忘年会の準備を!ビンゴ大会の景品で人気のアイテムランキング!

ビンゴ大会のカード 季節の行事

街を歩くと、忘年会予約受付の看板を目にする季節になってきましたね。

忘年会といえば、会場や料理が注目をされるのはもちろんのこと、
いつのころからか「ビンゴ大会」が流行りだしました。

今では、ビンゴ大会は欠かせない出し物なのか、お店でビンゴゲームの景品にいかがですか?
というポップを見ることもあります。

会社の忘年会で、今年もビンゴ大会をするという方も多いのではないでしょうか?

そこで、ビンゴ大会の景品を、今年は何にしようかと頭を抱えている幹事さんにも見ていただきたい!
ビンゴ大会でもらって嬉しい商品を紹介したいと思います。

会社の忘年会で盛り上がる!貰ってうれしい景品ランキング!

牛肉

「こんなの当たったよ」
「何これ…使えないんだけど(ゴミ箱へGo)」

というような景品を貰ったことはありませんか?

商店街の福引、地域でのビンゴ大会…
催し物の景品によってワクワク感が違いますよね。

そこで、どんな商品が人気なのか、人気商品を5位までランキングにしました。

第5位:お米券

日本人にはお米!!という時代は過ぎましたが、
それでも、お米を全く食べない日本人はたぶんいないのではないでしょうか?

ですので、お米券があると重宝します。
お米を5Kg貰っても持って帰るのに苦労しますが、お米券だと持ち帰るのにも困りません。

おまけに全国どこでも使えるので、自分がもし使わなければ誰かに使ってもらうことも出来るので、
無駄になることがないでしょう。

第4位:空気清浄機

花粉にPM2.5と、年がら年中何かが飛んでいます。
そこで、空気清浄機も喜ばれます。

空気清浄機は大きなものしかないように思われますが、コンパクトに持ち帰れ、
価格帯もお得なものが出ています。

予算に応じて選んでみて下さい。

第3位…コンパクトゲーム

そんなの若い人だけでしょ!!と思われがちですが、孫が欲しがっていたとか、
子供と一緒に対戦したい!という方もおられます。

値段が下がってきたとはいえ、自分で買うには少々高めの商品です。
手先を動かすことは脳の活性化にもなりますし、脳活ソフトも沢山出ていますよ。

第2位:ギフトカード

Amazon、LINE、楽天など、最近は沢山のギフトカードが出ています。
年齢の差が大きく、性別にも偏りがあるときは景品選びに苦労します。

自分で景品が選べるのは、幹事さんにとっても手間がかからず大助かりです。

第1位:食品

特に、有名ブランドの牛肉は人気です。
ただ「日持ちがしない」「保冷が必要」というのが問題点。

そこで、引換券をお店に持って行ったらお肉と交換してくれるように準備するか、
業者から直送で届くようにしたら助かりますよ。

費用も重要!忘年会の景品で人気かつ安いアイテムは?

お菓子

ビンゴ大会をする時、景品の予算はいくらでもあるよという場合を除き、
幹事さんは、予算と景品価格のにらめっこで忙しくなることでしょう。

そこで、100円から3,000円までの商品で、人気のある景品を紹介します。

100円以内

・ブラックサンダー
・うまい棒
・インスタントスープ など

参加者みんなに何か景品を…という場合は、100円以下の商品は特に大切です。
ポケットに入ったり、その場で食べてもいいような商品を選ぶものいいと思いますよ。

スポンサーリンク

好き嫌いもありますので、あまり独特の香りや味ではない方が喜ばれます。

100~1,000円

・宝くじ
・非常食
・洗剤
・イラスト付きトイレットペーパー
・図書カード  など

最近は自然災害の影響からか、非常食を景品にするグループも多いようです。

非常食にもおいしいものが沢山出ているので、よく知っている人に聞いてみたり、
自分で食べてから景品にするといいですよ。

1,000円~3,000円

・大きなお菓子
・商品券
・タンブラー
・サーモス水筒
・Tシャツ(イラストや文字入り)など

年末になると、赤ら顔をしたお父さんが、大きなお菓子のセットを抱えて歩く姿を目にすることがあります。
インパクトがあって、持っても重くないものを景品に選ぶと、帰りの荷物にもならずに喜ばれますよ。

まとめ

参考になりましたか?
年の終わりのイベントが楽しくなるよう、準備される幹事さんは大変だと思います。

「自分達が何とか盛り上げないと!」と頑張るのも大事ですが、
幹事さん自身が楽しまないとせっかくの忘年会が台無しです。

幹事をされる皆さんが笑顔で過ごせる時間の手助けになったらいいなあと思っています。

スポンサーリンク