団体で楽しめる!子供会で行く旅行のおすすめスポットを紹介!!

観光バス レジャー・イベント

気候が良くなると、お子さんがおられる家庭では、どこかに旅行に行こうかとか、
ちょっと公園で遊ぶのいいんじゃない?と、お出かけの予定を立てられることも多いと思います。

家族だけなら急な変更や中止もありですが、団体で動くとなると入念な準備が必要になり、
役員の方は大変と聞きます。

特に、子供会の集まりとなると、例年通りというのが一番やりやすいのですが、
毎年参加している子供たちは「またここ~」と、大人がイラッとくる言葉をいいます(確実に)。

そこで、子供会の旅行で楽しめる場所はどんな所なのかや、おすすめの場所を紹介したいと思います。

定番から話題のスポットも?子供会で行く旅行のおすすめプラン!

子供会は、学校の学年単位と違い年齢の幅が広く、幼稚園の子供が楽しめる場所を行き先に選ぶと、
小学校高学年の子供には物足りなさを感じるので、決めるときには注意が必要です。

そして、たくさんの人数で行動するため、行動範囲が広すぎると集合時間に集まれなかったり、
迷子になったりと、別の心配が出てくるので、ある程度狭い範囲で行動が出来る場所が良いと思います。

幼稚園や小学校低学年のお子さんが多い子供会の場合、
小さな兄弟姉妹を一緒に連れて来られる家庭もあると思うので、
坂道や階段の少ない場所、授乳室やおむつ交換のスペースが用意されているところを選ぶと喜ばれます。

では、人気のスポットをみていきましょう。

~人気のスポット~

動物園・水族館

水族館のペンギン

動物園といえば動物の臭いが…といわれていましたが、
今は、動物園も臭いが気にならずきれいな場所が増えました。

ただ、小学校でも校外学習で行くことがあるので、お子さんに聞いてみて、
出来るだけ行ったことのない水族館や動物園を選ぶといいと思います。

しかし、水族館や動物園は見ることがメインなので、
小学校高学年の子供が多いと退屈で楽しめないかもしれません。

味覚狩り

梨狩りをしている子供達

春はいちご、夏は桃、秋は梨・ブドウ・栗・・・と、味覚狩りに行くのも楽しいです。

最近の子供は、魚が切り身で泳いでいると思っているといわれるくらい、
自然の姿を知らない子達もいるようです。

普段口にする食べ物がどのような状態でなっているのか、収穫する大変さと喜びを感じるのも楽しいです。

味覚狩りの場合、前もって予約がいることと、場所によっては人数制限があったり、
思ったように作物が実らなかったとか、熟していないので開催されないということもあるので、
予定の変更が全くきかない時はむいていないかもしれません。

工場見学

うなぎパイの作り物

お菓子工場、飲料メーカーの工場、自動車工場など、ここ数年工場見学が人気です。

保護者の方は、子供を工場まで連れていきさえすれば役目完了。
後は、工場のお兄さんお姉さんが案内から説明までをしてくださるので、一緒に楽しむことが出来ます。

また、工場見学によっては、お土産がいただけるところもあります。
工場見学は、見学料が無料の場合が多いです。

数か月前からの予約が必要なことが大半ですが、天候に左右されることなく見学できるのでお勧めです。

美術館・博物館

恐竜の化石

美術館や博物館は、静かに移動しなければいけませんが、
その時に有名な絵や作品が展示されていて勉強にはなります。

ただ、好きではない子には楽しくない1日になるので、
子供の興味がよくわかっている場合でなければ、道中のバスは暗い雰囲気になりますよ。

どの場所を選ぶにしても、子供が何を好きなのか知る必要があります。
時間に余裕がある場合は、事前にアンケートを取って好きなものを知っておくのもいいと思います。

アンケートが無理だという時は、自分のお子さんに最近の流行りを聞き、何処に行くか考えてもいいと思います。
ただし、お子さんと行く場所を考えてはダメですよ、

お子さんが行きたい場所ではないところに決まったら、「行きたかったところと違う!!」と叫ばれます…

子供会の旅行でお勧めしたいスポット!関西ならここ!

