地域によって違う!?お雑煮のベースと具材!それぞれに意味がある?

お雑煮 料理

お正月に食べるお雑煮は、家で食べているものが全国共通だと思っていませんか?
実は、住んでいるところなどで、お雑煮の味や形は全然違うのです。

隣の家で食べているお雑煮と我が家のお雑煮は違う、なんてこともありそうですよね。

今回は、そんな地域によってさまざまなお雑煮を紹介していきましょう。

あっさり醤油ベースが基本!お雑煮の具は?~関東編~

関東のお雑煮

関東のお雑煮から見ていきましょう。

関東といっても、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・東京都・神奈川県があり、
地域ごとに、さらに細かく言うと、家庭でお雑煮の作り方や味わいは変わってきます。

ここでは、関東で一般的に作られているお雑煮の特徴をお話していきましょう。

まず、お餅の形ですが、四角い角餅です。

なぜ角餅なのかは諸説あり、庶民がお雑煮を食べるようになったのが江戸時代で、当時、関東地方にはたくさんの人が住んでいて、早くたくさん作ることができる角餅が使われるようになったといわれています。

お餅は、焦げ目がついている焼き餅が入っていることが多いです。
汁は、透明のすまし汁が使われています。

出汁は、昆布と鰹の合わせだしを使っている家庭が多いです。
最近では、めんつゆを出汁として使うレシピも登場しています。

具材は、かまぼこや鶏肉、大根、にんじん、しいたけ、三つ葉が入っています。
さっぱりとしたお雑煮は、これからご馳走が始まるぞという意味が込められています。

白味噌仕立てが特徴!お雑煮の具は何?~関西編~

白味噌のお雑煮

関東の次は、関西のお雑煮をみていきましょう。
関西といっても、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県と、こちらも広いです。

関西のお雑煮は、白みそで丸餅のお雑煮です。

丸いお餅を使うのにも理由があり、丸い形は「円満」の意味を指し、縁起物として食べられており、
一年が丸く円満に過ごせますようにという思いも込められています。

白みそのお雑煮は濃厚な汁で、関東の澄まし汁はあっさりしているので対照的とも言えますね。
具材は、さといもやにんじん、大根が使われています。

関西のお雑煮の発祥の地は、京都だと言われています。

京都の料理には、お雑煮以外にも白みそが使われて、白みそのお雑煮は、京都から他の関西の街へ広がったとされています。

お雑煮は、お正月に食べるものだと思っていますが、京都では一年中お雑煮が食べられるお店があり、
お雑煮発祥の地ならではではないでしょうか。

変わったお雑煮も!?その他の地域のお雑煮

いくらの入ったお雑煮

珍しいお雑煮として有名なのが、島根と鳥取がはいっている出雲地方のお雑煮です。

出雲地方では、小豆が入ったお雑煮を食べます。
ぜんざいとよく似たお雑煮で、小豆雑煮とよばれています。

スポンサーリンク

また、岩手県では、クルミ雑煮が食べられています。

クルミをすりつぶして、砂糖や醤油と混ぜてお雑煮のお鍋に入れるのかと思ったら、
別の小皿にとっておいて、お雑煮の具材を付けて食べるというものです。

また、お餅の形もさまざまで、四国ではあんこが入ったお餅をお雑煮の中にいれます。

他にも、その土地の特産品をお雑煮に入れることもあります。

例えば、北海道であれば、じゃがいもや鮭、いくらなどが具材として登場します。
とっても豪華ですね。

そして、広島県といえば牡蠣です。
広島には牡蠣雑煮があるんですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
お正月に食べるお雑煮は、全国各地でいろいろな味や形です。

具材として何が入っているのかは、それぞれの家によって違うと思いますので、
お雑煮談義の中心になるのは、具材になるのではないでしょうか。

この組み合わせは美味しいとか、え?そんな組み合わせはありなの?と話をするのは楽しそうですね。

いつものお雑煮もいいですが、たまにはお正月に旅行に行って、
旅館でその土地のお雑煮を食べるものいいですよね。

スポンサーリンク