汚れたぬいぐるみの洗濯方法‼洗濯機で洗うことができない場合は?

ぬいぐるみ 掃除・片付け

小さな女の子といえば、ぬいぐるみが大好きですよね。
どこに行くのも一緒で、出掛ける時でも一緒に連れて行くことも。

そんな姿はとても可愛らしいのですが、
お気に入りのぬいぐるみは、使っていると汚れが目立ってきてしまいます。

少し黒くなってきてしまうと汚く見えてしまいますし、衛生的にも心配になってきますよね。
我が家でも、長女が動物のぬいぐるみが大好きなので、汚れには困っています。

毎日可愛がっているぬいぐるみほど、洗濯することが大切ですが、
汚れたぬいぐるみを洗濯する場合には、いくつか注意しないといけない点がります。

そこで今回は、汚れたぬいぐるみを洗濯機で洗う場合のポイントと注意点、
そして、洗濯機で洗えない場合の汚れの取り方などを紹介したいと思います。

ぬいぐるみを洗濯機で洗う!洗い方のポイントと注意点!!

女の子とぬいぐるみ

子どもが大切にしているぬいぐるみを洗濯機で洗う前には、まず洗濯表示をよく確認しましょう。

自宅で洗えるのか洗えないかの表示を、きちんとチェックしましょう。
間違えると、大切なぬいぐるみが型崩れしてしまいますからね。

水洗いができるようなら、自宅でも洗濯することが可能です。
ぬいぐるみの素材でも、ポリエステルビーズなどはつけ洗いや押し洗いをするときれいになります。

洗濯が可能なマークのあるものは、洗濯ネットに入れて
洗濯機の手洗いか、ドライクリーニングモードで洗いましょう。

そして、すすぎの段階で柔軟剤入れるようにしましょう。
そうすることで、静電気や毛玉の発生を抑えてくれます。

その際には、ぬいぐるみに柔軟剤をしっかりつけるようにする為に、液を何回かかき混ぜます。

洗剤と同じように、ぬいぐるみを洗うときには、幼い子どもの肌に優しいものを使用するようにしましょう。

そして、脱水の際には、ぬいぐるみをタオルで包むようにするといいですよ。
脱水は、30秒くらいの短い時間で十分です。

詳しいぬいぐるみの洗い方は、アクロンのホームページのぬいぐるみの洗い方を参考にしてみてください。

>>アクロン ぬいぐるみの洗い方はこちら

こちらのページは詳しく書かれているので分かりやすいです。

私も、以前、娘の大好きなぬいぐるみを洗濯するときに、このホームページを参考に洗濯しました。
この通りにすれば、初めてでも失敗することなくできました。

ふんわりと洗うことができていたので、娘も喜んでくれました。

洗濯機で洗えないぬいぐるみの洗濯の仕方とは?使うのは重曹!?

重曹

洗濯機で洗えるものはサクッと洗えていいのですが、洗濯機で洗えないぬいぐるみもあります。

洗濯機では洗えないけれど、愛着があるぬいぐるみは何とかしてきれいにしたいものですよね。

そのような場合には、重曹が汚れを落とすのに便利です。
ぬいぐるみに付いている汚れの多くは酸性です。
ですので、アルカリ性の重曹を使うことで中和されます。

その結果、汚れが浮き出て、簡単に汚れが落ちやすくなるんです。

スポンサーリンク

では、具体的な手順を紹介していきたいと思います。

ぬいぐるみの汚れを落とすためには、まず重曹と黒いゴミ袋を用意します。
そして、黒いゴミ袋の中にぬいぐるみを入れます。

ゴミ袋の中のぬいぐるみに、重曹をたっぷりとかけてください。

重曹をかけたら、ゴミ袋の口をギュッと閉じてふります。
こうすることで、ぬいぐるみに重曹をいきわたらせます。

唐揚げの時に唐揚げ粉をお肉にフリフリつける感じですね。

次にこの袋を、日が良く当たって風通しもいい、さらに湿気もこもらない場所に置いておきます。
置いておく時間は、だいたい1時間から1日程度です。

あとは、ゴミ袋からぬいぐるみを出してみましょう。
そして、掃除機で重曹をしっかり吸い取ってください。

この方法でやると、たいていの汚れはある程度きれいになりますよ。
ぜひ、試してみてください。

まとめ

今回は、子どもの大切なぬいぐるみを洗濯する際のポイントや注意点、
洗濯機を使わない方法を紹介しました。

いかがでしたか?

ぬいぐるみが汚れたままだと、菌などがやはり心配になってしまいます。
きれいに洗えたら、子どもの健康はもちろん、ママも安心してぬいぐるみを抱っこさせてあげられますね。

紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク