みんな知ってる!?おせち料理の意味!たけのこの意味や入れる段は?

おせち料理のアップ 料理

お正月と言えば!おせち料理。
大みそかに年越しそばを食べた次の日は、必ずおせち料理を食べますよね。

最近では、スーパーに一つ一つ小分けにして売られているので、
自分の好きなものを買って重箱に詰め合わせたり、インターネットで購入したりと、
簡単に食べられるようになりましたね。

 

おせち料理は、めでたいを重ねるという理由で、重箱に詰められています。
実は昔、重箱は5段重ねだったようです。

段数によって入れる料理が決められており、入れる料理にも意味がきちんとあるのです。

現在は3段重ねが多いようですが、そんなことは知らず、好きなものを一段だけしか用意していませんでした…
意味を知ると、ちゃんと準備しなきゃ!と思いますよね。

では、おせちにはどのような意味があるでしょう?

お正月はなぜおせち!?おせち料理の由来とは!

まっすぐ伸びるたけのこ

 

おせちはそもそも、お正月だけのものではありませんでした。
昔は、季節が変わる節目を「節日」といい、その中でも重要な日を「五節句」と呼んでいました。

今の、ひな祭りや端午の節句、七夕などがそれにあたります。

昔は、五節句にもおせちを食べて、神様にお供えをしていましたが、
江戸時代のころに、庶民にこの行事が広まると、
その中でも一番重要なお正月だけに、おせちを食べるようになりました。

なぜ、三が日におせちを食べるようになったかというと、
かまどの神様を3日間休ませてあげようという理由だそうです。

日本には、沢山の神様がいます。
山の神、海の神など、沢山の神様が見守ってくれていると信じられています。

大晦日までに、保存のきくような食べ物をつくり、3日間神様に休んでもらう。
日本人特有の、目に見えないものにも感謝する気持ちがとてもいいですよね。

 

おせちの具材にも、昔の人は縁起の良いであろう食材を探し、一つ一つ意味を付けています。

例えば、たけのこはとても成長がはやく、天に向かって真っ直ぐに伸びることから、
子供が真っ直ぐに、すくすく成長するようにと願いを込めたおせちの具材となっています。

とても面白いですよね!

おせち料理の意味とは?田作りってそもそもどれ?

田作り

 

おせちを入れるお重ですが、めでたいを重ねるということで、
現在は3段重ねが多いということで紹介いたしましたが、
どこの段に、何の具材を入れるのかも決まっています。

 

まずは、重ねた時に一番上にくる「一の重」には、お祝い事にふさわしい、祝い肴と口取りをいれます。
口取りとは、かまぼこなどの酒の肴になるものです。

この一の重に、お酒のおつまみとしてふさわしい「田作り」があります。
そもそも田作りってなんだ?と思われますが、片口イワシの稚魚を干して、飴炊きにしたものです。

片口イワシを肥料として使ったところ、農作物が豊作になったことから縁起の良い食べ物とされました。

 

次に「二の重」には、海の幸の焼き物を入れます。
縁起の良い海の幸といえば、鯛ですよね!

 

最後の「三の重」には山の幸の煮物を入れます。
先ほど紹介した、たけのこがこちらに入ります。

 

では、ほかにどんなおせち料理があるのか紹介したいと思います。

徹底紹介!!おせち料理の意味まとめ一覧!

三段重のおせち料理

 

一の重

数の子:ニシンの子で、卵の数が多いので子孫繁栄。

スポンサーリンク

田作り:片口イワシを肥料にしたところ、農作物が豊作だったので五穀豊穣。

黒豆:「まめに働く」という語呂合わせ。健康的に過ごせるように。

紅白かまぼこ:紅白がお祝いにふさわしい。

昆布巻き:こぶ=よろこぶ 語呂合わせで縁起がいい。

伊達巻:巻物に似ているため。昔は、大事な文書は巻物にしていたため。

 

二の重

ぶり:出世魚なので、出世を願って。

:めでたい!という語呂合わせや、赤い色がお祝いにふさわしい。

エビ:長生きになるように。

 

三の重

里芋:子芋がたくさんつくから、子孫繁栄。

くわい:芽が大きく出てくるのでめでたい。

ごぼう:根を深く張る=強く受け継ぐ。

たけのこ:子供がすくすくと育つように。

お雑煮にも意味がある!?

おせち料理とお雑煮

 

お正月は、おせちと一緒にお雑煮を必ず食べていると思いますが、こちらもきちんとした理由があります。

その年の初めに、迎え入れた歳神様と一緒に食事をするという意味があります。
お雑煮で一緒にお祝いしようということでしょう。

お雑煮は、汁物の中にお餅が入っているもの。
地域で、汁の味や具材などが異なりますよね。

地方に住む友人と、お雑煮の話をしてみると面白いですよ!

最後に

おせち料理のそれぞれの意味について紹介しました。
年の初めに縁起のいいものを食べて、一年がいい年になるように願いましょう!

スポンサーリンク