ティーパックを使ったミルクティーのレシピ。お店の味に近づけるコツとは?

生活・マナー

お店で味わうロイヤルミルクティー。紅茶の深い味わいと濃厚なミルクのハーモニーがたまりませんよね。適度な甘さもあってまったりとしたひとときが過ごせる私の大好きな飲み物です。

どんどん寒くなるこれからの季節、ぽかぽかと体も温まりホッとできる時間を毎日手に入れられたらどんなに最高なことでしょう。でもそんなに毎日お店に通うお金も時間もない!

もっと手軽にあの贅沢な時間を過ごせたら良いと思いませんか?

今日は自宅にあるティーパックと牛乳で美味しいミルクティーをいれるポイントを研究しましたので、特別にあなたにもお教えしちゃいます!

スポンサーリンク

ティーパックでお手軽に!美味しいミルクティーのレシピとは

ティーパックの紅茶を使って美味しいミルクティーを作る方法を調べ始めたら、紅茶メーカーのサイトにもいくつか出ていました。

おどろいたことに結果はバラバラ…。どれが正解、というのはわかりませんでした。

なのでそのいくつかの違っているポイントを絞ってお伝えしますので、あなたのお好みの味を見つけてみてください。でもまずはその前に、基本のレシピを確認してみましょう。

先にお湯で抽出した紅茶に牛乳を加えるのが通常のミルクティーです。

「ちょっと待って、ロイヤルミルクティーっていうのは何?違うの?」安心してください。よく知らなかったのは私も同じです。

ロイヤルミルクティーというのは、紅茶をお湯ではなく牛乳で煮だして作ったもののことを言います。飲み物自体は本家イギリスにもありますが、ロイヤルミルクティーという呼び方は日本独自なんだそうです。

(ちなみに、イギリス王家の人々をロイヤルファミリーと呼んでいるところからロイヤルという言葉が引用されたとのこと。)

お湯で出した紅茶と牛乳をミックスしたミルクティーは紅茶自体の良さが楽しめますし、最初から牛乳で紅茶を煮だしてしまうロイヤルミルクティーは牛乳100%の濃さがとても際立ちますよね。

ミルクティーはお茶菓子とともに、ロイヤルミルクティーはココアのような感覚で寝る前などに、とシチュエーションによって飲みわけたくなります。

ではどんな作り方をすればそんな美味しいミルクティーを作ることが出来るのでしょうか?

ティーパックを使ったミルクティー。お店の味に近づけるコツとは

紅茶メーカーもオススメの作り方をそれぞれがプッシュしているなか、自分にぴったりのミルクティーを作るためのポイントは2つです。

ポイント1、紅茶の出し方

A:牛乳で紅茶を煮だすのはNG。熱湯で紅茶を抽出してから、温かい牛乳を加えましょう。
B:牛乳とティーパックをを一緒にお鍋にかけて煮ましょう。

どうやらロイヤルミルクティーを目指すのか普通のミルクティーを目指すかの違いのような…。

しかし紅茶の茶葉にはミルクティー向きとそうでない茶葉があるという解説もあるので、それぞれのメーカーで推している茶葉によって推奨する作り方が違うのかも?と思いました。

残念ながら私の舌では違いはあまりわかりませんでした。

ポイント2、牛乳とお湯の割合

A:牛乳と紅茶のお湯は半々で。
B:お湯は使わず、牛乳のみで。

これはどっちの配合のほうが絶対に美味しい、とは言いきれず個人のお好みによってくると感じました。

スポンサーリンク

私のようにミルクティーはどんなものでも好きで、シチュエーションによって牛乳の割合を変える、という人もいれば、牛乳が多いのはちょっとというあっさりめがお好きな人も、やっぱり濃厚じゃないと、という人もいますよね。

コレが黄金比だ!というものを発表できないのがちょっと申し訳ないですが、ぜひいろいろ試してみて自分の好みにぴったりな配合を見つけてください。

まとめ

いかがでしたか?最後に濃厚ロイヤルミルクティーを短時間で簡単に作る方法でオススメな方法を。

それは、マグカップに牛乳とティーパックを入れて、電子レンジでチンする方法です。牛乳が温まったら、紅茶をしっかり出すためにすぐにティーパックは取りださずに少しそのままにしておきます。

適度な濃さになったらお砂糖を加えてお召し上がりください。美味しいミルクティーで体のなかからぽかぽかにして冬を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク