結婚の両家顔合わせ!手土産を渡すときのマナーやタイミングは?

風呂敷に包んだ手土産と縁と書いた紙 生活・マナー

結婚することが決まって、初めて行うものが両家の顔合わせではないでしょうか。

恋人同士のときは、本人たちがよかったらそれでいいことでも、
結婚することになったらそれだけではいきません。

第一印象は、何事においても、そのあとのお付き合いに大きく影響を与えます。
相手の両親や家族にいい印象を持ってもらい、これから始まる長いお付き合いをいいものにしたいですよね。

今回は、意外と気を遣う顔合わせの手土産についてお話していきたいと思います。

手土産は必ず必要?持って行くなら予算はいくらぐらいの物?

和菓子の詰め合わせ

まず、手土産を持っていくのがいいのか、持っていかないほうがいいのかも、悩むところです。
ここは、当人たちがうまく調整することが大切です。

どちらか片方の両親だけが手土産を持ってきて、もう片方の両親は持ってきていない…
などといったことにはならないようにしましょう。

持って行くならお互いが準備できるように、結婚する本人たちが両親に話をつけておくのがいいですよ。

予算についても、両家で予め同じぐらいにしておくほうがいいです。
手土産の予算は、3,000円から5,000円ぐらいで用意するのが一般的です。

家族の好みをあらかじめ伝えておいて、相手の家族の好みのものを用意しておくようにすることも大切です。
実家が離れている場合などは、地元のお土産を持参すると、話のタネになってより和むはずです。

顔合わせの手土産にのしや名前は必要?

寿と書いた結び切りののし

最近では、顔合わせの際の手土産にのしをつけないことも多くなってきていますが、
のしを付ける場合には、いろいろ注意しておいたほうがいい点があります。

のしに印刷されている水引きですが、大きく分けて2種類があります。

ひとつはちょうちょ結びになっているもの、
もうひとつは、水引きの端がピンと上向きになっているものとがあります。

ピンと上向きになっているものを、結びきりといいます。
結婚の承諾を得られていて顔合わせをする場合の手土産は、この結びきりを使うようにしましょう。

結びきりには5本と10本のものがありますが、
結婚式関連の手土産を用意するときには、紅白10本ののしを使うとよいでしょう。

ちなみに、5本はお見舞いや快気祝いなどで使います。
また、ちょうちょ結びは、一般的な手土産や季節の贈り物のときに使いますよ。

お店で品物を購入する時に、結婚式の顔合わせの手土産だと伝えるとちゃんと整えてくれると思いますので、
わからない場合はお店で尋ねるのがいいかもしれませんね。

水引きの上に書く文字も悩みますよね。

のし上には、「寿」か「ご挨拶」と書くのが一般的です。
のし下に書く名前は、苗字だけにしておくのがいいでしょう。

他にも気になるのが、手土産をどのようにして持っていくかですよね。
風呂敷に包んだほうがいいのか、紙袋でもいいのか・・・・。

最近では、風呂敷を使うことが減ってきているので、
紙袋で持っていってもマナー違反にはあたらないとされています。

ただ、より丁寧にしたいという場合は、風呂敷を使うのがおすすめです。

顔合わせの手土産は新郎新婦から?両親から?渡すタイミングは?

風呂敷に包んだ手土産

しっかり手土産も準備したら、次に、誰がどのタイミングで渡すのがいいのかについてです。
このタイミングで!と必ず決まっているわけではありませんが、できればスマートに渡したいものです。

顔合わせの進行は、新郎の父または新郎が行うことが一般的になっています。
まず挨拶から始まって、そのあと家族の紹介があります。

スポンサーリンク

この紹介が終わってから、手土産を渡すのがおすすめです。
手土産を渡すのは、父親から父親へが一般的とされています。
できればその時に、手土産をなぜこれにしたのかを軽くお話しできるとより好印象です。

たとえば、地元でとても美味しいと言われているものだとか、お母様がお好きだと伺ったので…
など、手土産のエピソードが話せると、その後の食事でも話が和みますよね。

手土産を渡すタイミングで気を付けたいのは、部屋に入ってすぐには渡さないということです。

顔合わせで、もしも相手のお家に招待された場合も、
玄関先で渡さず、部屋に入ってひと呼吸置くようにしましょう。

この時に、強引な感じを出さずに、相手がひと呼吸おいて落ち着いたタイミングで渡せるとスムーズです。

顔合わせの後はお礼状を書いて好感度アップ!

封筒と便箋

無事に両家の顔合わせを終えたら、数日中に相手のご両親にお礼のお手紙を書きましょう。
(女性から男性のご両親に、男性から女性のご両親に)

お礼状を出すのは遅くなると失礼になるので、できるだけ早く、1週間以内には送るようにしましょう。

お礼のお手紙は必ず書かないといけないという決まりはありませんが、
遠方から来ていただくこともあるかと思います。

感謝の気持ちを伝えることで、相手のご両親に好印象をもってもらえることでしょう。

まとめ

結婚の、両家の顔合わせについてお話しました。

結婚する本人たちはもちろん、お互いの両親もドキドキの場になるでしょうが、
顔合わせが和やかな楽しい場になり、今後の両家の関係がいいものになるといいですね。

スポンサーリンク