エアコン掃除は自分でできる?エアコン洗浄スプレーの効果

掃除・片付け

あなたはエアコンの掃除はしていますか?エアコンは、冷房に暖房、梅雨の時期は除湿と大活躍の家電。
これだけ活躍すれば、エアコンの中はかなり汚れているでしょう。

使っているとイヤ~な臭いはしてきませんか?カビも気になるところです。

洗浄スプレーを購入する前に知っておきたい、洗浄スプレーの種類や掃除の方法、おすすめの洗浄スプレーをご紹介します。ぜひ、ご参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

エアコンの洗浄スプレーはどこまで掃除ができるのか

エアコンの掃除をしようと思ったら、まず洗浄スプレーを買いますよね。洗浄スプレーにはどのような種類があって、どのような効果があるのか見ていきましょう。

選ぶポイント

ポイントは2つ。

・香りで選ぶ
・使える箇所を確認する

カビの臭いでわかるように、エアコンから排出された空気は部屋の中を循環します。

ということは、掃除のあと、使った洗浄スプレーの香りがそのまま部屋の中を循環することになります。さまざまな香りのものが売られていますが、香りが苦手な人は無香料を選ぶようにしましょう。

また、洗浄スプレーは1本で全ての箇所を掃除できるわけではありません。使える箇所を確認してから購入しましょう。

洗浄スプレーが使える箇所

フィルター

簡単に掃除をするといったら、フィルターではないでしょうか。水洗いや、掃除機をかけたりする人が多いですよね。

フィルター用の洗浄スプレーを使えば、フィルターの目の奥まで付いたホコリや汚れをこする必要なく掃除できます。

ファン

部屋の空気を吸い込んだり、冷却された空気を送り出す役目をしています。カビが発生しやすい場所ですので、念入りに掃除したいところですよね。

ファン用の洗浄スプレーは、ほかのものに比べると値段が少し高いです。

フィン

フィルターの奥にあり、部屋の空気を吸い込んだあと、ここで温度調節をします。販売されているおよそ8割が、フィン用の洗浄スプレーです。

どのような効果があるのか

洗浄スプレーを使えば、簡単に内部の汚れまで落とすことができます。防カビ効果の洗浄スプレーもありますので、カビの繁殖を抑えることもできます。

また、消臭効果のあるものも販売されています。掃除をすることで、溜まったホコリが取り除かれ、エアコンの効きが良くなります。

デメリット

エアコンの内部を掃除するフィンやファンの洗浄スプレーを使って、吹きかけてはいけない部分まで吹きかけてしまうと、それが原因で火災になる恐れがあります。フィンやファンを掃除するときは、注意が必要です。

掃除方法

こちらの動画は掃除の方法がわかりやすいのでぜひご覧になってみてください。

▼【エアコン掃除】汚水にビックリ!プロ並みの掃除が自分でできる!?▼

市販のエアコン洗浄スプレーおすすめ5選

たくさん種類があると、どの洗浄スプレーを購入したらいいのか困ってしまいますよね。

ここでは、おすすめの洗浄スプレーを5つご紹介します。使用するときは、各商品の使用方法や使用上の注意をよく読んでから、使用してくださいね。

エアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香料

「エアコン洗浄スプレー 防カビプラス 無香料」

フィン用の洗浄スプレー。緑茶ポリフェノール、除菌剤を配合しているので、いやな臭いを消臭し、カビの発生を防いでくれます。

くうきれい エアコン ファン洗浄剤

「くうきれい エアコン ファン洗浄剤」

ファン用の洗浄スプレー。洗浄液がファンに保持されやすく、カビやダニを一掃してくれます。

スポンサーリンク

ケミコート 水から生まれたエアコン内部クリーナーシュ!シュ!

「ケミコート 水から生まれたエアコン内部クリーナーシュ!シュ!」

フィン用の洗浄スプレー。有害物質を含んでいないので安心して使えます。除菌するので、いやな臭いを取り除いてくれます。

アミライト フィルター洗浄スプレー

「アミライト フィルター洗浄スプレー」

フィルター用の洗浄スプレー。泡で汚れを浮かし、ブラシなしで汚れ、花粉、カビが落とせます。

カビッシュトレール

「カビッシュトレール エアコンファン洗浄剤」

ファン用の洗浄スプレー。ファンの動きがスムーズになって風力がアップします。

まとめ

市販の洗浄スプレーでもきれいにはなりますが、これは簡易的な掃除になりますので、2年に1回ほどはプロの業者に掃除を依頼したほうがいいでしょう。

エアコンに溜まった汚れやカビは病気の原因にもなります。定期的に掃除をして、気持ちよくエアコンを利用したいですね。

 

スポンサーリンク