赤ちゃんが快適に過ごせる暖房の設定温度は?気をつけたい注意点も!

子育て

出産直後、赤ちゃんと病院にいる間は、空調やお世話に何の心配もありませんが、
いったん退院すると全てが親の仕事。

室温はどうかしら?服はこれで大丈夫?と、いろんなことが心配になります。

特に冬場は、風邪やインフルエンザ。
いくら気をつけたって心配にきりがありません。

そこで、今年初めての冬を赤ちゃんと一緒に迎えようとしているあなたに、
赤ちゃんが快適に過ごせる暖房の設定の仕方や注意点、おすすめの暖房器具などを紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんが寝るときは暖房をつけっぱなし!?

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんが快適に過ごせる冬場の室内温度は、室温20度~23度、湿度60%といわれています。
この状態を観察するには、ベッドの近くに室温計を置き、室温と湿度を測るとよく分かります。

では、室内温度を適温に保つにはどうしたらいいのかというと、
暖房器具をつけっぱなしにしておいたらいいのです。

電気ストーブや石油ストーブは、換気や火事の心配があるのでつけっぱなしはおすすめ出来ませんが、
エアコンはその心配が少なく、一定の温度で室温を保ってくれます。

また、夜中におむつを替えたりミルクをあげるときも、「寒~い!!」とママが叫ぶことなく出来るので、
ストレスも半減しますよ。

では、エアコンをかけるときの注意点をあげておきますね。

①赤ちゃんの布団やパジャマに注意

室温がある程度あるのに、布団やパジャマを必要以上にぶ厚いものにすると、
汗をかいてあせもが出たり風邪をひく原因になります。

②湿度に気をつける

エアコンをかけたら、どうしても湿度が下がります。
加湿器なんかないし…という方は、部屋の中に濡れたタオルを干して加湿してもいいですよ。

今は、電気いらずで加湿できる紙の加湿器もあるので試してみて下さい。

③赤ちゃんの様子を観察

こればかりは、いつも一緒の人しか分からないんです。

「寝付かない」とか「ベッドに入れたらすぐ泣く」、「顔が赤いけれど熱はない」といった様子の時は、
暑すぎないか?寒くないか?と、室温や衣服の調節をしてくださいね。

また、エアコンは直接赤ちゃんに当たらないよう設定してください。
朝起きたら赤ちゃんがカッサカサで、泣き声がガラガラ…という悲劇になってしまいますよ。

赤ちゃんに安心な暖房器具のおすすめは?

暖房器具につかまる赤ちゃん

「エアコンも良いけれど、赤ちゃんの体に優しい暖房器具は無いの?」
「エアコン以外の暖房器具にはどんなのがあるの?」
と気になる方もおられるでしょう。

赤ちゃんは、5ヶ月もすれば寝返りするんです。
早ければ、3ヶ月で寝返りしていたという話も聞きます。

そして、6ヶ月を過ぎたらハイハイをはじめ、1年が来る頃には歩きます…。
こういったことも考えて、赤ちゃんがケガや火傷をしないように、最適な暖房器具を選ばないといけません。

我が家の話で恐縮ですが、「熱いと分からないと余計に危険だ!!」という体得主義の旦那のお陰で、
石油ストーブを利用し子育てをしましたが、正直生きた心地がしませんでした。

そこで、皆さんにはおだやかに育児をしてもらいたい!
ということでお勧めの暖房器具を紹介します。

遠赤外線電気パネルヒーター

遠赤外線のパネルヒーターは暖まります。
ファンヒーターの様に温風は広がらないのですが、近くで暖まりたいときはもってこいの暖房器具です。

このタイプのものはパネルが中に入っているものも多く、
赤ちゃんが触ってもヒーターには手が届かないので安心です。

スポンサーリンク

オイルヒーター(オイルレス)

オイルヒーターは、エアコンやファンヒーターのように、急激に部屋が暖かくなることはありません。
ですが、温風を出さないので乾燥することはありません。

また、最近ではオイルヒーターの進化版で、オイルのないスマートヒーターというのもあるようです。

スマートヒーターはオイルヒーターよりも早く暖まり、最新式のものだと設定温度や操作パターンを学習し、
使う人が快適に過ごせるよう室温調節をしてくれるようです。

これらの暖房器具は空気を汚すことがなく、アレルギーを持っているお子さんも安心して使えます。

暖房器具を購入するときは、転倒時に電源が切れるようになっているものや、
ボタンにチャイルドロックがかかるものもあるので、
それらがついている方が、赤ちゃんが歩くようになっても安心して使えますよ。。

また、どうしても電気ストーブや石油ストーブを使いたい!!というご家庭もあるでしょう。
そういった場合は、ストーブを囲うガードもあります。(我が家は買ってもらえませんでしたが…)

安全を第一に考えて、ご家庭に最適な暖房器具を選んでくださいね。

まとめ

参考にしていただけましたか?
暑すぎても寒すぎても、赤ちゃんには苦行になります。

赤ちゃんに最適で、親にとっても穏やかに生活できる室内温度、暖房器具を探してみて下さいね。

とはいえ、育児にあまり力を入れ過ぎたらどっと疲れが出てしまいます。
無理せず、笑顔で子育てが出来るといいですね。

スポンサーリンク