節句のお祝いっていつやるの?正しい時期やお祝いの仕方を解説!!

青空とこいのぼり 季節の行事

日本の五節句というのをご存知ですか?

節句」とは、季節の変わり目に、無病息災、健康長寿、子孫繁栄、豊作などを神様に祈る行事です。

1月7日→七草の節句

3月3日→桃の節句(雛祭り)

5月5日→端午の節句(子供の日)

7月7日→七夕の節句

9月9日→重陽の節句

これらを五節句といいます。

「節句」とは、神様にお供えする食べ物ということです。

私も、子供が生まれる前はそんなに気にしていませんでした。
でも、子供の頃お祝いしてもらった記憶は残っています。

節句のお祝いの仕方や時期は結構複雑ですが、ひとつひとつ丁寧に進めていけば大丈夫です。
何をすればいいの?と、せっかくの記念だし子供の成長をしっかりお祝いしてあげたい!というかた必見です。

節句のお祝いには縁起物を!特に決まった食事はナシ?

ちらし寿司

 

それぞれの節句によって、縁起物や食事は異なります。
その節句に合った縁起物を神様にお供えするといいでしょう。

例えば、5月の端午の節句の時に良いとされている縁起物といえば、カツオ、鯛、タケノコ等です。
3月の桃の節句の縁起物は、菖蒲の花、ハマグリ、ひし餅、ひなあられ、白酒、ちらし寿司などです。

これらの縁起物を神様にお供えしたり、食事したりするのがいいとされていますが、
初節句の赤ちゃんには食べれない食材もありますよね。

私の息子が赤ちゃんの頃は離乳食の時期だったので、お皿の上におかゆで鯉のぼりをイメージして
その上からペースト状にしたほうれん草、人参、お芋を色付けで使って鯉のぼり風の離乳食を作りました。

また、娘が初節句の時も離乳食の時期だったので、お皿の上のおかゆでお雛様をイメージして
色んな食材で色付けしてお雛様風に見立てて作りました。

このように、特に決まった食事は気にせず、その時に食べたい物を楽しく食べられたらいいのです。
その中で、ちゃんと縁起物は神様にお供えして、周りの大人が食べるといいでしょう。

縁起物だけでなく、唐揚げやハンバーグ等、子供の好きな物を用意してあげると子供も大喜びです。

マナーも大事!節句のお祝いでの適切な服装は?

両親に抱かれる着物を着た赤ちゃん

 

子供の節句のお祝いの仕方は、地域や家庭によっても様々です。

家族だけでお祝いする家庭もありますし、両家の家族、親せき、友人を招いて、
盛大に食事会をする家庭もあります。

地域によっては、ご近所さんや町内会の会長さんを招く所もあるのです。

子供の大事な節句なので、マナーもきちんとしなければなりません。
しっかりとしたフォールな服装にしましょう。

男性はスーツ、女性は初節句の場合まだ赤ちゃんなので、母乳で育てているかたは
授乳がしやすいフォーマルな服装にしましょう。

ボタン付きのワンピースや、授乳する人用のフォーマル服も売っていますので見てみて下さい。

男性は、仕事に行く時に着るスーツと同じで問題ありません。

もし、スーツを持っていなくて礼服しかないという男性は、礼服だと暗い印象になるので、
シャツとスラックスを組み合わせるといいです。

スポンサーリンク

子供の成長を願う大事な節句

海辺で手をつなぐ家族

 

子供の成長は、親にとって本当に喜ばしいことです。
その節目でしっかりお祝いをすることは、とても大事なことですよね。

子供も、その日はなんだか特別感があって、ワクワクしています。

私の子供達も、お誕生日じゃない日にお祝いしてもらえるなんて!という感じで
毎年とても楽しみにしています。

そして何より、普段両家のおじいちゃんおばあちゃんが一気に集まる機会が少なくても、
子供の節句で集まって一緒にお祝いできるのもとてもいいことですよね。

子供もすごく喜びます。

私もそうですが、子供の記憶にはお祝いしてもらったという楽しい記憶は残るのです。
家族みんなで子供の成長をお祝いして、楽しい節句を過ごしましょう。

スポンサーリンク