赤ちゃんの離乳食はいつから始めればいい?遅い場合のデメリットは?

離乳食 子育て

赤ちゃんの子育てをしていると、初めてのことばかりで分からないことがたくさんでてきますよね。
中でも、赤ちゃんに離乳食を与える時期をいつからにするのか、決めるのも難しいことです。

私の場合も、育児雑誌や保健所の3か月検診などで相談したり、
周りの人の話を聞いて離乳食を始めたことを思い出します。

同じようなママの参考になるように、離乳食の開始時期についてまとめてみたので、
参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの離乳食を開始させる3つのサイン

離乳食を食べる赤ちゃん

一般的には、赤ちゃんの離乳食は生後5か月から6か月といわれています。

我が家でも、小児科の先生に6か月から始めると順調に進むと勧められました。

また、赤ちゃんの離乳食を開始させるサインというものもあります。

1つ目は、首がしっかりと座っていることです。
食べ物を噛んで飲み込むのには、上半身がしっかりしていることが大切となります。

2つ目は、生後5から6か月であることです。
生後5か月から6か月の時期になると、食べ物に関心を持つことが増えます。

食べ物に興味を持ち出すことが、離乳食を始める大きなポイントとなるのです。

3つ目は、赤ちゃんの生活リズムです。
一日の生活のリズムがきちんと整ってくると、離乳食も始めやすいですね。

このような条件が整ってくる時期に、離乳食を始めるのがベストです。

また、離乳食が遅い場合のデメリットとしては、
アトピーや喘息を引き起こす可能性が高まるとも言われています。

あまりに離乳食を始めるのが遅れると、2歳頃になるとこの症状が出てくる恐れがあるようです。

きちんと赤ちゃんの様子をチェックして、離乳食を適切な時期に始めてあげましょう。

離乳食のメリット・デメリットとは?完母の場合はいつから始める?

離乳食

離乳食を赤ちゃんに与え始めたものの、メリットとデメリットはどのようなものがあるのか
ママとしては気になりますね。

離乳食のメリットとしては、栄養が離乳食で取れ始めるのでミルクなどを頻繁に上げる必要がなくなることです。

逆にデメリットとしては、離乳食を早い時期にあげてしまうと
消化器官の未発達な赤ちゃんの胃に負担がかかったり、アレルギーを起こすことになります。

ですので、離乳食のデメリット・メリットも良く頭において離乳食を始めましょう。
離乳食は、生後5か月から6か月頃がやはり一番おすすめ時です。

また、完母の場合には離乳食をいつから始めるのが良いのでしょうか。
これは、我が家の長男は完母でした。

我が家の場合は、小児科の先生の勧めで5か月から離乳食をあげていました。
時には、母乳だけでお腹がいっぱいになっていたこともあるので、
それも息子の様子を見ながらあげていました。

中には、完母のかたで7か月くらいから離乳食を始めるかたもおられるようです。
離乳食を始める時期も、子供の様子を見ながらその子にあわせて進めていくのが一番だと思います。

離乳食をいつから始めたらいいのかは赤ちゃんの成長次第!

離乳食を取ろうとしている赤ちゃん

「離乳食をいつから始めたらいいのか」というのは、それぞれの赤ちゃん次第だと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんでも、食欲旺盛な場合と食が細い場合があります。

食欲旺盛な赤ちゃんの場合には少し安心できますが、
食が細い場合にはこれで足りているのかなと心配になるママも多いでしょう。

我が家の長男も、母乳はよく飲んでくれていましたが
最初の頃の離乳食は進みが悪くて困りました。

今思い出すと、神経質なほど悩んでいました。

ですが、1か月たったくらいから食欲が出始めて、よく食べてくれるようになりました。

9か月くらいになると、赤ちゃんも離乳食が足りないと貧血になるようなので、
離乳食を5か月から6か月頃から初めて、鉄分を摂れるようにすると良いです。

大人と同じように、赤ちゃんにもいろんなタイプの子がいますから、
成長に合わせて食べる量を確認してあげましょう。

まとめ

今回は、赤ちゃんの離乳食はいつから始めればいいのか、
そして、遅く始めた場合のデメリットなどについて書いてみました。

離乳食については、各家庭により考え方も違うので、それぞれ始める時期も違ってきます。

我が家の場合には5か月から始めました。
これは大変良かったと思います。

赤ちゃんの「食に関する興味」は大変大事なので、よく様子を見極めて、
それぞれの赤ちゃんにあった時期で始めてあげてくださいね。

スポンサーリンク