余っても問題なし!ポテトサラダの冷凍&解凍方法を紹介!!

お皿の上のポテトサラダ 料理

ポテトサラダって美味しいですよね。
でも、ついつい多く作りすぎて、どうしていいか困った経験はありませんか?

美味しいからたくさん食べられるだろうと思っていたら、すぐにお腹いっぱいになってしまって
減らなかった、なんてこともありますよね。

でも、実はポテトサラダは冷凍できるんです。

冷凍ポテトサラダにするのは、ちょっとしたコツがあり、ジャガイモはしっかりつぶしておくこと

じゃがいもは、冷凍すると食感がとても悪くなります。
カレーを冷凍するときにじゃがいもをいれないのも、そのためですよね。

ポテトサラダの具材も選ばないといけません。
きゅうりは、冷凍ポテトサラダには不向きです。

今回は、お弁当にぴったりなポテトサラダから、アレンジメニューまでお話していきます。

時短におすすめ!ポテトサラダを冷凍保存すればお弁当のおかずに!?

じゃがいもをつぶしているところ

ポテトサラダを、お弁当カップに入れて冷凍しておいたものを、
解凍せずにそのままお弁当箱にポンといれてしまえば、保冷剤いらずでとっても簡単だよと教えてもらいました。

確かに、スーパーの冷凍食品コーナーには、お弁当カップに入ったお総菜が6個入りなどかで売られており、
解凍いらずとか、お弁当箱にそのままインって書いてあります。

スーパーで売られているものは大丈夫だと思うけど、
家で作ったポテトサラダでも大丈夫なの?と心配になってきました。

実は、冷凍ポテトサラダは電子レンジでチン!して食べるよりも、
自然解凍のほうが美味しく食べられるのです。

電子レンジで解凍してしまうと、水分や風味がぬけてしまい、
パサパサなポテトサラダになってしまうのです。

冷凍したままのポテトサラダを、解凍せずにお弁当にポンといれておけば、
食べるころには自然に解凍されているので、一石二鳥というわけです。

ただ、保冷剤代わりになるかどうかは、少し怖いような気がします。

お弁当に入れるポテトサラダが、お弁当箱をほぼ埋め作るなら保冷剤代わりになるかなとおもいますが、
一口サイズのポテトサラダには、保冷剤としての役割があるかは疑問になりますよね。

保冷材は別に用意したほうがいいでしょう。
そして、お弁当につめるおかずは冷めてからいれるようにしましょう。

注意!!ポテトサラダを冷凍した場合に美味しく食べられる期間とは?

グラタン

冷凍ポテトサラダが美味しく食べられる期間がどのぐらいか、気になりますよね。

スーパーで売られているレトルトタイプのポテトサラダの中には、
一か月間保存できるものもあるのですが、自宅で作ったものは当然それほど長く保存することはできません。

家で冷凍した場合でも、業務用とは違い完全に凍るまで時間がかかります。
冷凍しているからと過信しているのは危険なことだといえます。

ポテトサラダに入れる具材にもよりますが、最大4日で、できれば翌日には食べきりたいですよね。

日持ちを良くするためには、できるだけ水分を減らすことです。
ハムやコーン、チーズなどを具材として選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

また、マヨネーズなどは食べる直前に混ぜ合わせる形にして、
冷凍するときには、お酢やレモンをかけておくとよりおいしく食べることができます。

 

他にも、ポテトサラダのアレンジレシピを知っていると便利ですよ。
いくつか紹介します。

ポテトサラダパン

食パンにポテトサラダを塗って、マヨネーズを上からかけてトーストすると、
ポテトサラダパンとしてボリュームのある朝食にぴったりです。

ポテサラ巻き

豚バラのうすぎりでポテトサラダを巻いて焼いたポテサラ巻きはお弁当のおかずにもなります。

グラタンのベースに

グラタンのベースにポテトサラダを使うと豪華な晩ごはんに変身をします。

最後に

つい多く作りすぎてしまうポテトサラダも、冷凍できたら何かと助かりますよね。
アレンジメニューがあれば、ボリュームがあって美味しいおかずがいつもより簡単に作れますよ。

スポンサーリンク