幼稚園のバザーで人気の手作りアイテムを紹介!売れ筋はなに!?

フェルトで作ったお弁当 子育て

「バザーを開催します。ご家庭での不用品を寄付してください。」
こういうお願いなら良いのです。

しかし!保育園や幼稚園によっては、手作り品をバザーに出品するところもあるようです。
その場合、どんなものを出品しようか悩んでしまいますよね。

「バザーに出品しても売れなかったら」とか、「私、手芸は得意じゃない」という人のために、
バザーで人気のある手作り品は何か、手作りの定番商品や売れ筋商品、バザーで人気の食べ物を紹介します。

バザーで人気がある手作り品は?定番や売れ筋の物

手作りのヘアゴム

幼稚園や保育園でのバザーで売れる商品は、

・園指定の手作り用品

・髪ゴム・マスク

・季節商品(ハロウィン・クリスマス)

・フェルト雑貨

などが人気です。

いまだに「手作り=母の愛」と思っている幼稚園の先生方も多いようで、
入園準備に、園指定のサイズで通園バックや体操バックを手作りするように強制されることがあります。

私自身、子供のためにとせっせと作り、友人からも頼まれ作りましたが、
家庭にミシンがないとか、作りたくない、時間がないなど、
様々な理由で、手作りということに息苦しくなっている人が多いことにビックリしました。

そこで、手芸が得意な人におすすめしたいのが、園指定のサイズで必要なカバンなどを作ることです。

次の年に園に入園するお子さんや、
今、幼稚園や保育園で使っているバックを作り替えようと思っているお母さんに喜ばれる商品になります。

また、作りたくてもミシンがないんです!!という方必見。

ヘアアクセサリーは、100均に売っているクルミボタンを作るキットと、ヘアゴムを使って簡単に出来ます。

可愛い端切れでクルミボタンを作り、ボタン穴にヘアゴムを通したら、
あっという間にヘアアクセサリーが出来るので、ミシンが無くても大丈夫ですよ。

マスクも最初から手作りすることも出来ますが、白い市販のマスクを買ってきて、
正面に、アイロンでくっつくアップリケをつけたら可愛いマスクになります。

このときの注意点ですが、アップリケは刺繍タイプのものを使うのがお勧めです。

シート式のアップリケもありますが、このタイプは、直接アイロンをかけるとアップリケが溶けるものもあり、
洗濯した後アイロンをかけて使いたいお母さんには不評です。

季節商品をバザーに出す時は、バザーの後にシーズンがやって来るものが、よく売れる条件になります。
季節商品の場合、飾る期間がたっぷりある方が売れやすくなりますよ。

他には、フェルト商品は、小さいお子さんを持つお母さん方に人気があります。

口に入れても大丈夫なように、ビーズなどの細かいものをつけず、刺繍糸で縫い付けるか、
今流行りの手芸用ボンドでしっかり接着してから販売するようにしてくださいね。

簡単で人気!バザーの手作り品で売れ筋の食べ物は?

紙に包んだポップコーン

バザーに行くと手作りの作品はもちろんですが、食べ物にもついつい手が伸びます。
買う方はのんきな事を言ってられますが、作って売る方は大変なんですよね…。

食中毒に注意したり、事前に保健所に申請したり…

しかし、それより前に気をつけておきたいことは、バザーで食べ物を売ると決まった場合、
バザー会場で火を使ってもいいのかダメなのかの確認です。

スポンサーリンク

火を使ってもいいのなら、

・フランクフルト

・ポテトフライ

・焼きそば

・ポップコーン

などが作りやすく、少人数でも作業をしやすいと思います。
屋内の調理室で調理して運ぶ場合も、出来上がった食品を容器に入れた状態で持ち運べるので便利ですよ。

売り場も調理場も使えない場合は、

・かき氷(季節が限られますが…)

・おむすび

・たこせん

が人気です。

バザーがお昼をまたぐときは、おむすびが大人の方によく売れます。
たこせんは、子供に大人気です。

たこせんやポップコーンは子供も喜びますが、単価も低く収益が上がるので、
出展するほうもホクホクになりますよ。

まとめ

参考になったでしょうか?

手作り品を販売するのも、食べ物を販売するのも準備が大変ですが、
子供の頃にかえって、お店やさんごっこを楽しんでくださいね。

きっと子供と一緒に楽しい思い出になりますよ。

スポンサーリンク