案外知られていない!?「早起きは三文の徳」の由来とは?

目覚まし時計に手をやる女性 生活・マナー

「早起きは三文の徳」とういうことわざ。

聞いたことはあるし、なんとな~く、早起きしたらいいよ~ということなんだろうなとはわかりますが、
由来や意味を詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、このことわざの由来や意味について、詳しくわかりやすく紹介していきたいと思います。

「早起きは三文の徳」の由来

早朝の空

 

「早起きは三文の徳」のことわざの由来は、いったいどこからきたのでしょう。
実は、おお元は中国なんです。

中国の農家に伝わる「早起三朝當一工」ということわざが元となっています。
意味は、「三日間早起きすれば、一人前分の仕事になる」ということです。

このことわざが、日本では「早起きは三文の徳」になったと言われています。
中国での「三朝」が、日本で「三文」になったのには、2つの説があるとされています。

2節とも、江戸時代の頃のお話です。

土佐藩説

江戸時代初期。

土佐藩の家来だった「野中兼山」が、洪水対策として堤防を作る工事を行いました。
その時に、河川敷の堤防を町人に歩かせて、土をいち早く固めようと考え、
早朝、堤防を歩いたものに、三文の褒美を与えるとお触れを出した、という説です。

奈良の鹿の説

昔から、「神の使い」として大切にされていた奈良の鹿にまつわる話です。

江戸時代、家の前で鹿が死んでいたら、罰金として三文を支払う掟があったとか。
罰金を払わなくて済むように、町民たちは朝早く起きて、家の前を綺麗にした、という説です。

 

昔のことなのでわかりませんが、そうそう家の前で鹿が死んでいることもないのでは?
と思うので、土佐藩説の方が信憑性がありそうです。

「早起きは三文の徳」の意味

枕と目覚まし時計

 

由来からもわかるように、このことわざは「朝早く起きると、何らかの利益がある」という意味で、
三文の徳の「徳」は、「利益・もうけ」といったことを示しています。

「損得」の「得」という字を用いることもありますが、「徳」をあてはめることが一般的です。

また、「朝起きは三文の徳」といった言い方をされることもあります。

このことわざは、「きょう早起きするとよいことがある」という趣旨ではなく、
実は、常日頃からの「早寝早起き」といった、規則的な生活習慣を勧めるものとされています。

「早起きは三文の徳」の「三文」っていくら?

寛永通宝

 

早起きは三文の徳の「三文」は、昔の蕎麦の値段などで計算してみると、
今でいう100円ぐらいの金額になります。

ですが、このことわざの場合は、金額の三文というより、
「ごくわずかな」という一般用語だと考えられます。

「三文」という言葉は「極めて安いこと」の比喩でもあり、
例えば、安っぽい小説を「三文小説」と言ったり、安物の印鑑は「三文判」と言います。

スポンサーリンク

「早起きは三文の徳」には続きがあった!?

 

早起きは三文の徳という聞いたことのあることわざですが、実は続きがあるとも言われています。

長寝は三百の損

これは、長い間寝ていて、いつまでたっても目を覚まさないのは三百の損失である、という意味です。
早起きするということとは、反対のことを表していますね。

 

夜なべは十文の損

こちらも、朝早く起きて徳をすることに対して、夜遅くまで起きていると倍ほど損をするよ、という意味です。

 

「早起き・三文・徳」の、反対の言葉が並ぶようにしただけでは?ということも言われています。
続きの語源はわかりませんが、どちらにしても早寝早起きを進めるものとなっていますね。

まとめ

電灯のない時代には、早寝早起きは必然的なことだったかもしれません。
自然に逆らわず、自然と共に生きることが人間の本来の姿なのでしょう。

活動できる時間帯が、限りなく広がっている現在の生活。
実は、自然に逆行していると言えなくないですね。

今一度、一日について考えてみませんか?
早起きをしてみる価値は、あるのではないでしょうか。

スポンサーリンク