七五三のお祝い相場!祖父母ならいくらぐらい?

千歳飴を持った女の子 季節の行事

身内に渡すお祝い金って、いくらにすればよいのか悩みますよね。

結婚式などは、呼ばれる機会が意外とあるので、何となく包むべきお祝い金の相場は分かります。
ですが、孫の七五三はそうそうあるものでもないので、不明瞭だったりする部分ですよね。

さすがに、小さい子にお金を渡すのはちょっと…という方は、
プレゼントを購入しよう!と考えているかもしれません。

ですが、こういったお祝い事に適したプレゼントとは、いったいどういうものなのでしょうか?
さすがに、お金が絡むような話を周囲に聞くのも何となく気が引ける…という方もいるかもしれません。

今回はそんなお悩みを解消すべく、孫の七五三のお祝い金について、詳しく解説します。

七五三のお祝い金!相場・熨斗の書き方・渡す時期について

ご祝儀袋と筆ペン

子どもが無事に成長したことをお祝いするイベント、それが七五三です。
一般的には、身内や親族でお祝いすることが多いイメージがありますよね。

地域によっては、ホテルなどの大きい会場を借りて、大々的に披露宴などを開くところもあるかと思います。

 

ではまず、孫へ贈るお祝い金は、いくらくらいが妥当なのでしょうか。

お祝い金の相場

七五三のお祝い金の相場は、一般的には1万円~3万円くらいとされています。

ですが、孫が多い場合は一律で同じ金額、と決めている家庭もあるようです。
そのため、金額の相場は「目安」として考えておきましょう。

お祝い金を渡す際は、地域によって金額の相場も変わってきますので、
金額に迷ったり、何かしら不安な点があるようでしたら、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

孫のお祝いをする機会は、七五三以外にもその先々に色々とありますので、
身の丈に合った金額で予算を組みましょう。

両家のバランスもありますので、そこも気をつけたいところです。

熨斗の書き方

ご祝儀を用意する際に、熨斗の書き方に悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは熨斗の書き方をお教えしますね。

文字を書く際には、毛筆または筆ペンを使用します。
お祝い事ですので、ボールペンやサインペンを使用することは避けてください。

表書きは、基本的には「七五三御祝」や「祝 七五三」で大丈夫です。
こちらは年齢関係なく使用することができます。

年齢別にすると、

3歳は「御髪置御祝」「祝 御髪置」「賀御髪置」
5歳だと「御袴着御祝」「祝 御袴着」「賀御袴着」
7歳だと「御帯解御祝」「祝 御帯解」「賀後帯解」

となります。

ご祝儀袋は、水引が紅白蝶結びのものを使用し、水引の下に贈り主の名前を書きます。
このとき、名前は表書きよりも小さめに書くのがマナーです。

ここで、お祝いを渡す時期の確認をしておきましょう。

お祝いを渡す時期

もともと七五三は「11月15日に神社に参拝する」というのが慣わしですが、
最近では、家族の都合が良い日を選ぶことが多くなりました。

そのため、お祝いを渡すのは10月中旬~11月初旬を目安にすると良いでしょう。

ですが、七五三はなにかと物入りな行事でもあるため、多少早めに渡しても問題はありません。

早めに渡しておくことによって、そのお金を参拝費用や記念撮影のために遣うこともできますので、
孫のご両親からは喜ばれること間違いなしです。

七五三のお祝いでプレゼント孫に渡す場合のおススメ&注意点!!

プレゼント

お金だとちょっと、と考えて、孫にご祝儀は渡さない。
けれど、せめてプレゼントを…と考える方もいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

プレゼントを渡すとして、いつも通りのプレゼントでもいいのでしょうか。

そんな不安をお持ちの方のために、ここからはおすすめのプレゼントを
いくつかご紹介していきたいと思います。

孫へのおすすめプレゼント
・着物や袴、スーツやワンピース・ドレス、フォーマルコート
・草履や靴、髪飾りなどの小物
・おもちゃや絵本、図鑑や文房具
・普段着られるような洋服

これらは一例ですが、あまり気負わず普段通りのプレゼントでも問題ない、
ということがお分かりいただけるでしょうか。

おもちゃや本、文房具などは気兼ねなく受け取れますし、お孫さんのご両親もきっと喜ぶことでしょう。

3歳のお子様だと、着物を着せたいけれどじっとしているのが厳しくて着られない…という場合もあります。

その際に、男の子であればスーツ、女の子であればドレスやワンピースがあれば喜ばれることでしょう。

事前に確認してみて、もしそういう方向で考えているようであれば、
一緒に買い物に行って支払ってあげる、というのでも良さそうですよね。

着物などを購入する際は高額ですし、お孫さんのご両親の意見もあると思いますので、相談してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、お孫さんへの七五三のご祝儀やプレゼントについて、お話してまいりました。

ご祝儀の金額もそうですが、プレゼントを贈る際にも一度、
お孫さんの両親や親族間で話し合っておくと、贈り物が被ったりせず安心です。

お子様へのお祝いの言葉も、忘れずにかけてあげてくださいね。
お互いに気持ちよく、笑顔でお子様の成長をお祝いできる方法を見つけましょう!

スポンサーリンク