遂にやって来る!2020年東京オリンピック!!開会式や競技数は?

がんばれ、日本!! スポーツ

2020年!!遂に!!待ちに待った東京オリンピックが開催されますね!

オリンピックが東京で行われるということは、日本人としては大変誇らしいことです。

そこで今回は、東京オリンピックでの気になる開催期間や開会式の時間、
競技数についてまとめてみました。

東京オリンピック!!2020年の開催期間はいつからいつまで?

地球儀の日本

東京オリンピックを楽しみにされている方は多いと思いますが、
実際にいつから開催されていつまでなのかなと思われる方も多いでしょう。

2020年東京オリンピックの開催期間は、2020年7月24日の金曜日から8月9日の日曜日までです。
考えてみると、4年もの長い期間で準備するにしては、2週間で終わってしまうのですね。

なんだか少し寂しい感じもします。
もう少し長い期間あればいいのにな、と感じる方もいるでしょう。

ちょうど学生にとっては、夏休みが始まる時期なので、テレビでも観戦もできてうれしいですね。
気になっている競技の時間に、授業があったりすると残念ですから。

その点では、家でゆっくり観戦できるので良いですね。
我が家の息子も野球が好きなので、今からオリンピックを楽しみにしている一人です。

東京オリンピックの気になる競技数は!?

クロールで泳ぐ人

2020年東京オリンピックの競技数は、既存28競技以外の5競技で決定されています。
先ほどの17日間で、33競技で競うのです。

水泳、アチェリー、陸上競技、バトミントン、野球などの有名なものから、
ボクシング、近代5種というもの、サーフィンなどもこの競技に含まれています。

私的には、ボクシングがオリンピックの競技に入っていることに驚きました。
私は、毎回何と言っても陸上競技の熱い感じが大好きです。

東京オリンピックでも、ぜひまたあの熱い熱戦が繰り広げられることを楽しみにしています。
さらには、前の東京オリンピックでも素晴らしかったバレーボールも気になります。

あなたはどの協議が気になりますか?

一方で、パラリンピックは22競技が実施されます。
この大会から、テコンドーとバドミントンが新競技に採用されました。

こちらも注目ですね。

絶対に見逃したくない!!東京オリンピックの開会式の時間はいつ!?

国立競技場

オリンピックといえば!!やはり開会式も楽しみです。
どんな演出で日本のことを表現するのか、ぜひテレビで見てみたいですね。

今回の東京オリンピックの開会式は、2020年7月24日金曜日の20時からです。
会場は、国立競技場で行われます。

開会式を自宅でゆっくり見たい、という人も多いかと思いますが、
この時間ならば、家族でゆっくりと過ごしている方も多いでしょうから
テレビで開会式を見ることもできますね。

家族と一緒に、思い出に残る東京オリンピックの開会式をみるのも良いでしょう。
我が家もこの日には、家族で東京オリンピックの開会式を見たいと思っています。

東京でオリンピックがあるなんて、これから先なかなかないことですから
本当に目に焼き付けておきたいです。

スポンサーリンク

そして、東京オリンピックのパラリンピックの開会式は、2020年8月25日の火曜日です。
こちらも、どのように開会式が行われるのか楽しみですね。

今回の東京オリンピックでは、開会式の演出の総合統括に、野村萬斎さんが選ばれています。
野村萬斎さんといえば、狂言師として、また俳優としても活躍されています。

どのような演出をされるのか、大注目です。

また、開会式の聖火リレーも話題になっています。

2020年東京オリンピックの聖火リレーーは、2020年3月26日に福島県を出発します。
以降、日本47都道府県を回ります。

121日間にもわたる聖火リレー、こちらのほうもどのようにされるか楽しみです。

まとめ

今回は、2020年に開催される東京オリンピックの開催期間や開会式などについてでした。
いかがでしたか?

東京オリンピックは、日本人として大変喜ばしいことです。
競技数も今回は増えて、興味深い競技もあります。

開会式では、毎回その国の独自の文化が表れているので、本当に見るのが楽しみですね。
これから日本国内も、東京オリンピックに向けてどんどん盛り上がっていくことでしょう。

開会式や競技などを実際に見に行くことができない方も、
テレビで存分にオリンピックの雰囲気を楽しんで、
みんなで応援できるといいですね。

スポンサーリンク