年賀状で未使用の物の交換期限は?手数料や交換できる物についても!

数枚の年賀はがき 生活・マナー

メールやSNSであけましておめでとうメッセージを送るのもいいですが、
お正月にポストに年賀状が入っているとうれしいものですよね。

郵便局で年賀状が発売されると、郵便局には来年の干支のスタンプが設置されたり、
年賀状に張るとかわいくなるシールなども売られていますよね。

年賀状を印刷する人も、手書きの人も、頭を悩ませるのが、年賀状の失敗作の対処の仕方ではないでしょうか。
修正テープをはって修正したものを送るのは、相手に不愉快な思いをさせてしまうでしょうし。

また、年賀状を送るつもりで用意をしていたら、相手の方から喪中のはがきが届き、
年賀状があまってしまうなんてこともあるかもしれません。

失敗した年賀はがきやあまってしまった物は、郵便局に持って行くと切手などに交換してもらえます。

年末年始は忙しいので、なかなかすぐには郵便局に行けないなんてこともありそうですが、
交換時期は決まっているのでしょうか?

書き損じの年賀状の交換期限は設けられていません
いつ行っても大丈夫です。

早めに行ったほうがいいよねと、すぐに交換に行こうと思っている人は、
逆にちょっと待ったほうがいいかもしれません。

お年玉付き年賀状は、ふるさと小包などが当たる抽選があります。

誰かから送られた年賀状だけではなく、書き損じの年賀状でも、
当選していたら賞品を受け取ることができるのです。

抽選の結果を待ってから、郵便局に持っていくのがお勧めです。

いくらかかる?年賀状未使用の交換手数料は?

年賀はがき

書き損じの年賀状を交換する手数料は、1枚5円です。
表面も裏面も、どちらも書いてあっても大丈夫です。

ただし、左上の金額が表示されている部分が汚れていると交換の対象外となります。
お家でプリンターで印刷する場合は、この部分が汚れないように注意をする必要があります。

 

また、手数料が無料で交換してもらえる場合があることをご存知でしょうか。

たとえば、年賀状を購入してから不幸があった場合です。
この場合は、購入した人の名前や住所、亡くなった人との関係などを書く必要があります。

この場合も、すでに印刷がされていても交換に応じてくれます。
注意したいことは、書き損じの年賀状は交換期限はありませんが、この場合は期限があります。

その年の年賀状の発売終了までに交換しなくてはなりません。

 

年賀状には、印刷に向いているインクジェット用や、
左上の料金を表示するところにキャラクターが描かれていたりと、いろんな種類がありますよね。

間違って購入してしまった場合は、郵便局で基本的には無料で交換してくれます。

未使用年賀状で交換できるものとは?レターパックや切手なども対象!?

切手

書き損じの年賀状は、現金と交換はできません。
はがきやレターパック、切手などと交換が可能です。

これは、未使用の年賀状でも同様です。

スポンサーリンク

年賀状以外のはがきは、書き損じした場合は交換できないのか気になってしまいました。

実は、交換は年賀状に限らず、はがき、レターパックでも所定の手数料を払えば交換が可能なんです。
この場合も、料金を示す部分が汚れていない場合に限ります。

また、使わなくなった切手も交換の対象になります。

郵便料金の値上げのあとに古い切手を使おうと思ったら、
1円切手をいっぱい貼らないといけなくなったりして、使いにくいですよね。

 

他には、書き損じの年賀状を、海外の支援団体などの市民団体に寄付することもできるのです。

応援したいと思っている団体が、書き損じのはがきで寄付をしてほしいと言っていたら、
寄付をするのもいいかもしれません。

まとめ

今回は、年賀状にまつわるお話をしました。
自分で手書きや印刷した年賀状は、必ず数枚は、書き間違えたりプリントミスしたりしてしまうものです。

失敗してしまった年賀状ははがきに交換して、暑中見舞いの挨拶を送るときなどに使うのがおすすめです。

スポンサーリンク