ピカピカ!鍋の焦げ付きを取る方法!ステンレスもこの方法で復活!

焦げ付いた鍋 掃除・片付け

ちょっと目を離したすきに「あれっ」と思ったら、煮物が焦げてた…ということありませんか?
料理が焦げたのも悲しい事ですが、ステンレスのお鍋が黒くなるショック・・・。

何もする気がおこりませんよね?(私だけかな?)
「料理上手な奥さんはお鍋がピカピカ!!」という言葉を目にしたことがありますが、
焦げたお鍋はカピカピです・・・。

どうにかして綺麗にしようと力まかせにこすっても、なかなか綺麗にはなりません。
そこで、漬け置きしてお鍋の中が綺麗になる方法と、お鍋の外についた焦げも綺麗にする方法を紹介します。

漬けおきで簡単!鍋の焦げ付きをとる方法とは?重曹が活躍?

お湯が沸いている鍋

何でもかんでも重曹かい!!
そうなんですよ。重曹なんです。

お鍋の中に、水500mlと大さじ2杯の重曹を入れます。
お鍋に水と重曹を入れたら、お鍋を火にかけます。

ぐつぐつし始めたら、10分間吹きこぼれないように気をつけながら煮てください。
10分経ったら火を止め、お鍋の中の湯が冷めるまでそのまま置いておきます。

この冷ます工程がとても大事です。
お湯が冷める間に重曹が汚れを鍋からはがしてくれるので、後でこすったときに汚れが取れやすくなるんですよ。

1回で取れない時は、もう一度同じように重曹入りの水を沸かして10分煮た後、一晩おいてください。
寝かせることで汚れが取れやすくなります。

力いっぱいこするよりも、体力・時間ともにお得ですよね。

この重曹で焦げをとる方法は、ステンレス鍋、ホーロー鍋にしか使えません。
特に、アルミ鍋でこの方法を試した場合、焦げをとるどころか、化学反応を起こして鍋が真っ黒になります。

黒くなっても使うのには問題ないのですが、一度ついた黒ずみは落ちないので、その点だけ注意してください。

ステンレスの鍋の焦げが落とせたら、玉ねぎの皮の部分を水と一緒に煮ることで中が綺麗になります。
カレーライスや煮物を作るとき、思いついたらお試しください。

私も時々試しますが、思わずニタッとしますよ。

こちらも重曹で!鍋の焦げ付きをとる方法~外側の場合~

火にかけている鍋とやかん

お鍋の中が綺麗になったら、気になるのが外側。
両方汚れていたらさほど気にならない汚れも、片方が綺麗になったら途端に目に付くようになります。

では、外側の汚れはどのように落としたらいいのでしょう。

まず知っておきたいのが、ステンレス鍋についている外側の黒焦げは、油が焦げたものだということです。

ステンレス鍋の場合、毎回全体を洗うと思いますが、ステンレスのやかん!!
やかんの方が、お鍋よりも汚れがひどくありませんか?

ステンレスのやかんは、コンロに出しっぱなしで調理することも多いと思います。

調理中、気付かないうちに油がやかんに散り、
そのままやかんを火にかけることで外についた油が焦げ黒くなります。

この黒ずみも、内側の焦げを落としたように重曹を使って落とすことが出来ます。

スポンサーリンク

軽い汚れの場合は重曹を直接つけて落とせますが、軽い汚れかどうかの見極めがつかないという人は、
重曹をペースト状にして使うのがおすすめです。

最初に重曹に少量の水を入れ、歯磨き粉のような硬さに練り、それを使って汚れを落とすと効果的です。

ステンレスの鍋ややかんは傷が入りやすいので、私は練った重曹をラップにつけて、
回すようにして汚れを落としています。

この時のラップは、食品を保存するために使ったものでも構いません。
あとで捨てるので、ラップに食品がついていなければ重曹をこするのには問題ないです。

こすっても落ちにくい時は、練った重曹を直接汚れにくっつけ、その上をラップで覆い、
しばらくそのままにした後こすって落とすと綺麗に落ちますよ。

いずれにしても、外側の汚れは、お鍋ややかんがまだ温かいいうちに(火傷に注意)、
その都度綺麗にすると重曹の出番は少なくなりますよ。

最後に

お鍋は綺麗になりそうですか?
重曹は薬局でも販売していますが、量が多いです。

少しだけ試したいという場合は、食品コーナーで売っている小袋に入った重曹がお得だと思います。

薬局にしかなかった…という人は、湯船に少量入れて使ったり、
玄関タイルの掃除にも使えるので試してくださいね。

ピカピカになったお鍋で、美味しい料理を作ってください。

スポンサーリンク