雨の日の頭痛の原因は?体のメカニズムを知って対策をしよう!

美容

天気がいいと気分も晴れやかになるのと同じように、雨の日って何だかどんより憂鬱な気分になりませんか?さらには、気分だけでなく何だか体調がすぐれない、特に頭痛に悩まされる…そんなことはありませんか?

そうなんです。最近、雨の日に頭痛を訴える人が増えているのです。

困りますよね。お天気が悪い日が続いたりすると本当にツライです。症状の重い人になると、仕事や家事を中断しないといけないなど、日常生活に支障をきたしてしまうことも。

原因がわからないでいると不安になりますよね。そこで今回は、雨の日に頭痛になる原因と、その症状をラクにできる方法をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

雨の日の独特の頭痛はそもそもなぜ起きるのか?

これ、気になりますよね。なぜ雨の日に頭が痛くなるのでしょうか?

雨の日の頭痛は気圧の変化が原因だった

雨の日に頭痛が起こるのには、気圧や気温が関係しているのです。

ヒトの身体は、気圧や気温が急激に変化するとストレスを感じ、それを緩和させるために自律神経がはたらきます。
自律神経には、交感神経と副交感神経というものがあり、交感神経は血管を収縮させたり心拍数を上げたりして、身体を興奮状態にさせるはたらきがあります。一方、副交感神経はリラックスしている状態、活動が少ない時にはたらく神経です。

これら2つの神経のバランスが乱れてしまうことで、身体にさまざまな不調が起き、その症状のひとつが頭痛なのです。

つまり、雨の日になると気温が下がったり、気圧が低下するので、自律神経の乱れが生じ、頭痛を発生させていたんですね。

気圧の変化で頭痛が起こるメカニズム

気圧が急激に変化すると、体内で「セロトニン」とうい物質が分泌され、この「セロトニン」が交感神経を刺激し、血管を収縮させることで頭痛を誘発します。これを「緊張性頭痛」と呼びます。

また、気圧が下がることで、血圧も低下した状態になります。血圧が下がると、血管が広がり、その広がった血管が神経を圧迫して、頭痛を引き起こします。これがいわゆる「偏頭痛」のメカニズムです。

頭痛がしてしまったときに即効で症状を抑える方法は?

「雨の日に頭痛が起こる原因は分かったけど、じゃあどうすればいいの?」
「雨の日の頭痛は治せるの?」

雨の日のツライ頭痛、どうすれば抑えられるのか気になりますよね。次は、頭痛が起こってしまったときの対処方をご紹介しますね。

温度、湿度管理をする

雨の日には、なるべく温度、湿度の変化に影響されないよう、冷暖房で室温を一定にしたり、気圧の変化を受けないよう外出を控えるとういう対策が有効です。

頭は冷やして、身体を温める

偏頭痛の場合には、広がってしまった脳の血管を収縮させるために、冷やすことが効果的です。保冷剤などをタオルで包んで、頭痛のある場所はもちろん、首のうしろや、わきの下などの太い血管のある部分を冷やすのもポイントです。

逆に緊張性頭痛の場合は身体を温めてあげることで症状が緩和します。

早めに頭痛薬を飲む

頭痛が起こったら、無理をせず早めに薬を飲むことも大切です。偏頭痛の場合、痛みがひどくなってから薬を飲んでも効きにくいので、痛くなり始めたその時に早めに飲むことが重要です。

スポンサーリンク

カフェインを摂取する

片頭痛の場合、血管を収縮させる作用があるカフェインを摂取することで血管の広がりを抑えてくれるのでおすすめです。

カフェインはコーヒーや緑茶、紅茶などに含まれていますので、ホッと一息入れることでリラックスにもなりますね。ただし、飲みすぎは逆効果になりますので注意してください。

生活習慣をととのえる

雨の日の頭痛には自律神経が深く関わっているといいました。日ごろから規則正しい生活習慣を身につけておくことで気圧の変化に負けない身体にすることも大切です。

早寝早起き、3食バランスよく食べる、ストレスをためない、など毎日の生活習慣を意識することで雨の日の頭痛の予防になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は、雨の日の頭痛の原因とその対処法をご紹介しました。

お天気をコントロールすることはできませんが、原因と対処法を知ることで、雨の日の頭痛と上手に付き合っていきたいですね!

 

スポンサーリンク