黒から白へ!!上靴の頑固な汚れの落とし方!

子どもの上靴 掃除・片付け

幼稚園や保育園、学校に通っているお子さんたちが毎日履いている上履き。
持って帰ってくると、真っ黒ですよね。

元気に遊んでいる証拠だなと思いつつ、洗うのがめんどくさい…なんて思ってしまうことも。
いざ洗おうと思っても、汚れがなかなか取れずなんとなく黒ずんだまま…なんてことも。

そんな、頑固な上履きの汚れを落とす方法を紹介していきます!

上靴の基本的な洗い方

洗剤に漬けている上靴

まずは、基本的な洗い方から。

洗濯用の洗剤をブラシにつけ、ゴシゴシと洗っていきます。
細かい部分は歯ブラシを使うのがいいです。

洗い終えたら、洗剤残りがないよう流水でしっかりとすすぎます。
乾かす際は、風通しのよい日陰で干します。

直射日光は黄ばみの原因になることもありますし、上履きの靴底はゴム製なので変形しやすいためです。
上履き洗いを簡単に済ませたいのであれば、このような洗い方が一般的でしょう。

しかし、これくらいではきれいにならない上履きがほとんどではないでしょうか?
次に、さらに上履きの汚れをきれいに落とす洗い方です。

先ほどの基本の洗い方に、漬け置きをプラスします。
漬け置きの前に、泥や砂などは軽く落としておきましょう。

漬け置き用の水は、普段洗濯の際に利用している洗剤と漂白剤を混ぜたものです。
この時に、水ではなくお湯を使うと、さらに上履きをきれいにしてくれる効果が高まります。

あとは、この水の中に上履きをいれて、1時間ほど漬け置きをします。
1時間たったらブラシで上履きをこすり洗いして、最後に洗剤残りが無いようにしっかりとすすぎます。

これで先ほどよりもきれいに汚れが落ちています。
少しの手間を加えるだけで、汚れの落ち方がだいぶ変わってきますので、ぜひやってみてください。

洗いにはコレ!!なかなか落ちない汚れも重曹を使えば真っ白に

容器に入った重曹

上履きの基本的な洗い方を紹介しましたが、他にも最近話題のお掃除グッズを使った洗い方も紹介します。
皆さん、掃除をする際1度は使ったことがあるのではないでしょうか?

それは「重曹」です。
油汚れや皮脂汚れ、消臭効果など様々の用途に使えます。

そんな万能な重曹は、上履き洗いにも使えちゃうんです。
やり方は、先ほどの洗剤+漂白剤のお水に重曹をプラスするだけです。

あとは1時間漬け置きして、ブラシでこすった後に流すだけ。
頑固な汚れもこれで真っ白です。

もう一つ話題のお掃除グッズ「オキシクリーン」を使った洗い方も紹介します。
ちなみにうちではこの洗い方で、毎週息子の真っ黒な上履きを洗っています。

いわゆる「オキシ漬け」です。
1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

洗濯槽やお風呂の浴槽、シンクなどあらゆる場所をオキシ漬けできれいに出来ちゃうんです。
そんなオキシ漬けで、上履きもきれいにしちゃいましょう。

オキシ漬けのポイントは、40℃~60℃のお湯でしっかりとオキシクリーンを溶かすことです。
そして、オキシクリーンを溶かしたバケツに上履きを漬けます。

このまま1時間ほど上履きを漬けておきます。
その後は軽くブラシでこすり、汚れを落とします。

スポンサーリンク

最後にすすぎ残しの無いようしっかりと流します。
すると、あんなにも汚かった上履きが真っ白に!!

さすがオキシクリーンです。
うちではいろいろ試した結果、この方法が一番簡単で、きれいになる方法です。

手間なし!上靴の洗い方!!洗濯機を使って時短に貢献!!

靴を洗っている洗濯機

とはいっても、やっぱり上履き洗いって面倒ですよね。
そんな方には、洗濯機で洗う簡単な方法を紹介します。

まずは、砂や泥などの汚れは落としておきましょう。
小石などが洗濯機につまり故障の原因になります。

あとは洗濯ネットに靴をいれ、洗剤や漂白剤をいれて、いつも通りの洗濯方法で上履きを洗うだけです。
あとは脱水はお好みで。

早く乾いてほしいのであれば、1分~2分ほどの脱水を。
そうでなければ、洗い終えた上履きは、日陰で風通しのよいところで乾かしましょう。

脱水は上履きを痛めやすくするので、長時間は行わないようにしましょう。
なかには、コインランドリーに靴専用の洗濯機が置いてあるところもあります。

そちらを利用してもいいかもしれませんね。

最後に

上履きの汚れを落とす方法を紹介しました。

上履きの洗いのコツやポイントをしっかりおさえて、いつもきれいな上履きを履かせてあげたいですね。

スポンサーリンク