お通夜の香典袋の入れ方!大人なら必ず知っておきたい香典のマナー

生活・マナー

お通夜や葬儀に参列するときに持参する「香典」。めったに使わないものだからこそ、香典袋の書き方だけでなく袋の扱い方自体にわからないことって多いですよね。

水引の方向や袋の折り方など、香典袋について知っておきたいことをまとめました。

スポンサーリンク

お通夜の香典、折り方は上が後!悲しみでおじぎすると覚えれば簡単

香典袋は市販されているものを使うのが一般的かと思いますが、いざ使うときには水引を外して、中にお金を入れて…「あれ?どっちが上だっけ?」となりがちですね。香典袋のたたみ方や水引について解説します。

香典袋のたたみ方って?

香典袋のたたみ方は、上から下へかぶせる(上の折り返しが手前になる)ように折ります。“お悔やみの気持ちで敬礼する”“悲しみでおじぎする”と覚えましょう。

反対に、結婚式などのご祝儀では“幸せをこぼさないように”下をかぶせます。慶事と弔事ではたたみ方が逆になることを覚えておくと便利ですよ。

水引はどうするの?

慣れていないと、水引も一度はずすと苦戦しますよね。水引は、「御霊前」などの表書きが水引の中にくるようにセットし、色が濃いほうが右側になります。

香典に包む額が一万円以下の場合は、水引が印刷されたタイプの香典袋を使えば水引の方向に悩まなくて便利ですよ。

香典の水引は“繰り返すことがないよう”に、結んだらほどけない「結び切り」のものを使い、色は黒白が一般的です。双銀の水引は香典が高額の場合に使用します。黄色と白の水引は四十九日以降の法事で使用するので、お通夜や葬儀では使えません。

お通夜で渡す香典の中袋には何を書く?難しい金額の書き方一覧も!

香典袋は、「御霊前」などの表書きを書いた袋の中にお金を包む中袋がついています。マナーとして、直接お金を香典袋に包まないためのものです。この中袋にも書かないといけないことがあるって知っていますか?

香典の中袋には何を書く?

香典の中袋には、自分の住所と氏名、香典の金額を書きます。基本的には、中袋の表に金額を、裏側に住所と氏名を書きます。裏側に金額も住所氏名もまとめて書いても問題ありません。

香典の中袋の金額の書き方は?

金額は中袋の封筒の真ん中に縦書きで書きます。数字は旧字で書くのが常識とされていますが、最近は通常の漢数字やアラビア数字でも問題ないとされています。

旧字で書く場合は、「壱、弐、参、四、伍、六、七、八、九、拾」となります。四と六~九までは普通の漢数字と同じです。「千」の場合は千か仟を使い、「万」の場合は万か萬を使います。

香典の金額が一万円の場合は「金壱万円」、五千円の場合は「金伍千円」となります。

中袋も毛筆?

香典の表書きには毛筆か筆ペンを使用するのが常識です。中袋の場合は、読みやすさを優先してサインペンなどで記入しても問題ありません。ボールペンは略式にあたり、失礼ととらえられる可能性があるので控えたほうがいいかもしれません。

中袋の表に金額を書く場合は金額のみ筆ペンで、裏側の住所や氏名のみサインペンで書くのが無難です。

スポンサーリンク

香典に入れるお札の扱い方は?

香典に包むお札は新札ではなく、使用感のあるお札を使います。新札だと「前から用意していた」ととらえられ、失礼にあたります。新札しかない場合は、折り目をつけて使用感を出しましょう。

香典袋に入れるときのお札の向きは、中袋に対して裏向きになるように入れるのが一般的です。お札が複数の場合は、裏向きにしたうえで方向は揃えます。お札の裏と表の見分け方は、肖像画があるほうが表になります。

まとめ

香典袋は表書きだけでなく、袋自体にも扱い方のマナーがいろいろあって難しいですよね。いざというときに困らないように、香典袋をたたむときは「悲しみでおじぎする」、金額は旧字体で書くことだけはしっかりと覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク