兄弟の結婚式に出席するときの適切な服装とは?~男性編~

披露宴の様子 生活・マナー

兄弟の結婚式に参列。

いっしょに泥だらけになりながら遊んだ日のこと。
いたずらをしてお母さんに2人して怒られたこと。

喧嘩をして泣きながら大声で叫んだことなど、
今まで過ごしてきた思い出が浮かんできて涙がこぼれることでしょう。

そんな感動に浸れるかどうかは、当日の服装に左右されるのではないでしょうか。

結婚する兄弟の友人や、相手の親族や友人から、引かれるような服装で出席してしまうと、
結婚式が終わるまで、服装のことが気になって仕方がないという事態になってしまうかもしれません。

女性なら、ドレスや着物を選ぶのに気を使いますが、
男性なら、そんなに気を使わなくていいのでは?と考えがちです。

ですが、男性にも細かい服装のマナーがあるのです。

兄弟の結婚式に出席!服装選びの注意点は!?

キャンドル越しの披露宴の様子

まずは、新郎よりも目立つ服装はNGです。
白いスーツなんてもってのほかです。

白いスーツ以外にも、派手なスーツは新郎より目立ってしまいます。
せっかくの晴れ舞台だからと、張り切る気持ちはわかりますが、あくまで主役は新郎新婦です。

あと、意外と見落としがちなのが、両親の服装よりも格下の装いにすることです。
特に、洋装で気を付けなければいけません。

父親がモーニングコートを着用するのであれば、兄弟も同じモーニングコートではなく、
ディレクターズスーツなどがいいでしょう。

兄弟の結婚式でのネクタイの選び方とは?

たくさんのネクタイ

結婚式で着用するネクタイで一番無難な色は、白です。

年代が高めの人は、結婚式のネクタイの色は白だと思っている人が多く、
相手側の親族からも批判されることはないでしょう。

若い人からは、定番になっている白のネクタイをするのは・・・と敬遠されることも珍しくないです。

最近の主流となっているのが、シルバーのネクタイです。

格式高い結婚式や披露宴でも、二次会のようなラフなパーティーにも使えるのがシルバーのネクタイです。
キラキラした質感がおめでたい席にぴったりですよね。

 

学生は、制服で出席することが多かったですが、最近はスーツを着て参列することもあります。
10代の若い男の子のネクタイは、白やシルバーではなく、ピンクやブルーがおすすめです。

初々しい感じがでるように、ピンクやブルーでも、淡い色使いのネクタイを選ぶようにしましょう。
質感にもこだわって、カジュアルになりすぎないように工夫が必要です。

また、ネクタイに柄があっても大丈夫です。

例えば、ストライプはビジネスっぽくならずおすすめです。
ストライプは同系色でまとめ、フォーマルなものを選ぶようにしましょう。

ドット柄も、できるだけドットが小さいものを選ぶようにしましょう。
大きなドットはカジュアルな感じが増してしまいます。

間違っても、大きなイラストが描かれているネクタイや、
ヒョウ柄や派手な色のネクタイは選ばないようにしましょうね。

兄弟の結婚式で適切なスーツの色は?

スーツ姿の男性

スポンサーリンク

一番無難なスーツの色は、黒です。
冠婚葬祭といえばブラックスーツですよね。

格式高い結婚式に参列する場合は、タキシードやディレクターズスーツを着用することもあります。

ディレクターズスーツは、昼間の結婚式での準礼装です。
タキシードは、夜の結婚式での準礼装です。

ブラックスーツ以外で参列したいと思う場合におすすめです。

ディレクターズスーツにするのかタキシードにするかは、
出席する結婚式の時間を確認してから決めたほうがいいでしょう。

 

そして、意外に忘れがちなのが、小物類です。
式場で着替える場合は、現地で忘れ物があったら慌てるので、しっかりそろえておきたいものです。

シャツは白いもので、靴下と靴は黒を用意しましょう。
靴は汚れていたら幻滅してしまいます。

磨いてピカピカの物を履いていきましょう。
靴下は無地のものがいいでしょう。

ネクタイピンは、派手なものではなくシンプルな物を選びましょう。

まとめ

結婚式の服装についてお話してきました。
兄弟の晴れの舞台です。

お祝いをしたいと思っている装いで出席したいものですよね。

スポンサーリンク