眉間のしわは人相を変える?!その原因と改善方法をご紹介。

美容

怒ってないのに「ねぇ、怒ってるの?」なんて聞かれちゃうことってありませんか?
普通にしているつもりなのに、眉間にしわが寄っていると怒っていたり、不機嫌に見られちゃうんですよね…。

アラフォーの私たちはなおさら、眉間のしわには敏感です(笑)

なんだか話しかけづらいオーラまで出ちゃったりして、人相も悪く見えるし、老けて見えるし良いことない!なんてお悩みではありませんか?

この記事では、そんなお悩みを抱えているあなたのために、原因や改善方法をご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

いつの間にか深くなる眉間のしわの原因とは

眉間のしわの原因は様々あります。
自分がどの原因でしわができているのか、チェックしてみてくださいね!

ストレスによるもの

なにか心配事や悩み事があってストレスを感じていたりすると、つい眉間にしわが寄ってしまうんですよね。
そんな状態が続いていると、しわが深く刻まれてしまい、さらにその眉間のしわが気になりストレスに…。
また、ストレスを感じていると、寝ているときにも無意識で眉間にしわを寄せてしまっていることがあるんですよ!

なので、朝起きたときにしわが濃くなってしまい、鏡を見てびっくりすることに…。

・ストレスを溜めないこと
・もしストレスが溜まってしまったら発散すること

が大事なので、うまくストレスと付き合っていきたいですね。

表情が癖になっている

眉間のしわの原因で一番多いと言われています。

文字や映像を見るときに見えづらくて目を細めて見ようとしたりすると、眉間にしわが寄ってしまいます。
スマートフォンやパソコンで長時間作業していて目が疲れているときも、眉間にしわが寄っていることが多いので注意が必要です。

これらが癖になって、日常生活で何度も繰り返されることで、眉間にしわが刻まれてしまうのです。

文字や映像が見づらいようであれば、メガネやコンタクトレンズを使用したり、スマートフォンやパソコンの長時間使用で目が疲れたら、目を休めるようにしましょう。目の疲れに効くツボを押すのも効果的ですよ。

加齢によるもの

年齢を重ねると、
・お肌のハリや弾力が失われる
・水分を保つ力が低下する
・筋力が低下する
といったことが起こります。

お肌のハリや弾力が失われると、しわが刻まれやすくなってしまいます。水分を保つ力が低下すると、お肌が乾燥してしまい、細かいしわの原因になります。筋力が低下すると、刻まれたしわは残りやすくなってしまうのです。

なので、眉間にしわを寄せる表情が癖になっていると、よりしわができやすいので注意してくださいね!

お肌のハリや弾力が失われるということは、コラーゲンやヒアルロン酸が不足しているということなので、化粧水にコラーゲンやヒアルロン酸が入っているものを使用するのがおすすめです。また、水分を保つ力が低下しているので、積極的に保湿を行っていきたいですね。

しわのない見違える表情へ!眉間のしわの改善方法

上記のことをふまえた上で、しわを消す効果を高めるために、合わせて行いたいケアをご紹介していきますね!

マッサージをする

まず、マッサージを行う前には必ず、オイルやクリームをしっかりと塗りましょう。
しっかりたっぷり塗ることで、お肌に与える摩擦のダメージを軽減してくれます。

スポンサーリンク

たてにできているしわは横に伸ばすように、横にできているしわはたてに伸ばすようにマッサージをしてみてください。
この時に一緒に眉毛を指で挟んでコリをほぐしたり、眉頭の下のくぼみをぐっと押してあげると、目がスッキリして疲れもとれるので、ぜひ一緒に行ってみてください!

テープを貼る

今はしわを伸ばすためのテープが商品化されているので、そちらを使うのもいいでしょう。
セロテープなどを代用すると、肌荒れの原因になりますので、貼るのであれば、専用のテープを使うようにしてくださいね!

まとめ

眉間のしわは深くなってくると自力での改善が難しいので、しわができているのに気が付いたら早めに対処しましょう。
この記事を読んで、眉間のしわのお悩みが少しでも改善できたら嬉しいです!

スポンサーリンク