しつこいコバエ対策!部屋の中で簡単にできるおすすめの方法とは!?

一匹のハエ 虫・草花

じめじめと暑い夏がやってきました。

この時期になると色んな虫が出てきますが、その中でもプーンとどっからともなく飛んでくるコバエ達。
一体どこから飛んでくるのでしょうか?

ハエなので衛生面も心配ですし、駆除しても駆除しても次々と飛んできてキリがないですよね。
そんな厄介なコバエの対策や、駆除方法などをご紹介します!

コバエとは?~まずは敵を知るべし~

止まっているハエ

 

種類は何種類かいますが、コバエという名前ではなく、約2〜3ミリほどの小さいハエの事です。
とても小さいため、少しの隙間からも入ってきてしまいます。

卵から10日ほどで成虫になるので、家の中で卵を産むとあっという間に大量に発生してしまうんです。

特に、生ゴミや排水口に産卵する事が多く、卵は1ミリ以下ととても小さいため、
産卵していても気づくことはないと思います。

しかも大量に産卵するので、大量にコバエが発生してしまうんです。

コバエ対策の定番!めんつゆを使ったトラップの作り方

汚いところに発生したコバエ

 

さて、コバエが発生してしまったらどう駆除すればいいのでしょうか。

コバエ駆除のスプレーなどが売っていますが、家の中だと子供がいたり、ペットがいたり、
食品を扱う台所では駆除スプレーは使いたくないという方が多いのではないでしょうか?

そんな方にピッタリ!
めんつゆを使って、自宅で簡単にコバエ駆除のトラップが作れるんです!

めんつゆトラップの作り方

  • 深みのある容器に2〜3センチ水を入れる。
  • 水に対して1/3程のめんつゆを入れる。
  • 表面に薄っすらと膜が張るくらいの食器用洗剤を数滴垂らす。

 

なぜこの方法でコバエが駆除できるのかというと、めんつゆの香り(アルコールと醤油)がコバエを呼び寄せ、
洗剤でコバエをキャッチするというシステムになっています。

このトラップを作り、台所の排水口や生ゴミの近くなどの、コバエが気になるところへ置いてください。
すると、驚くほどコバエがキャッチされていますよ!

容器はペットボトルや牛乳パックの底を切って使うと、そのまま捨てれるので便利です。

発生させない!コバエ対策として台所で気を付けること

泡で掃除しているキッチンの排水口

 

コバエが一番発生してほしくない場所は、断然台所ですね。
コバエ駆除の方法は先程説明しましたが、まずはコバエがこないように対策をしましょう!

日頃のコバエ対策

●生ゴミが出るたびにこまめに捨てる!

生ゴミが腐ると悪臭の原因となり、そこにコバエが産卵します。
生ゴミを捨てた袋は必ず密閉しましょう!

生ゴミコーナーは塩素系漂白剤で除菌する!

生ゴミコーナーは雑菌だらけ。頻繁に塩素系漂白剤で除菌しましょう。

排水口の掃除。(パイプマン等)

排水口は、直ぐにヌメリ汚れや悪臭が発生します。
夏場は特にこまめに掃除しましょう。

流し台も都度洗う。

食べかすがついたりしています。
食器を洗うついでに毎回洗いましょう。

スポンサーリンク

食べ物をそのまま置いておかない。

残ったおかずや飲み物はそのままにしない!
直ぐにラップ等をして冷蔵庫へ!

 

大切なことは清潔にし、産卵する環境を作らないことです!
上記の事を行なっていれば、コバエの産卵を防ぐ事ができます。

ハッカ油で虫除け!?

スプレーボトルを持つ手

 

しかし家の中をいくら綺麗にしても、そとからの侵入は防げません…

そんな時におススメしたいのが、便利なハッカ油スプレー

ハッカ油スプレーの作り方

 

★準備するもの
スプレーボトル・水100cc・エタノール10cc・ハッカ油30滴

スプレーボトルに、エタノールとハッカ油を入れて混ぜた後、水を入れます。
これで、ハッカ油スプレーの完成です。

 

ハッカ油スプレーを網戸にスプレーすると、コバエだけでなく色々な虫除けになります!
エタノールがない場合は、パストリーゼ等の除菌スプレーでも大丈夫です。

ハッカ油とエタノールは薬局で購入できますよ。
また、重曹にハッカ油を数滴混ぜ合わせたものを瓶にいれて置いておくと、コバエ対策にもなります。

まとめ

一番清潔にしておきたい台所が、一番コバエが出現しやすい事がわかりましたね。

突然のお友達や来客があったときに、コバエが居るとなんだか恥ずかしいですよね…
事前に対策し、それでも発生したら駆除してくださいね。

家族みんなが気持ちよく過ごせるよう、コバエ対策として是非試してみてください!

スポンサーリンク