冬至に食べる食べ物って何?そもそもの風習や地域で違う食べ物も!

季節の行事

「冬至」は12月22日頃で、一年で昼間の時間が一番短く、夜の時間が一番長い日です。

冬至の頃は、寒さが厳しくなる時節ですが、
冬至の次の日から昼間の時間が長くなるのは、春に向かっていると感じられます。

世界の国々の中には、冬至は、太陽が強くなり始める復活の日として、「冬至祭」というお祝いをする国もあります。

冬至といえば、かぼちゃとゆず湯というイメージが浮かびます。
なぜでしょう?

そもそも、どんな風習なのでしょうか?
そこで今回は、「冬至」についてまとめてみました。

冬至によく食べられる食べ物の南瓜やこんにゃく!その理由とは?

無病息災の行事

冬至は、いつ頃からの風習なのでしょうか?

中国では、冬至の日を『一陽来復』といい、お祝いをしました。
『一陽来復』の意味は、悪い気が去り、すべてが上昇に転じるということです。

冬至は、中世のころにこの儀式が伝わってきたのが始まりと言われています。

日本では、冬至は『一陽来復』の日の意味もあるのですが、
『死に一番近い日』とし、厄払し、無病息災を祈る日として今に至っています。

冬至にはかぼちゃを食べますよね。
夏の野菜のかぼちゃですが、栄養価が高いので、作物の取れない冬場の貴重な保存食でした。

冬至には、厳しい冬を乗り切るため、厄払いの願いを込めて貴重なかぼちゃを食べていたのでしょう。

他にもいろいろ、冬至に食べるといいとされる食べ物があります。

これらの食べ物は、『運盛り』(うんもり)といって、
語呂がよく、運が良くなる願いを込めた、縁起のいい食べ物として取り入れられました。

「ん」=冬至に食べる「運」の付く食べ物、七種

南瓜(なんきん(かぼちゃ))・蓮根(れんこん)
人参(にんじん)・銀杏(ぎんなん)・金柑(きんかん)
寒天(かんてん)・饂飩(うどん)

これらの食べ物は、厳しい冬を乗り切るための栄養価の高いものばかりです。

この冬至の七種は、関西方面の風習です。

他には、「とうじ」にちなんで、「と」や「とう」の付く食べ物、
とうふ、とうがらし、どじょうも食べています。

また、小豆の赤い色は厄除けに効果的と考えられ、身体が温まり、健康に過ごせるとされました。
冬至の朝、地域によっては、小豆粥を食べたり、小豆とかぼちゃ煮を食べたりもします。

こんにゃくを食べる地域もあります。
こんにゃくは、胃の中を掃除してくれる食べ物で、「胃のほうき」「腸の砂下ろし」とも言われています。

身近な食べ物なので食べていたということもありますが、
こんにゃくは食物繊維が多いのでデトックス効果があり、煩悩を落とすという意味があります。

全然違う!?冬至の食べ物を地域別に紹介

まんまるの南瓜

京都でも、冬至にはかぼちゃを食べます。
かぼちゃを甘煮にして食べます。

京都で有名なのは、冬至の日に矢田寺でかぼちゃ供養が行われることです。
かぼちゃがお供えされ、このかぼちゃを優しく撫ぜることで、厄除け、諸病退散を願うとされています。

スポンサーリンク

北海道では、お汁粉にかぼちゃを入れて食べます。
栄養価の高いかぼちゃの入ったお汁粉で、厄除けと体の芯から温めるという意味があります。

九州でも、冬至にはかぼちゃを食べます。

沖縄は、トウジージューシーという、冬至の日の特別な炊き込みご飯を食べるところが多いです。
トウジージューシーは、豚肉、人参、かまぼこ、里芋等を加えた炊き込みご飯です。

関東地方の群馬県では、冬至にこんにゃくを食べます。
こんにゃくは、群馬県の名産品です。

また群馬では、こんにゃくやかぼちゃやかまぼこを加えた、冬至うどんを食べる地域もあります。

まとめ

一年で一番夜が長い冬至を、明日からは夜がだんだん短くなる、
春が一歩一歩近づいてくる日というとらえ方は、ポジティブでいいですね!

地方により食べ物もいろいろです。
かぼちゃのお汁粉は試してみたいです。

冬至に食べるとされる食べ物を工夫して食べてみるのも、楽しい冬至の過ごし方かもしれません。

スポンサーリンク