持ちもありますが、
きれいなお湯でつけおきするほうが効果があるといえます。

まとめ

バスタオルの臭いについてお話してきました。

バスタオルがすでに臭い場合は、上記の方法を試してみてください。
そして、普段から菌を繁殖させないように対策をしておきましょう。

毎日のお風呂上りに、臭くない清潔なタオルで幸せな気分を手に入れましょう!

スポンサーリンク