土用の丑の日にうなぎを食べる理由!穴子で代用してもいい?

季節の行事

暑い日が続きますね~。夏バテしていませんか?暑い夏を乗り切るための習慣で有名なのが「土用の丑の日」ですよね。スーパーにもたくさんのうなぎが並びます。でも

「なんで土用の丑の日にうなぎを食べるんだろう?」
「うなぎって高いし、他で代用できないかしら?」
「穴子じゃだめなの?」

な~んて思いませんか?我が家も毎年スーパーでうなぎとにらめっこします。高いですよね、うなぎ。確かに「穴子でもいっかな…」って思います。

そこで、今回は土用の丑の日の由来や、なんでうなぎを食べるのかを詳しく解説します!うなぎ以外のオススメの食べ物もご紹介しちゃいますので、ぜひチェックしてみてくださいね~♪

スポンサーリンク

なぜ土用の丑の日はうなぎを食べるの?今さら聞けない、その理由

「土用の丑の日」は中国古来の五行説が由来

「土用の丑の日」の「土用」とは、中国古来の五行説に由来し、木火土金水を四季にあてはめたものになります。

世の中の全てが木火土金水の五つの組み合わせで成り立つという説で、季節にも割り振られて考えらていて、以下のようになります。

木=春
火=夏
土=季節の変わり目
金=秋
水=冬

この季節の変わり目である、立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間を「土用」というのです。「土用」とは季節ごとにあるんですね!

では、「丑の日」とは何でしょう?

昔は日にちを数えるのに十二支で数えるのが一般的でした。「子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、兎(う)…」と日にちを数えていたんですね。

つまり、約18日間の「土用」の期間中、 十二支の「丑」にあたる日が、「土用の丑の日」ということになります。 なので、「土用の丑の日」は季節ごとにあることになりますよね。

では、なぜ夏の「土用の丑の日」だけうなぎがたべられるようになったのでしょうか?

ウナギを食べるようになったのは江戸時代

夏の「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになった最も有名な説が、江戸時代の蘭学者である平賀源内が起源とされる説です。

もともと、夏の土用の期間は、梅雨明けと重なるため、衣服などの湿気をとる「土用の虫干し」をしたり、「う」のつく食べ物を食べ、食い養生をする習慣がありました。

うなぎの旬は冬で、夏場に売れ行きが落ちて困っていた知り合いの鰻屋にアドバイスし、「夏の土用の丑の日には、精のつくうなぎを食べて暑い夏を乗り切ろう!」と習慣づけしたというのが理由といわれています。

うなぎもまさに「う」のつく食べ物なので、しっくりきたということですね。

うなぎ以外で土用の丑の日に食べるといいとされる食べ物3選

もともとは「う」のつく食べ物を食べる習慣という事で、必ずしもうなぎでなくてもよいという事でしたね!

正直、うなぎはお値段もお高いので、かわりになるものがあるのは助かりますよね!ではうなぎ以外でおすすめの「う」のつく食べ物を3つご紹介します。

うなぎ以外でオススメの「う」のつく食べ物その1 梅干し

「梅はその日の難逃れ」ということわざがあるように、梅干しは昔から体に良い食べ物とされています。

梅干しには疲労回復に効果のあるクエン酸や、身体の不調をととのえてくれるビタミン・ミネラル類が豊富に含まれています。

また、梅干しの酸味は唾液の分泌を促し、消化を助けてくれる効果もあります。夏バテ防止にオススメの食べ物ですね。

うなぎ以外でオススメの「う」のつく食べ物その2 うどん

続いてはうどんです。うどんはつるつると喉ごしが良く、食欲がない時にも食べやすいですよね。消化も早く、食欲が落ちているときの速やかなエネルギー補給にはもってこいの食べ物です。

つるつると食べやすいからといってあまり噛まずに食べては消化吸収には逆効果ですので、よく噛んで食べることが大切です!

スポンサーリンク

うなぎ以外でオススメの「う」のつく食べ物その3 瓜(うり)

最後は胡瓜(きゅうり)、西瓜(かぼちゃ)、南瓜(すいか)などの瓜類です。どれも夏が旬の食べ物ですね。

これらは水分量が多く、体内にこもった熱を下げる作用があります。また、カリウムも豊富です。

カリウムは水に溶けやすく、汗をかきやすい夏は汗とともに体外へ流れ出てしまい、体内のミネラルバランスが崩れて疲労感や食欲不振につながります。夏バテ予防にぜひオススメしたい食べ物です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、今さら聞けない「土用の丑の日」の由来や、うなぎを食べる理由などをくわしくご紹介いたしました!

うなぎを食べるようになった理由が鰻屋の宣伝キャンペーンだったとは驚きでしたね。

もともとは「う」のつく食べ物を食べる習慣ということなので、残念ながら穴子での代用は本来なら違うようですね。とはいえ、穴子はうなぎよりもさっぱりとして食べやすく、栄養価も豊富なので、土用の丑の日に穴子を食べる人も多いようです。

今年も土用の丑の日に精のつくものを食べて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサーリンク