革製品についたカビの取り方!取れない臭いはこの方法で!

鞄についたカビに驚く女性 掃除・片付け

「これ本革だから…」と大切に保管していたら、クローゼットから出した時、「なんじゃこりゃ~!」と叫んだことはありませんか?

「私が買った黒いカバンがグレーになってる!!」とまではいかなくても、あまり使わずしまい込んでいたために、ところどころに白いカビがついていてショックを受けることがあります。

そこで、万が一革製品にカビが生えてしまったときどうしたらいいのか、対処法を紹介したいと思います。

革製品のカビも臭いもこれでおさらば!

臭いの違うアロマオイル

高かったのに・・・もう処分するしかないのかな・・・
カビを見た途端、捨てようとごみ袋を持ってくるのはまだ早い!!

次の方法で、カビ取りをしてみてください。

 

まずは、カビが生えているところを、しっかりと絞った濡れタオルで拭きましょう。
カビを拭き取るときは、カビを吸い込まないようにマスクをしてくださいね。

カビが綺麗に拭き取れたら、次は天日干しをします。

カビが生えている時は、胞子を弱らせるために、お天気がいい日の10時から14時の間にお日様に当てて乾かしてください。

その後、革用クリームで保湿をすることを忘れないで下さいね。

カビが落ちたら一段落ですが、カビを落として天日干しをしたからといって、カビ臭いにおいが取れないことがあります。

そんな時は、消臭剤を作るのがおすすめです。

アロマオイルと重曹を混ぜて消臭剤を作り、粉がこぼれないように容器に入れます。
消臭剤の入った容器の口はふさがないで、革製品と一緒に袋に入れ、密閉し数日置いてください。

そうすることで臭いが取れます。

消臭剤に使用するアロマオイルは、「ラベンダー」「ユーカリ」「ティーツリー」「レモングラス」「シダーウッド」がおすすめです。

自分の好きな香りを使ってみてくださいね。

また、意外なところでは、お茶の葉もカビの臭い取りに効果があります。
お茶の葉を革製品と一緒に入れておくことで、カビ臭さが取れるようです。

ただし、消臭用のお茶の葉は乾燥してあるものを使ってください。

これだけしてもカビ臭さが取れない!という時は、専門業者を利用するのも一つの方法です。

私も、数年前にいただいたハンドバッグを洗いに出しました。
3,000円弱で綺麗にしてもらえ(業者によって変わります)、カビ臭さも取れたので今も使っています。

自分の時間と労力を考えて、最適な方法を選んでくださいね。

高品質なのに送料無料!皮革専門宅配クリーニングの【リナビス】

革製品のカビを事前に予防する方法

クローゼット

カビを取ってせっかく綺麗にしたのに、同じように収納したらまたカビを生やしてしまいます。
そこで、革製品を収納する際の注意点を5つ紹介します。

①除湿

カビは、湿気が大好きです。
クローゼットに入れていてカビが生えたのならば、クローゼットの中の湿度が高いことを表しています。

そこで、クローゼット内の湿度を下げるために、晴れた日にはクローセットを開けて空気を入れ替えましょう。
日中は家に居ないという人は、除湿剤を利用したり、扇風機を使って人工的に風を循環させるのもいいと思います。

スポンサーリンク

②汚れを落とす

持って歩いただけでも、皮の表面には汚れが付いてしまいます。
収納する前には必ず汚れを落とし、風通しの良い場所で陰干ししてから収納しましょう。

③隙間を開ける

物がぎゅうぎゅうに詰まっていると、空気が循環しません。
そこで、物と物の間は適度に隙間を開けましょう。

また、革同士をくっつけて収納するとお互いが張り付くことがあるので、隙間を開けることは張り付き防止にもなりますよ。

④不織布に入れる

革製品を購入すると、必ず不織布に入れて包んでくれます。
捨てちゃった!という人も安心してください。

不織布は100均にも売っているので、それを使うといいですよ。

⑤新聞紙を活用

物にもよりますが、革のカバンなどは中に乾いた新聞紙を詰めたり、包んで湿度が上がらないようにして保存するのがおすすめです。

新聞紙で包むときは、革製品を必ず乾かしてからにしてください。

また、新聞紙を入れてるから絶対大丈夫ではありません。
時々、新聞紙の交換をしてください。

最後に

革製品のカビや臭いの取り方、予防方法について紹介しました。

梅雨時期には湿度やカビに敏感に対応しても、梅雨を過ぎたら、ついついカビ対策を忘れてしまいます。
暖房器具を使うようになる季節も、寒暖の差から結露によるカビも発生します。

大切なものだからこそ、使って空気を通すことも大切です。

革製品のカビや臭いを取ったら、ちょっとした工夫をして、またカビが生えてしまわないように気をつけて下さいね。

革製品の基本のお手入れについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

革製品のお手入れにおすすめのアイテム!基本の3点と代用品も?
鞄や財布など、おしゃれな革製品はたくさんありますよね。 高級感があってとても素敵ですが、お手入れせずに使い続けていると、残念な姿になってしまいます。 素敵だなと購入したはいいけれど、お手入れの仕方がよくわからないという方もいるのでは...
スポンサーリンク