引っ越しの挨拶で相手が困らない品物とは?人気ランキング5選!!

引っ越しをしているところ 生活・マナー

引越しをして、新しい新居で暮らせるって、とてもワクワクしますよね!
初めて一人暮らしを始める人は、なおさら心躍っていると思います!

新居の近くには、どんなお店があるだろう…
友達とどこに遊びに出かけよう…
お隣さんはいい人かな…

気になることがたくさんありますね。
期待と不安を抱きながら、引越しの荷物も片づけないといけないし、最初はとても大変ですよね。

 

そんな忙しい中でも、忘れてはいけないことがありますよ。
それは、近隣へのご挨拶です。

引越しをしてきた本人も、周りの人がどんな人なのか気になるように、
今まで住んでいる人たちも、新しく引っ越してきた人がどんな人なのか気にしていると思います。

やはり、最初の印象は良いほうがいいですよね!
そのためには、ご挨拶は必須です。

では、どんなものを手土産にしたら喜ばれるのかをまとめてみました。

いくらぐらい?引っ越しの挨拶で渡す粗品の金額相場

電卓と小銭

 

近隣の方へのギフトの価格は、500円から1500円が相場です。
大家さんや管理人さんには、これからお世話になりますので、2000円程度の品物が良いでしょう。

どちらにしても、受け取った相手が気を使わない程度の品物がベターです。

 

昔はよく「引越しそば」と言って、近隣の皆様にお蕎麦をふるまっていました。

そばの特徴である「細く、長く、切れない」付き合いをしていきましょう、
というメッセージでもありました。

大みそかに食べるそばと同じような理由ですね。
もちろん、お蕎麦でもいいとは思いますが、現代ではあまり望ましくありません。

近隣関係は、昔よりもソフトになってきました。
そのため、誰もが使えて、もらって邪魔にならないものがいいと思います。

近隣の皆様はまだ初対面。
お皿やコップなどの残るものではなく、消耗品としてなくなる商品がオススメです。

 

引越し挨拶ギフト 人気5選!!

1位 洗剤&スポンジ

洗剤は誰もが必ず使うもの!
スポンジもちょうどなかった!と感謝されるかも!

2位 テッシュペーパー

花粉の時期には最高かも。
少し柔らかくて高級な商品にすると、なお喜ばれそう!

3位 トイレットペーパー

トイレに行かない人なんていませんよね。
ギフト用のかわいいラッピングをすると、安っぽく見えなくていいですよ!

4位 ラップ

一人暮らしの男性でもたまには使うはずです!
残り物の保存には必須ですよね。

5位 お菓子

お子様がいそうなお家には、お菓子が喜ばれますね。
ご挨拶の際、留守の場合もありますので、日持ちするものを購入するといいと思います!

 

引越しの挨拶で渡す品物にはのしをつけるのがマナー

ご挨拶と書いた品物を渡す人

 

引越しの挨拶ギフトにも「のし」は必ず必要です。
この場合の「のし」の種類は、どれが正しいのか確認してみましょう。

まずは、水引の種類です。
紅白の蝶結びを使用します。

スポンサーリンク

蝶結びは、何度も結びなおすことができるため、繰り返してもよいお祝い事に使用します。
引越しは、何度でも行ってよいので蝶結びになります。

 

また、表書きには「御挨拶」の文字を入れます。
水引の下には名字を入れましょう。

名前を書くことに抵抗があるかもしれませんが、少しでも心を開くことで、
ご近所付き合いが良好になるかもしれませんよ!

 

のしは「内のし」と「外のし」がありますが、御挨拶の場合「外のし」が一般的です。

「内のし」は品物にのし紙をつけて、その上から包装をします。
「外のし」は品物を包装してから、その上にのし紙をつけます。

外のしはすぐに名前が見えますし、もし留守の時、ギフトをポストに入れる場合もあります。

その場合、内のしにしてしまうと、何の荷物かわからずに捨てられてしまう可能性もあります。
せっかく準備したのに残念過ぎますよね・・・。

そのようなことにならないように、気を付けましょう。

最後に

引っ越しの挨拶の品物や、のしについて紹介しました。
これから楽しい生活が送れるように、ご近所挨拶はしっかりと行いましょう!

スポンサーリンク