赤ちゃんをお風呂に一人で入れる実際にやった方法や便利グッズは!?

タオルを握っている赤ちゃん 子育て

初めての育児で大変なことのひとつが、毎日の赤ちゃんのお風呂ですよね。

ベビーバスを卒業して、赤ちゃんと一緒にお風呂に入れるようになったら少しは楽かと思いきや、
それはそれで、大変な場合もあります。

家族と協力して赤ちゃんをお風呂に入れることができたらいいのですが、準備からお風呂上りのお世話まで、
全て一人でしないといけないとなると、どうしよう…と不安になるママもいるのではないでしょうか。

私も、子供たちがまだ赤ちゃんの時には、何度も一人でお風呂に入れましたが、
どうしたらスムーズかな?とか、自分の身体を洗うのはどうするの?とか、どんなグッズが便利なのかな?
などと、いろいろ試行錯誤したものです。

そこで今回は、これから一人で赤ちゃんをお風呂に入れるママの参考になるように、私がやっていた方法や、
実際に購入した便利グッズなどについてお話したいと思います。

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる入れ方は?

タオルの上の笑顔の赤ちゃん

赤ちゃんをお風呂に一人で入れるには、事前に出来ることはしておきましょう。

まずは、冬場なら部屋をあたたかくしておきます。
せっかくお風呂に入っても、部屋が寒いと湯冷めしてしまいます。

私の場合は、部屋をあたためておくことはもちろん、
お風呂の脱衣所も小さい電気ストーブであたたかくしていました。

この時注意したことは、コンセント付近やコードが濡れたり、何かに挟まったりしないようにすることと、
ストーブのあたたかい風が出るところから物を遠ざけておくようにしていました。

そうしないと危ないかどうかは実際の所わかりませんが、念のため気をつけるようにしていました。

そして、お風呂に入る前に赤ちゃんの着替えをセットしておきましょう。
これは、ベビーバスでお風呂に入れるときと同じで大丈夫です。

座布団などにバスタオルを引いて、着替えとおむつを広げておきましょう。
この時、ボディークリームなどの赤ちゃんのケア用品もすぐ近くに置いておくのがいいですよ。

お風呂の中で、あまりゆっくり自分のことはできないと思うので、
メイクをしているときは、できれば事前に落としておいた方がいいですよ。

赤ちゃんとお風呂に一緒に入る最初の頃は、ベビーバスの時と同じように、
赤ちゃんの身体にタオルをかけてお風呂の中に入ると、赤ちゃんも安心します。

部屋で赤ちゃんと一緒に裸になってお風呂に直行すると、ママのかけ湯ができなくなります。

なので、私は脱衣所の床をきれいにし、厚めのバスタオルを2枚ほど敷いて、そこで赤ちゃんの衣類を脱がせ、
タオルを赤ちゃんの身体にそっとかけておきました。

そして、お風呂場のドアを開けたままサッと自分の身体をシャワーで流し、
そのあと赤ちゃんを抱っこして、お湯でそっと流して湯船に入っていました。

脱衣所で待たせている間に、赤ちゃんがおしっこをしてしまうこともあるかもしれないので、
オムツだけつけた状態でもいいかもしれませんね。

もしくは、脱衣所で服を着たままの状態で赤ちゃんに待ってもらい、
先に自分の髪の毛や身体をサッと洗ってしまい、それから赤ちゃんの衣類を脱がせるという手もあります。

湯船に浸かると、初めはびっくりして緊張する赤ちゃんもいますが、そのときは、ガーゼタオルを握らせてあげたり、ママの手の平を胸の上にあててあげると、落ち着いてきてリラックスしてきますよ。

湯船に浸かるときは、首をしっかりと支えて、赤ちゃんのおしりに片方の手を添えてあげるか、ママの膝を立てて、太ももに身体を乗せてあげると安定しやすいです。

湯船に一緒に浸かって少し経ったら、次に、赤ちゃんの体を洗ってあげましょう。

湯船から洗い場に移るときに、滑らないように気をつけて下さいね。
赤ちゃんを抱っこしていると、いつもより移りにくいです。

イスやバスマットに座り、赤ちゃんの首をしっかり支えて、身体はママの太ももの上にのせます。
首を支えたまま、片方の手で石鹸をとり、髪の毛や身体を洗ってあげましょう。

首や手首のくびれなど、汚れが出やすいところは丁寧に洗ってあげてください。
つるつると赤ちゃんの身体が滑りやすくなるので、背中は最後のほうに洗うのがいいですよ。

洗い終わったら、ゆる~いシャワーで石鹸を流します。
事前に、シャワーは座ったまま手の届くところに置いておきましょう。

最後に、少し湯船に入り体をあたためます。

お風呂からあがったら赤ちゃんをバスタオルでくるみ、
さっき赤ちゃんを待たせていた場所でまた少し待ってもらいます。

赤ちゃんを抱っこしたままま自分の身体を拭くなんて、かなり雑にしかできません。

ちょっとだけ待っておいてもらっている間に、ママも体を拭きます。
この時に、サッと着ることができるバスローブや、頭にかぶることのできるタオルがあると便利です。

スポンサーリンク

それから赤ちゃんと一緒に部屋に移動して、お風呂上がりのケアや着替え、水分補給をしてあげて下さい。

脱衣所で赤ちゃんに待ってもらう時は、
電気ストーブなどの温風が赤ちゃんに直接あたらないように注意してくださいね。

赤ちゃんをお風呂に一人で入られない?おすすめグッズを駆使しよう!

ベビーバスチェアに座る赤ちゃん

一人で赤ちゃんをお風呂に入れる流れを紹介しましたが、何か便利なものはないものかと考えるママさんもいますよね。

そこで、私が実際に使ってみたものを紹介します。

泡ボディーソープ

まずは、石鹸からです。
ボディーソープでも石鹸でも、泡立てる時間が惜しいですよね。

赤ちゃんの首を支えたまま、片手で石鹸を泡立てるのは至難の業、というか無理です。
ということで、泡で出てくるボディーソープは片手で使うなら必須です。

ベビーバスマット・ベビーチェア

抱っこしながら洗うのはすべりやすいし不安というママには、ベビーバスマットやベビーチェアがおすすめです。
先に、バスマットやチェアにお湯をかけて温めておくと、赤ちゃんもひやっとしないですよ。

ただ、スポンジでできたバスマットはカビが生えやすいので注意が必要です。

寝かせておけるタイプのベビーチェアは、私も何度か使いました。

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる時に一番困るのが、ママが身体や髪を洗うのが難しいことです。

ベビーチェアはバスマットと違い、洗い場の床から少し高さがあるので、
横でササッと自分の身体を洗うことができるのが助かります。

そして、ベビーバスマットもベビーチェアも、なんといっても両手が使えるというとこがいい所です。
ずっと抱っこしたままじゃなくていいので、ママも少しリラックスできるかもしれませんよ。

最後に

私が実際に、赤ちゃんを一人でお風呂に入れていた時の方法をまとめてみました。

慣れるまでは大変ですし、バタバタしてママもリラックスしてお風呂に入れないかもしれませんが、
赤ちゃんの成長はあっという間です。

便利グッズなどを駆使して、赤ちゃんとのお風呂タイムを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク