主婦必見!!余ったネギを大量に消費するレシピ&保存法!

束のネギ 料理

料理のトッピングやアクセントに、必要不可欠なネギ。
シャキシャキの食感や香りが好きな方も多いのではないでしょうか。

でも、ちょっと欲しい時に冷蔵庫になかったり、毎回カットするのはめんどくさくって、
まっいっかとなったり…

便利でカットされているものもあるけれど、…割高だし…
自身でカットしたネギは風味がよく、なにより安くすみますよね。

年中スーパーで手軽に購入できる食材ですが、束で売られているネギは量が多く余りがちではありませんか?
そんなネギの、意外と知らない活用&保存方法をご紹介します!

基本中の基本‼ネギは輪切りで冷凍保存!

ネギといえば輪切りのイメージですよね。

輪切りにする事によって、いろいろな料理に使う事ができ、保存しやすくなります。
いつも冷蔵庫にストックがあると、いざという時に使えて便利。

でも冷凍するとネギ同士がくっついてしまったり、しなしなになったり、
水っぽくなってしまったりする事ありますよね?

それは保存方法が原因だったんです。
そんなストレスを解決し、いつまでもパラパラで美味しくいただける保存方法をご紹介します!

 

ネギの美味しい保存方法

①ネギをよく洗いキッチンペーパーで水気を拭き取る。

②小口切り(輪切り)にする。

③キッチンペーパーを敷いたタッパーかジ プロックに入れる。

④一晩冷蔵庫にて保存した後、キッチンペーパーを抜き取り冷凍する。

使用する時は冷凍のまま料理の上にかけると、自然と解凍され美味しくいただけます。
青ネギでも白ネギでも可能で、冷凍で1か月はもちますよ。

少し手間はかかりますが、冷凍・冷蔵のどちらの場合もきっちりと水分を取る事が大切。
そうすることによって、カットネギを買うよりもだんぜん安くて美味しくいただけるので、是非試してください!

 

ちなみに、切ったネギの根の部分を、コップなどに入れた水につけておくとまたネギが生えてきます。
細く短くはなりますが、ちょこっと使いにつかえます。

水は毎日変えてくださいね。
根を捨てるくらいないお試しあれ。

まさに万能調味料!!ネギ塩ダレの作り方と保存方法

お肉の上にのったネギ塩ダレ

薬味の王道!ネギですが、実は主役にもなれるネギ。

「○○のネギ塩ダレ」ってよく耳にしませんか?
実は家庭で簡単に作る事ができるんです。

これさえあれば献立に迷った時、お肉や冷や奴、ご飯にも合わせられますよ。
そんな万能ダレの作り方をご紹介します。

 

万能ネギ塩ダレの作り方

【材料】

○白ネギ(1本)

○ごま油(大さじ3)

○塩(小さじ1/2)

○にんにく(チューブ1cm)

○こしょう(少々)

○レモン汁(お好みで)

 

作り方は超簡単‼︎

スポンサーリンク

みじん切りにした白ネギに、ごま油・塩・にんにく・こしょうを混ぜるだけ!
レモン汁は絞ったレモンでもポッカレモンでもokなので、お好みで入れてくださいね。

レモン汁があるとさっぱりとして美味しいですよ。

もちろんこの作り方で十分に美味しいですが、ごま油を熱してからネギにかけると
香ばしく一段と風味よくなります。(パチパチとなるので気をつけてください。)

熱湯消毒した瓶などの保存容器で、冷蔵庫で1週間保存可能です。
これさえ作っておけば何にでも使えるので、ぜひ常備したいタレです。

これからの季節にもピッタリですよ!

まとめ

いかがでしたか?
意外と簡単に活用することが出来るのがわかりましたよね。

これでネギを迷いなく購入!
特に特価なら即買いです!

ネギにはアリシンが多く含まれているので、血行がよくなり肩こりや疲労回復にも良く、
女性に嬉しいビタミンCが多く含まれおり、老化予防にもなると言われています。

また昔から風邪予防にもなると言われているので、家族みんなで積極的に摂取したい食材ですね。
彩もよくなるので食卓が華やかになりますよ。

是非みなさんも、保存方法を試してネギ活してくださいね!

スポンサーリンク