子供会の構成年齢にもよりますが、今回は、子供会に所属する年齢を、幼稚園から小学校までと設定して、
関西エリアでの子供会旅行プランをお伝えします。

 

【兵庫県】神戸どうぶつ王国

ハシビロコウ

旧花鳥園といわれていた場所にある、動物たちがとても近くに感じられる施設です。

頭の上を鳥が飛んだり、動かないと有名なハシビロコウ(一羽は繁殖のため移動中)が、
なぜかしらキョロキョロしていたりと、(獲物を狙っている時だけじっとするようです)
神戸どうぶつ王国は季節によっていろいろな催しがあるので、何度行っても新しい気持ちで楽しめます。

スポンサーリンク

家で動物を飼うのは…と思っていらっしゃる家庭でも、ここに来ればハムスターやウサギと触れ合ったり、
猫や犬を抱っこできるコーナー、小型インコやオウムに餌をあげることが出来る施設(別料金)もあります。

子供会の人数が15人を超える場合、団体プラン料金がつかえ、通常よりお得に入場できます。

また、神戸どうぶつ王国では、追加料金を払うと、バイキングセット(ドリンクバー付き)、
お弁当セットやカレーライス・ハヤシライスのセットがあり、出掛ける前のお弁当作りから解放されます。

<入園料>

大人…1,500円

シルバー(満65歳以上)…1,050円

中高生…1,000円

小学生…800円

幼児(4歳5歳)…200円

<入園料&バイキングセット>

大人…2,800円

シルバー(満65歳以上)…2,500円

中高生…2,350円

小学生…1,650円

幼児(4歳5歳)…800円

<入園料&お弁当セット>

大人…2,450円

シルバー(満65歳以上)…2,150円

中高生…2,050円

小学生…1,850円

幼児(4歳5歳)…1,300円

<入園料&カレー・ハヤシライスセット>

大人…2,030円

シルバー(満65歳以上)…1,630円

中高生…1,530円

小学生…1,330円

幼児(4歳5歳)…830円

 

2019年10月1日からの消費税改正により、料金が変わっている可能性がありますので、
行かれるときには調べてくださいね。

団体申し込みは3日前まで(食事が必要な時は7日前)に、団体プラン申込書を書き
FAXで送るようになっています。

その後、予約確定の連絡が来て団体割引適用になるので、連絡を忘れないで下さいね。

<営業時間…3月から11月>

平日   10時~17時(入国締切 16時30分)

土日祝  10時~17時30分(入国締切 17時)

<営業時間…12月から2月>

平日   10時~16時30分(入国締切 16時)

土日祝  10時~17時(入国締切 16時30分)

 

【大阪】ニフレル

ワオキツネザル

水族館と動物園が合体した施設です。
展示の方法が独特で、動物たちの素の姿が見られます。

ワオキツネザルが近くを歩いていたり、目の前を鳥が飛んで行ったりと迫力満点です。
ニフレルもお得に入れる団体料金があり、こちらは人数が20名以上になっています。

ニフレルの中にもレストランがありますが、スペースがそんなにたくさんなかったように思います。

<入館料>

大人(高校生/16歳以上)…1,700円

子供(小・中学生)…900円

幼児(3歳以上)…500円

団体申し込みは来館予定の1年前から可能で、FAXで申し込み後、予約確定の返事がくるようです。

<営業時間>

ニフレルは年中無休です!!
ただし、年1回、設備定期点検の臨時休業があるので、事前に確認してくださいね。

営業時間…10時~20時

季節により営業時間が変更になるようです。

2019年10月…10時~20時(休館日なし)

2019年11月…10時~20時(休館日なし)

まとめ

参考になりましたか?

子供も保護者も忙しい時代ですから、天候に左右されず楽しめるのが一番かと思い、私も行って楽しかった室内施設を紹介しました。

子供のために準備するのは大変です。
無理のないプランで、沢山の笑顔が見られるお手伝いが出来たら嬉しいですね。

スポンサーリンク