シチューの美味しい冷凍・解凍方法!タッパーで冷凍したら期限は?

白い器に入ったクリームシチューと木のスプーン 料理

風が冷たくなってきたなあと感じ始めると同時に、テレビではシチューのCMを目にするようになりますよね。

寒くなったら温かいものを食べたくなりますが、なぜがシチューには、家族の温かさや団らんも一緒に煮込んであるように思うのは私だけでしょうか。

昔は、カレーやシチューが残ったらコンロの上にそのままとか、食卓台において一晩寝かせていたように思いますが、数年前からウェルッシュ菌というものの危険についてテレビで放送されるようになったので、カレーやシチューの保存には気をつけているという方も多いかもしれません。

残り物の保存方法と言えば冷凍保存ですが、シチューを冷凍するとあまり美味しくない…と感じたりしていませんか?

シチューを美味しく冷凍するには、実はポイントがあるんです。
今回は、そのポイントについて紹介していきたいと思います。

シチューの冷凍のポイント!容器に入れる時の注意点は?

シチューの具をすくっているとこ

シチューは、お肉やご飯のように、そのままラップに包んだりタッパーに入れただけだと、解凍して食べようと思ったら美味しくありません。

シチューを美味しく冷凍するポイントは、冷凍前にシチューにひと手間かけることです。

まず、ジャガイモは潰し、にんじんは細かく切りましょう。
こうすることで、解凍した時に食感が悪くなりにくいです。

そんなこと言ったって手間がかかるじゃない!
その通りです。

シチュー研究家ならそれでも…となるかもしれませんが、私は主婦です!
簡単に!楽に!ニンジンとじゃかいもを潰すため、マッシャーかフォークを使ってグニュグニュします。

形は一つ一つ綺麗にはなりませんが、潰せます。

もっと簡単なのは、シチューが冷めたら冷凍保存袋に半分ほど入れて、上から押しつぶします。
そんなやり方嫌だという方は、面倒でも一つ一つ切ってください。

シチューの冷凍保存には冷凍保存袋がおすすめですが、一度に大量を使うという事が分かっている場合は、冷めたシチューをタッパーで保存しても大丈夫です。

私は、なんでも冷凍庫に詰め込むことがあるので、タッパーのふたが外れてシチュー表面に霜がつかないよう、タッパーを使って冷凍保存するときには、タッパーごと冷凍用保存袋に入れて冷凍庫に入れています。

こうすることで、万が一ふたが外れても被害が少なくて済みますよ。
この時のシチューですが、必ず冷めたものを保存容器や保存袋に入れてくださいね。

シチューを冷凍したら期限はどれくらい?

冷凍庫

「冷蔵庫は魔法の箱ではありませんよ!冷蔵庫に入れたものだってカビるんです。」というのが常識になり、冷蔵庫に入れているから大丈夫と思う人は少なくなったとは思いますが、冷凍庫はどうでしょう?

「これっていつのだったかな?」という食品が眠っていませんか?
冷凍庫に保存したシチューを安心して食べられる期限は、「約1か月」です。

「そんなに長く大丈夫なんだ、安心ね。」と思わないで下さい。

賞味期限が短ければ気をつけて食べようと思いますが、下手に長いと忘れてしまうことだってあります。
1か月の賞味期限があるからといって安心せずに、出来るだけ早く食べてください。

スポンサーリンク

そして食べる時ですが、キッチンに置きっぱなして自然解凍!!というワイルドな方法は止めてください。
せっかく菌が繁殖しないように保存したのに、解凍の最中に腐らせたら元も子もありません。

シチューの解凍は冷蔵庫の中でゆっくりするか、レンジで解凍してください。

解凍したシチューをそのまま温めて食べても美味しく食べられますが、チキンピラフを作った上にかけてドリアにしたり、マカロニを混ぜて簡単グラタンにしても美味しいですよ。

最後に

最近、食品ロスの問題が取り上げられることが多くなりました。

食べきれる量を毎回作るのが理想ですが、大量に作ってしまったり、食べられると思ったけれどそこまで食欲がないという事もあるでしょう。

そんな時には上手に冷凍して、忙しい時に食べられるようストックしておくのも賢い方法だと思います。

シチューの冷凍・解凍方法はカレーライスでも使えますので、試してみて下さい。

スポンサーリンク