意外と知らない!七夕の伝説を簡単に解説。願い事はいつから飾る?

季節の行事

もうすぐ七夕の季節ですね。毎年七夕行事はどうされていますか?ご家族と一緒に飾り付けしたりするのも楽しみの一つですよね。でも、

「七夕の伝説って、どんな物語だったっけ?」「子供の頃聞いたような…」なんて思ったりしませんか?

そうですよね。知っているようで知らない七夕の伝説。日本の伝統的な行事だけに、きちんと理解しておきたいですよね。

今回は、そんなあなたのために、七夕伝説について簡単に説明いたします!七夕飾りを飾る時期についても合わせて解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

七夕の伝説について知りたい?簡単に説明します!

織姫さまと彦星さまでお馴染みの七夕のお話。なんとなく男女の悲恋の物語っていうイメージがありますが、中国から伝わる「七夕伝説」がルーツだと言われています。

広い中国では地方によっていくつかのバージョンがあり、古くから語り継がれてきましたが、今回は一般的な「七夕伝説」を簡単にご紹介します。

…むかしむかし、あるところに、機織りのたいそう上手なお姫様がおりました。名前を「織姫」といい、父親である天帝(天の神様)はとっても可愛がっておりました。

織姫も、そろそろ結婚する年頃になり、天帝はだれかいい相手はいないかと探し始め、好青年と評判の「彦星」を織姫の結婚相手に選び、結婚させました。

二人はたいそう仲睦まじく暮らしていましたが、仲が良すぎていつも一緒にいるばかりで仕事を全くしなくなってしまいました。

このことを知った天帝は、激怒し、天の川を隔てて、二人を離れ離れに引き離してしまいました。すると、今度は、二人とも悲しみに暮れてばかりで、さらに仕事をしなくなってしまったのです。

これに困った天帝は、一生懸命仕事を頑張ることを条件に、1年に1度だけ、7月7日の日に、カササギに乗って天の川を渡り、2人が合うことを許してくれました。

その後、2人は一生懸命はたらくようになり、7月7日に年に1度、七夕の日に会うことができるようになりました。

…という物語です。七夕の日に雨が降ると、カササギが飛べずに二人が会えなくなってしまうことから、「七夕の日は晴れますように」と願いを込めて短冊をかけておく、ということになったとされています。

また、この物語には

・一生懸命働いていればいいことがある。
・怠けていてばかりでは、罰が当たる。
・今の生活に感謝するということ

という教訓も込められていますよ。

七夕飾りはいつから飾って良いの?外し時はいつ?

七夕飾りをつくったり、家族で願い事を考えたり…。家庭で七夕を楽しむなら、なるべく長く飾って楽しみたいですよね。

七夕飾りはいつからいつまで飾っておくものなのでしょう?それはズバリ!

【7月6日の夜に飾り、7月7日の夜までに片付ける】です。

「えー、めっちゃ短いやん!」驚きですよね~。私も知ったときはびっくりでした。七夕飾りは基本、7月6日の夕方から夜にかけて飾る「一夜飾り」とされています。なので、7月7日の夜までには片づけてしまう、というのが決まりなんですね~。

この「一夜飾り」には実は理由があります。日本の七夕は「棚機女(たなばたつめ)」の風習が由来となっているといわれています。

スポンサーリンク

7月6日に、選ばれた乙女が、神様にお供えする織物を織るため機屋に籠り、7月7日の夕方に「禊ぎ」を行うというものです。このような理由があったのですね。

とはいえ、現在では特に「いつからいつまで」という決まりはありませんので、ご家庭で好きな期間に楽しまれるといいと思います。

まとめ

いかがでしたか?知っているつもりで、意外と知らない七夕の伝説を簡単にご紹介しました!七夕の飾る時期についても、意外と短くて驚きでしたよね!

今年の七夕は、ぜひご家族で七夕の伝説や由来なども交えながら楽しんでみてくださいね♪

 

スポンサーリンク