動き出しはお早めに!!結婚式二次会の準備はいつからがベスト?

生活・マナー

20代半ばに差し掛かると、周りの友達や職場関係の人の結婚式に呼ばれる機会も増え、
特に仲のいい友達の結婚式では、二次会の幹事を頼まれるかもしれません。

でも、初めてだと、二次会の準備っていったい何をすればいいのかわからないですよね。
そもそも二次会に参加した事がないと、二次会事態がどんなものかもわからないかもしれません。

そこで、幹事を頼まれた事が初めての人でも、経験者でも、失敗しない結婚式二次会の準備について解説します!

超多忙!?結婚式二次会準備の大まかなスケジュールを解説!

たくさんのハートのバルーン

結婚式の二次会の幹事を頼まれたけれど…期間が思ったよりも短い!なんて事も。

20代半ばになると社会人の方が多いと思います。
ましてや、結婚式の準備は忙しいもの。

二次会を頼まれてから本番まで、ほんとにアッというまに過ぎて行きます。
なので、スムーズに事を進められる為にも、スケジュールを把握しておく事が大切です。

ここでは二次会を頼まれてから、本番までの流れを説明していきます。

 

【幹事の役割】

受付・司会・進行・会費の管理・会場探し・ゲストの招待・プログラム作成・備品調達など

 

3か月前までに!

●幹事、新郎新婦で打ち合わせ。

どんな二次会を望んでいるか。
(どんなテーマか、招待者リスト、予算、やりたい内容など)

●幹事の役割分担を決める。

●会場探しをする。

下見して要望と合うかどうかの検討。
料金、料理プラン、マイクや音響、プロジェクター等の確認。

●会場を抑える。

(オンシーズンなら予約で埋まっている事も多いので、なるべく早く抑えましょう!
早いところだと1年前から予約している人も!)

2か月前までに!

●招待状を作成し送る。

●内容や演出、衣装、BGMの決定など。

●プログラムの作成。

●予算を出す。

 

1か月前!

●招待者の最終確認。

●備品や装飾品の仕入れ。

(購入リストを作成し、幹事達で共有するといいでしょう。)

●新郎新婦・幹事の全員で最終確認。

 

幹事のリーダーを決めておくといいと思います。

約3か月前から当日まで、何かとトラブルも発生するかもしれませんので、
早めに準備を行い、余裕をもてるようにしておきましょう。

そして、幹事同士での報連相が大切になってくるので、しっかりと連絡を取り合いましょうね!
LINEのノートが便利でおススメです!

これをしないと始まらない!!結婚式二次会で準備するものリストアップ

ビンゴゲーム

●ウエルカムボード

●招待客の名簿表

●筆記用具(メモ、ペン、マジックやゲームで使用する物など)

●会費の収納箱(蓋つきのもの)

●会費のおつり(多めに用意しましょう)

●電卓(ケータイ機能にもありますが、電卓が断然便利です)

●飾りつけ(ないと殺風景なので、テーマにあった飾りつけを用意しましょう)

●ゲームの景品

スポンサーリンク

誰が当たっても喜ぶような景品を用意しましょう。
また、前もって会場に持ち込めるかの確認もしましょう。

●ノートパソコン

BGMやプロジェクターに流すデーターを管理できる。
会場で使用できるか確認しましょう。

会場でPCが使用できない場合は、CDRにデータを移しましょう。
(PCでしか再生できないのはダメです)

●引き出物やお礼状

●サプライズアイテム

ビデオメッセージや手紙などを用意します。
幹事が事前に新郎新婦の両親や友達にお願いして作成します。

このようなサプライズはウケますよ。

●インカム

これはあるとかなり便利なものです。
当日の幹事同士で使用することで、スムーズにプログラムの進行や連携が取れます。

 

せっかく準備をしてきたのに、「あれが足りなかった!」とならないためにも、
チェックリストを作って管理し、忘れ物がないようにしておきましょう!

最後に

いかがでしたか?
幹事を任されたといっても、焦る事なく行動すれば大丈夫です。

新郎新婦にとって一生に一度の大切な日。
その大切な日を幹事達がサポートし、ゲストのみなさんと共に盛り上げて、心に残る二次会にしてくださいね!

スポンサーリンク