お月見の由来を聞かれても大丈夫!?子どもにもわかる優しい解説方法!

ススキとお供えのお団子とバックの月 季節の行事

お月見の時のお月さまって、すごくきれいですよね。
まん丸お月さまは、子供がとても喜びます。

しかし、不意にお子さんから「お月見ってなぁに?」
「どうして、お団子やすすきを飾るの」と聞かれたら、答えられますか?

ネットなどで調べたとしても、難しい言葉が並んでいて、小さい子どもにはよく理解ができないですよね。
そんな時に、簡単な言葉で答えられるようにしておくための知識を紹介します。

お月見の由来を簡単に教える要点まとめ

キラキラしたススキとお月様

 

子どもって、不意に大人が答えるのに難しい質問をしてきたりしますよね。

ちゃんと答えてあげたいけど、難しい言葉は使えないし、
簡単な言葉ではどうも説明しにくいな…ということがあります。

そこで、子ども向けのお月見に関する説明の仕方を考えました。

お月見の由来

まずお月見とは、満月が1年で一番きれいに見える日のことを指し、
十五夜とは、15日かけてお月さまが満月になることを表します。

そして、昔の人は、秋にたくさんの農作物が取れることを、月に感謝をしたそうです。

次に、なぜお団子を供えるのかです。
それは、お団子の丸とお月さまの丸を掛けているからです。

そのお団子をお供えすることで、収穫への感謝が込められていたそうです。
また丸い形は縁起がいいとされていたので、健康や幸せを得られると信じられていました。

最後に、なぜススキを飾るのかです。
ススキは、稲穂に似ているためです。

お祝いの際、本当は稲穂をお供えしたかったのですが、
お月見の時期にはまだ稲穂がなかったので、ススキで代用したそうです。

こちらも、収穫を感謝するためにお供えされたそうです。
また、ススキは魔除けの意味もあり、ススキを飾った1年は病気にならないと信じられていました。

子ども向けのお月見の由来の説明

先ほどのお月見の由来を、子ども向けに説明すると、

お月さまは15日かけてまん丸になるんだけど、
そのまん丸のお月さまが1年で1番きれいに見えるのが、お月見の日だよ。そして、秋にはたくさんの食べ物が採れるから、それをお月様にありがとうとお礼するんだよ。お月見にお団子を食べるのは、お月様と同じまん丸のお団子で、
お月様にありがとうの気持ちを表しているんだよ。

ススキは、お米に似ているよね?
だから、ススキを飾って、たくさんお米がとれますようにってお願いしたんだよ。

 

このように、簡単な言葉を使って、わかりやすく説明してあげてくださいね。

こんなものもある!!お月見の由来をわかりやすくまとめた絵本紹介

たぬきと月

 

それでも、お子さんにうまくお月見の説明ができない…なんていう人には、
お月見に関する絵本で説明するのはどうでしょうか?

お月見の由来をわかりやすくまとめた絵本を、いくつか紹介します。

お月見の由来がわかるおすすめ絵本

まず一つめに紹介するのが、「たねきのおつきみ」というお話です。

十五夜の夜に、タヌキたちが人間の収穫物を盗んで、お月見を楽しむというお話です。
お月見は収穫をみんなで楽しむもの、というお月見の由来であるポイントもしっかりととらえています。

スポンサーリンク

 

次に紹介しますのは、「14ひきのおつきみ」です。

このお話は、14匹のねずみたちが、みんなで力を合わせてお月見の準備をしていくお話です。
14匹のねずみシリーズは他にも種類があり、みんなで協力して助け合う姿が描かれています。

 

最後に紹介しますのが、「おつきみっておいしいね」です。

こちらは、しかけ絵本になっているので、お子さんの気をひくこと間違いなしです。
謎解きをしながら、1ページずつお月様が変わっていく姿を楽しむことができます。

 

他にも、お月見を題材にした絵本はたくさんあります。
お子さんの月齢に合わせて選んでみてください。

最後に

お月見の由来は、大人でも知らない方が多かったのではないでしょうか?

親がネットで調べた知識を小さい子供にそのまま教えるのではなく、簡単な言葉で、
時にはお団子を一緒に作りながらなんてしながら、お話してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク