愛媛のお土産はみかんゼリー!もらって嬉しい人気の商品はコレ!

たくさんのみかん レジャー・イベント

子供の頃はみかんといえば冬の果物でしたが、最近は9月末から沢山店頭に並ぶ
早生といわれるみかんやハウスみかんなど、みかんは年中楽しめるようになりました。

近畿圏に住んでいると、みかんといえば和歌山の有田というイメージですが、
中国地方に住んでいた時は、「愛媛みかん」と箱に印刷されたみかんを沢山食べていました。

みかんの産地ではその土地の特産物として、ジュースやゼリーが作られることがあります。

知ってる~どこも大して変わらない味よね~と思ったあなた!!
愛媛のみかん加工品は一味違いますよ。

そこで最近、「愛媛に行ったらお土産に買って帰りたい!」と注目を浴びている商品を2つ紹介します。

愛媛の「ふうせんみかんゼリー」割る瞬間がたまらない!

近畿や中国地方からも足を運びやすい温泉の一つに、愛媛の道後温泉があります。

旅行に行くと決まったら、「今週末ちょっと温泉に行ってくるから」と誰かに報告したくなるのはなぜでしょう?

私の母も、黙って行ってくればいいものを、「ちょっと○○へ旅行に行くね~。」と報告し、
お土産にはどこに行ってもこれよね~と、期待を裏切ることなく温泉まんじゅうを買ってきます。

当たりはずれが無いということでは優秀なお土産ですが、毎回となると、
他に商品はないのかい?と突っ込みを入れたくもなります。

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、愛媛には「ふうせんみかんゼリー」なるものが売られています。

名前の通り、ふうせんの中に、愛媛みかんを絞って凝縮した果汁を使ったゼリーが入っていて、食べるときには、楊枝などでふうせんを突き差して破り、中から出てきた丸いゼリーを食べるようになっています。

ふうせんの先に尖ったものは近づけてはいけない!という常識からかけ離れた行為をすることのワクワク感。
出てくるゼリーの丸い形。

「ふうせんゼリー」はアイシス株式会社が製造していて、製造から常温で20日が賞味期限になっています。

愛媛のみかんゼリー「ちゅうちゅうゼリー」は果実そのもの?

ゼリーを飲むなんて!

一昔前は想像だに出来ませんでしたが、今ではあらゆる会社から、
いろいろな目的がある飲むゼリーが販売されています。

愛媛みかんで作られた「ちゅうちゅうゼリー」も、ちゅうちゅうと飲む愛媛県産柑橘類のゼリーで、
飲んだ人はまた飲みたくなるというほどの商品。

温州みかん・清美・はるみ・ネーブル…と、季節によって作られる内容が変わり、完全果汁で作ったゼリーなので、あのとき飲んだ味のゼリーが美味しかったなあという思い出も味わうことが出来ますが、同じ味に二度と出会えないという楽しさもあります。

また、保存料・香料を一切使っていないので、安心して子供と一緒に飲むことが出来ます。

スポンサーリンク

「ちゅうちゅうゼリーは」、道後周辺のホテルの売店や道の駅などでも販売があるので手に入りやすく、県内外のイベントにも出展されることが多いので、もしかしたら愛媛まで行かなくても手に入るかもしれませんよ。

「ちゅうちゅうみかんゼリー」は、田那部青果が製造していて、賞味期限は製造日より3ヶ月で、常温保存が出来ます。

 

愛媛のお土産として紹介してきましたが、「ふうせんみかんゼリー」も「ちゅうちゅうゼリー」も、
通信販売でも購入することが出来ます。

店舗では、ご当地限定パッケージの「ちゅうちゅうゼリー」もあるようなので、
愛媛県に行かれた際には是非探して見て下さい。

「ちゅうちゅうゼリー」は毎月届く頒布会もあり、
その時でないと手に入らない柑橘類で作るゼリーが手に入ることもあるようですよ。

頒布会の詳細はこちら>>田那部青果ホームページ

まとめ

いかがでしたか?

お土産は気にしないでねといわれても、手ぶらじゃね~と悩むのも事実。
旅行に行く前に、ちょっとしたお土産情報があれば迷うことなく買え、これはね…とうんちくの一つも話せます。

旅を通して楽しい会話の橋渡しが出来るお土産に、ぜひ愛媛みかんで作られたゼリーを候補にしてくださいね。

スポンサーリンク