クーラーの電気代を節約する10個の方法!モード、設定温度など

季節の行事

クーラーの電気代を節約するためには、弱運転が良いのか、こまめに消したほうが良いのか、何が正解なのか分からないあなた!

どの使用方法が1番節約できるのかを解説します。正しい使い方と節約のコツを掴んで、快適により安く使いこなしましょう!

スポンサーリンク

クーラーの電気代節約にこまめなオンオフはNG!10個の節約方法

「自動運転」にしておきましょう。

エアコンは設定温度にするまでが一番電気を使うので、その分電気代がかかります。

自動運転モードは、強風運転で設定温度まで室温を下げて、その後は微弱運転または送風運転で室内温度を保つように設定されています。その為、短時間で無駄な電気代がかからないようになっているので、節約につながります。

温度調節は「28度」に設定しましょう。

設定温度を調節することも節約につながります。設定温度は28度が一番効果的なんです。

エアコンの温度は、1度上げるだけで約10%の節電が出来ます。体に無理のない程度に、まずはいつもより1度上げて試してみるのも良いですね。

「弱冷房除湿」を活用しましょう。

クーラーと同じく部屋の温度を下げてくれる“除湿機能”ですが、節約にも活用できるんです。

メーカーによって多少異なりますが「弱冷房除湿」は冷房よりも電気代がかかりません。ここで注意が必要なのは“再熱除湿”再熱除湿はクーラーよりも電気代がかかってしまうので、除湿モードを試す時は弱冷房除湿を使ってみましょう。

エアコンの「風向き」を意識しましょう。

冷たい空気は、部屋の下に溜まりやすくなります。風向きを「上」または「水平」に調節しましょう。

こまめなスイッチのオンオフは避けましょう。

エアコンは、運転中よりも運転を開始するときのほうが多くの電気を使います。

消したほうが節電になると思い、スイッチのオンオフを繰り返すと、余計にたくさんの電気を消費してしまいます。気を付けましょう。

「フィルター」を掃除しましょう。

せっかく様々な対策をしても、フィルターが汚れていては台無しです。

フィルターが詰まっていると本来の性能を発揮できずに、余計な電気代がかかってしまいます。こまめな清掃を心掛けましょう!

エアコンの「内部洗浄」をしましょう。

フィルター掃除をして安心しがちですが、内部洗浄も大切な節約術です。

内部までキレイに保つことで、エアコンの寿命も延びて、カビなどの雑菌も防げます。もちろん、運転効率がアップするので節約につながります。

自分で内部まで洗浄するのは大変なので、使用回数が少ない春や秋に専門業者に掃除を依頼すると良いでしょう。

エアコンの「室外機」を確認しましょう。

室外機の周りに物を置き過ぎていませんか?日向にそのまま置いていませんか?実はそれNGなんです。

風通しを良くし、カバーなどを使用して日陰にすることでエアコンの効率が上がります。さっそく実践しましょう。

「窓の断熱」をしましょう。

案外忘れがちなのが“カーテン”です。窓は薄いため、夏は外の熱を取り込んでしまい、冬は室内の熱を逃がしてしまいます。断熱シートや遮光・遮熱カーテン、サンシェードなどがおすすめです。

古いエアコンは買い替えましょう。

節約術を試しても、エアコンの性能が悪いことには効果が期待できません。購入してから“5~10年以上”経っているエアコンは買い替えを検討してみましょう。

スポンサーリンク

もっと電気代を節約したい!効果的なエアコンと扇風機の併用方法

エアコンだけで運転していると、涼しい空気が下に溜まってしまうので暑い空気は上に溜まります。そこで、扇風機の風を利用して上手く部屋の空気を循環することで涼しさが増して、体感温度が下がるんです。

扇風機を併用する時のエアコンの風向きは「水平」に設定しましょう。そして、扇風機は可能な限り「上」に向けてみてくださいね。

エアコンの運転中に扇風機などを一緒に使用した場合ひと夏で「1部屋3,000円」も節約が出来ちゃいます!上手に賢く併用してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?この他にも、電気料金を見直すことも節約への第一歩となります。
様々な節約術、扇風機との併用など自分のお家に合った対策で節約してみてくださいね。

 

スポンサーリンク