意外!お墓参りに適切な花とは!?種類から片付け方まで徹底解説!!

お墓にお供えしているお花 生活・マナー

お墓参りのマナーって、あまり人に聞くことができませんよね。
お墓参りに持っていくもので、特に気を遣うのがお供えするお花ではないでしょうか。

お花屋さんにいって、どのお花でつくればいいですか?ときかれても、
サッと答えられないし、迷ってしまいます。

そもそも、お墓参りでお花をお供えするのはなぜなのでしょうか。
それにはいろいろな説があります。

お墓参りと言えば樒を!という方もおられると思いますが、樒は毒性が強いので動物が近づかないのです。

昔は土葬をしていたので、動物に荒らされないように、
樒(しきみ)をお供えしていたのが始まりだと言われています。

そのほかの説としては、お釈迦様説。

お釈迦様が修行中に仏様にあったのですが、仏様に何もお供えすることができなくて困っていました。
するとそこにお花があり、そのお花を仏様にお供えしたことが始まりだ、とも言われています。

どちらにしても、お花をお供えすることで故人を偲び、
お参りに来た人の心が安らかになることにはかわりはありません。

また、切り花を持ってというのにも意味があり、切り花はすぐに枯れてしまうことから、
命ははかないものだと認識し、命を大切にする気持ちを育てられると言われています。

いくらぐらい?お墓参りの花の値段

新聞紙で巻いたお花

お墓参りに持って行く花の値段に特に決まりはありませんが、
お花屋さんにセットで売っているものはだいたい1000円前後ですし、
ホームセンターで売っているものは500円から800円前後です。

お墓には左右に花立てがあります。
同じ種類のものをを2つ用意することを忘れないようにしましょう。

次に、どのお花にしようかと悩みますが、一般的に決まりはないのです。
故人が好きだった花や切り花で、長持ちするお花を選ぶといいですよね。

例えば、菊は花びらが飛び散らないですし、キンギョソウやりんどう、アイリスやキンセンカ、
スケイトウやケイトウなども人気があります。

自宅でお花を育てている場合は、家で育てたお花を持っていくのもアリなのです。
家に帰ってきた気がすると、喜んでもらえるような気がしまよね。

お花を買うのは前日がいいでしょう。
当日はバタバタしていて忘れてしまうこともあります。

お花屋さんではしっかり水切りをしてくれていると思いますが、
もしされていない場合は、水の中で茎を斜めに切っておきましょう。

持っていく時には、新聞紙にくるんでもっていきます。
霊園や地域によって、お供えのルールが違っている場合があります。

例えば、生花ではなく造花がいいとされている地域や霊園もあります。
ですので、事前に訪ねておくことが必要です。

何が正解?お墓参りの花の片付け方とは?

お墓参り用の水

無事にお墓参りも終わり、持ってきたお花をどうしたらいいのか迷いますよね。
ほとんどの方は、お花をお供えしてのそのままで帰ることが多いのではないでしょうか。

その場合は、できるだけお花が長持ちするように、葉を水で濡らさないようにしておくことが大事です。
ただ、それでも時がたてば枯れたり腐ってきたりします。

スポンサーリンク

そうすると花が飛んでしまい、他のお墓に迷惑をかけたり虫がわいたりします。
ですので、できれば数日後に自分で回収をするか、霊園に回収をお願いしたほうがいいと思います。

霊園での回収は、行っているところと行わないところがあるので、事前に確認をしておくことが大事です。
お供え物について、ルールを決めているところも最近は多くなってきています。

あとでトラブルにならないように、お参りが終わったらお花を持って帰ることをおすすめします。

また、持って帰ったお花を自宅の仏壇に供えることはタブーとされています。
持ち帰ったお花は、玄関やリビングに飾りましょう。

最後に

お墓参りのお花についてお話してきました。

宗派や地域によってお花が決まっていると思ったらそうではなく、
季節のお花や自宅で育てているお花でもいいと知りびっくりされた方もいらっしゃるかもしれません。

家族でお浜詣りに行って、いろいろなお話をするのが一番の供養かもしれませんね。

スポンサーリンク