迷信?それとも事実?お盆期間の海水浴がダメと言われる理由は?

海岸 生活・マナー

夏休みに海へ行く方が多いと思いますが、昔からお盆には海へは行ってはいけない!
と聞いたことがありますよね?

でも実際どうなの?
ほんとにダメなの?

どうしてもお盆の期間にしか予定を立てられない!というご家庭もいらっしゃるのではないでしょかうか?
なぜお盆には海へ行ってはいけないのか、その訳にはいくつかの理由がありました!

お盆の期間に海に入るのは良くないってホント?

海の中

お盆とは、一般的に8/13~8/16の4日間をいいます。

友達との海計画で、予定が合ったのはお盆。
「お盆だからやめとこう」となった事はありませんか?

実際はどうなのでしょうか?
お盆に海へ行っている人もいますよね。

そう言われるようになった理由は、迷信が関係していると思われます。

○海はあの世に続く道と言われている。

○お盆はご先祖様が帰ってくる日。

○行き場のない霊が彷徨っている。

○お盆はご先祖様を供養する日。(海に遊びに行くものではない)

亡くなられた方はのどの渇きが凄く、水を求め海へ来るとも言われているそうです。
上記のことから、お盆に海へ行くと足を引っ張られる、と迷信が伝わったようですね。

また、海や気候に変化があるのも理由のひとつです。

○この頃からクラゲが大量に発生する時期。

○気温は高いが水温は低い。(体に負担がかかる)

○離岸流(海岸に打が寄せた波が沖に戻る時に発生する強い流れ)が発生する。

○台風が発生しやすい。

これらが原因で大事故につながる危険性があることから、
お盆には海に行かない方がいいと言われているようです。

大人でも危ないお盆の海。
特に小さいお子さん連れだと、水の事故には注意しておきたいところ。

お子さんと一緒に行く場合は、必ず目を離さず、離れず海へ入りましょう。
また、台風が来ていると、海へ入らなくても海岸等も危険になります。
近づかないようにしましょう。

お盆期間の海水浴はクラゲに注意!!

海の中のクラゲ

先ほどもいったように、お盆の時期にはクラゲが大量に発生してくる時期です。
理由として、クラゲは年中海にいますが、6月頃から成長しお盆の時期に最長サイズに成長するからです。

正式には「大量に発生する」というよりは、「大量に発覚される」が正しいかもしれません。
これから、刺されたときの対処法と予防法をご紹介します。

 

【刺されないための予防】

・ラッシュガード等を着たり、マリンシューズを履きなるべく露出を少なくする。

・クラゲ除け日焼け止めを塗る。(ネットで気軽に購入可能。)

・クラゲを見かけたら直ぐにその場から離れる。

・クラゲ対策のされている海水浴場を選ぶ。

【刺されたときの対処法】

①刺胞(毒針)がついている場合は擦らずに取り除き、海水で洗い流す。(水道水×
この時物理的刺激を与えてしまうと刺胞から毒が出てしまうので、そっと取り除く。
取れない場合は無理に取ろうとせず、海水で洗い流す。

②ライフセーバーに連絡する。(ない場合は③へ)

スポンサーリンク

③ステロイドアイ剤、抗ヒスタミン剤や虫刺されの薬を塗る。(クラゲにも効く薬も薬局で売っています)

※腫れや痛みがある場合は直ぐに病院へ行ってくださいね。

ライフセーバーの方達
水族館では癒し系のクラゲ。鑑賞するのには綺麗なんですが・・・
刺されると痛いし厄介なので、しっかりと刺されないように対策したいですね。

なかでも、刺されると命に関わるクラゲもいますので、クラゲには最善の注意を払ってください。

まとめ

夏にしか行けない海水浴ですが、お子さんと一緒の場合、
お盆の時期と重なる場合は大事をとって避けた方がいいかもしれませんね。

海以外でも色んな楽しいスポットもありますので、そちらも検討してみるのもいいかも。
どうしてもお盆時期に行く場合は、上記を参考にしてみてくださいね!

みなさんにとって、楽しい夏休みになりますように。

スポンサーリンク