永久保存版!!暑中見舞いの例文を一言メッセージも含めて紹介

風鈴と緑 生活・マナー

季節の折に、挨拶状を出すことはありますか?

年賀状は出すけれど、暑中見舞いや寒中見舞いなどは出したことがない。
いざ、出すことになっても書き方が分からなくて困っている…

そんな方は、少なくないかもしれません。

そこで今回は、暑中見舞いの書き方についてご紹介していこうと思います。

みんな躓く!?暑中見舞い例文から学ぶ近況報告の書き方!!

ハガキとうちわ

暑中見舞いは、暑さが厳しい時期に、
日頃会えない友人・知人、お世話になっている人などに送る、季節の挨拶状のひとつです。

お中元のお礼、結婚や出産の報告にちょうどよい機会となりますので、活用すると良いでしょう。

暑中見舞いには、「こうしなければならない!」という決まりはありませんが、
一般的には

・暑中見舞いの言葉

・時候の挨拶

・相手の安否を尋ねる言葉

・自分の近況を伝える言葉

・相手の無事を祈る言葉

・日付

の順で書くと良いでしょう。

以下から、例文をご紹介して説明していきます。

(例)

暑中お見舞い申し上げます。  (

 

猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。  (

わたしたちは、元気に過ごしております。   (

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけください。  (

 

令和○年 七月   (

 

①文頭

暑中見舞いの言葉を入れます。

「暑中お見舞い申し上げます」で良いでしょう。

暑中見舞いは梅雨明け~立秋前、
残暑見舞いは立秋~8月末日までと、期間に決まりがありますので、くれぐれも注意してください。

 

②時候の挨拶

暑さを気遣う、季節の挨拶を書きます。

・鬱陶しい梅雨もようやく明けました

・暑さが日ごとに加わってまいります

・蝉の声もひときわ高く

・紺碧の空に一片の雲もなく

などの書き出しで始めます。

ビジネスで暑中見舞いを送る場合は、

・平素は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。

・貴社におかれましては、いよいよご隆昌のことなによりに存じます。

・貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

・皆様におかれましては、益々ご壮健のことなによりに存じます。

などでよいでしょう。

 

③自身の近況報告

・おかげさまで、家族一同元気に過ごしております。

・私たちも暑さに負けぬよう、頑張っております。

など、親しい仲であれば自由に書いてしまっても問題ありません。

結婚や出産、引越しなどの報告の際は、

・私たちは、このたび結婚いたしました。
現在は二人で新しい生活を始め、楽しい日々を送っています。

・おかげさまで私たちは、新生活をスタートいたしました。
慣れない家事に悪戦苦闘しております。

・このたび下記の住所に引っ越しましたので、お知らせいたします。
こちらへお越しの際には是非お立ち寄りください。

・先般、第一子を無事に出産いたしました。

・先立って母子ともに何事もなく出産を終えました。

などで良いでしょう。

 

④結びの言葉

・暑さ厳しき折、ご一同様のご健康をお祈り申し上げます。

・暑熱耐えがたきこの頃、くれぐれもご自愛ください。

・元気に夏をお過ごしください。

・昨年にもまして暑さが厳しく感じられます。お体を大切にお過ごしください。

・炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

など、先方を気遣う言葉を入れましょう。

 

⑤日付

「○日」まできっちりと書く必要はありません。

スポンサーリンク

「○年○月」のみで大丈夫です。

「○年 盛夏」と書くこともあります。
日付をぼかす際にはこちらを使用するとよいでしょう。

知っているようで知らない暑中見舞いで使う「盛夏」その意味とは?

郵便ポスト

さて、前述で「盛夏」と書きましたが、これはどういった意味で使うのでしょうか?
使用するには意味を知っておかないと、もしかしたら失礼に当たってしまうかも知れませんよね。

ここからは、盛夏の意味についてお話していきます。

「盛夏」とは、「夏で一番暑いころ」という意味になります。
暑さが盛んである、というところから使用されているのでしょう。

ですが、「一番暑いころ」という表現だと結構曖昧で分かりづらいですよね。
では、「盛夏」を使える時期はいつまでなのでしょうか。

盛夏、と呼ばれる時期は2つです。

・6月6日~7月6日頃

・梅雨明け~立秋

旧暦では、夏は初夏・盛夏・晩夏と分けられていました。

初夏の終わりが6月5日頃、晩夏の始まりが7月7日頃、となっていたので、
「盛夏」は1つ目の時期と考えられているのです。

ではなぜ2つ目があるのか?

それは「盛夏」の意味には「梅雨明け後の本格的な夏」というものがあるからです。
前述の期間はあくまでも旧暦でのお話で、現在では7月中でも「盛夏」を使用することは可能です。

そのため、暑さがピークとなり、だんだん秋に近づいていくという立秋の日までが「盛夏」を使用できる期間となっているのです。

まとめ

いかがでしたか?
暑中見舞いの書き方についてお話ししました。

年賀状で伝えるには遅すぎるかな?という報告などは、暑中見舞いを使ってみても良いかもしれません。

その際には是非、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク