長引くようなら要注意!?産後に起こるマタニティーブルーの症状とは?

手を繋いだ赤ちゃんと母の手 子育て

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるということもあり、周囲の皆さんが多少気を使ってくれていたと思いますが、
赤ちゃんがお腹から出てくると、急に赤ちゃんの方に気をとられ、お母さんの体調や気持ちに寄り添ってもらえないことがあります。

そしてあなた自身「お母さんになったんだから」と、肩に力を入れすぎて、
自分の体と心を置き去りにしていませんか?

赤ちゃんを出産したからといって、すぐにもとの生活に戻れるわけではありません。
そんな時、ちょっとしたことでイライラしたり、今まで気にも留めなかったことに涙が出ることはありませんか?

妊娠中は何ともなかったのに、産後なんだか変だなあ…と悩んでいるあなたに、
マタニティーブルーと産後うつについて、分かりやすく解説したいと思います。

間違えがち?マタニティーブルーと産後うつの違いとは?!

気分が落ち込んでいる女性

皆さ~ん「妊娠、出産は病気じゃないんだから!!」
なんて言ってませんよね?

確かに妊娠出産は病気ではありません。
ですが、人の体の中に新しく命を宿し、その命を、出産までの間お腹の中で育て上げるのは本当に大変です。

出産前までは女性ホルモンが多く分泌されていた女性の体ですが、出産すると、
それまで大量に分泌されていた女性ホルモンの量が減少し、代わりにプロラクチンが増えます。

こうしたホルモンの種類や量の急激な変化で、気持ちが不安定になり、
急に不安に襲われたり、意味もなく叫びたくなったりする症状が現れます。

また、ホルモンバランスの乱れだけでなく肉体的疲労(出産・産後の育児)も、
マタニティーブルーの原因と考えられるようになりました。

こういったマタニティーブルーの場合は、産後10日から2週間程度で自然に回復します。
マタニティーブルーと混同され、気付いたときは重症になっているのが産後うつです。

マタニティーブルーと症状が似ているので見過ごされがちですが、産後うつの場合早めの処置が必要になります。

産後のマタニティーブルーの場合、2週間も過ぎればどんよりした気分から抜け出せますが、
産後うつの場合、何もしたくないという状態が長引き、次のような症状が現れることがあります。

・気分が落ち込み涙があふれる

・何をするにも興味がわかない

・自分の存在が価値のないものに思える

・常に疲れを感じる

・赤ちゃんに興味が持てず育児に集中できない…

等です。

特に、自分の存在価値がない、消えてしまいたいと思うようになったら要注意です。
こういった場合、すぐに出産した産院や専門機関に相談することが大切です。

産後うつは、妊産婦の10人に1人がかかるといわれています。
「うつ」というと世間体が悪い!といわれる時代もありましたが、そんなことはありません。

風邪を引いたら病院で薬を貰うのと同じように、自分の命を終わらせてしまいたいという思いになるのは病気ですから、病院の先生に診ていただくのが大切ですよ。

マタニティーブルーになる前に!産後すぐにできる解消法とは?

アロマオイル

マタニティーブルーにも、産後うつにも、ならない方がいいに決まってます。
そこで、産後すぐに出来る解消法をお伝えします。

 

①出来ないことを許す

マタニティーブルーも産後うつも、普段から頑張る人がなるんです。
「何でもいいや」「なるようになるさ」という人は、かかりにくいといわれます。

ですから、マタニティーブルーにならないためには、出来ないことを許すことが大切です。
赤ちゃんが一人いたら、確実に今まで出来ていたことが出来なくなります。

それをまずは許しましょう。
そして、家族にも甘えましょう。

赤ちゃんを産んだから、今まで通りに何でも出来るようになった!と思うのは大間違い。
お腹に入っている時は一緒に動けますが、出産したら連れて動かないとダメです。

なのに、生まれたての赤ちゃんは、連れてウロウロできません。
ですから、家族のみんなに状況を理解してもらい、落ち着くまでは協力をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

 

②ホルモンのバランスを整える

産前産後は、ホルモンのバランスが崩れます。
女性ホルモンのバランスを整えるのに、アロマが良いと注目されています。

特に、ゼラニウムは女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があるといわれています。
アロマを使うときは、妊婦さんに悪い影響があるものもあるので、精油販売店でたずねてみるのも良いと思います。

 

③誰かに聞いてもらう

とにかく誰かに気持ちを話しましょう。
私のおすすめは助産師さん、保健師さん(市役所や区役所で聞いてくださいね)です。

手伝ってもらうのは家族にしか出来ませんが、育児の悩みを家族に話した場合、
「私の時は…」とか「仕事で疲れてるんだ…」などと言われ、余計に辛くなることがあります。

長時間でなければ、助産師さんや保健師さんも育児の悩みを聞いてくださるようです。
市や区の催しとして育児相談の場もあるので、顔を出してみるのもいいと思います。

 

④他のママやパパと交流する

入院中、個室でなければ、他のお母さんと交流が始まり、その後もお付き合いされることがあるでしょう。
同じ時期に産まれた子は成長も似たものがあるので、悩みが共有できるかもしれません。

ただ、相手が二人目三人目のお母さんで、自分が初めての子育てをするという場合は、
お子さんの成長を比べすぎないように注意してください。

上に兄弟がいるお子さんは、刺激があり、成長も早くなる傾向があるからです。
もちろん、お互いが初めてのお子さんでも、お子さんの成長の早さはそれぞれですよ。

最後に

辛いのはあなたです。
「皆してるのよ」と周りの人は言うかもしれませんが、この言葉は「みんな持ってるから買って」という子供の言葉と一緒だと思ってください。

皆のことはどうでもいいのです。
あなたが、気持ちよく楽しく育児が出来るような毎日が過ごせるといいですね。

スポンサーリンク