あなたは答えられる!?鏡餅の意味を子どもに聞かれ時の答え方

鏡餅と金屏風 子育て

日本には、色々なしきたりや行事があります。

知らなくても生きていけるんですが、子どもを授かると、
「なんで?」「どうして?」と、思いもしないところで質問攻めにあうことがあります。

そんな子どもの可愛いい疑問にかっこよく答えられるよう、
今回は、鏡餅の意味と、お餅にのっているお飾りについて、分かりやすくお伝えしたいと思います。

鏡餅の意味を簡単に説明する方法とは?

鏡餅とだるま

鏡餅は、年神様へのお供えです。

年神様とは、農作物の豊作を願ってまつられている神様のことです。

まず、鏡餅が大小二つのお餅で出来ているのは、陰(月)陽(太陽)の二つをお餅で表すことで、
福徳が重なり縁起が良いとされるからだそうです。

また、丸い形は人の魂(心臓)を表す意味があり、新たな生命力を授かるとされていました。
ほかにも、丸い形にする理由に、三種の神器(じんぎ)の一つである「鏡」を表したともいわれています。

なにも、お餅のように長い間飾っていたらカビるものじゃなくて、丸いものの大小を重ねたらそれでいいじゃないか!と言われるかもしれませんが、お餅は神饌(しんせん)といって、神様の食べ物という意味もあるので、どうしてもお餅にする必要があったようです。

このことをしっかり知っておいた上で、子どもには、

「鏡餅はね、年神様といって、農作物がたくさんとれるように守ってくださる神様が、お正月に山から下りて来られたときの、お部屋とご飯の役割をするんだよ。」

と説明したらわかりやすいと思います。

鏡餅の意味にも諸説あるので、これが一番と言い切るのはなかなか難しいですが、
私の子ども達にはこの説明が一番しっくりきましたよ。

鏡餅の上に飾る意味とは?干し柿を飾る理由

干し柿

鏡餅の意味を知っていただいたところで、鏡餅の上に飾ってあるお飾りの説明もしたいと思います。

今はなかなか手に入りにくいという事で、鏡餅の上にミカンが飾ってあることが多いですが、
本来は、「橙」を飾ります。

なぜ橙か!
それは、「橙」が「代々」に繋がるからです。

それだけ?と聞きたいあなた。
残念ながらそれだけです。

風習・言い伝えにはこんなことが山ほどあり、肩透かしをくらうことがあります。

じゃあ干し柿は?というと、干し柿は、幸せをかき(柿)集めるということを意味します。
また、柿の木は長寿の木といわれ、縁起の良い組み合わせを使ったようです。

干し柿は、串にささった状態で8個飾られています。

なぜ8個かというと、外の2個(左右1個ずつ)で「外はニコニコ」
中の6個で「中(仲)むつまじく」という意味があるようです。

これも語呂合わせなんですが…

新年を迎えることをとても大事にしていた時代と、今の世の中以上に、
神様に対して敬意を示し生活していた先祖の生活を知ることが出来ると思います。

鏡開きはいつ?なぜ割らないの?

鏡餅

鏡餅の由来やお飾りの意味を説明したので、最後に鏡開きについてお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

鏡餅が神様のお供えだった。
語呂合わせをとても大切にしていたことから分かっていただけるかもしれませんが、
鏡餅は決して割るとは言いません。

割れるというのは縁起が悪いので、鏡開きといいます。
(開くことで今後の運勢がよくなるように)

昔は大きな形のお餅でしたから、年末にお供えしたお餅は、鏡開きの時には固くなっているので、
お餅を槌(つち)でたたき、食べやすい大きさにしていました。

今は、小さいお餅を個包装し、鏡餅の形に作られた容器に入れて販売しているので、シートを開けるだけで簡単に鏡開きが出来ます。
まさしくこれが本当の鏡開き!です。

鏡開きの時期は、地域によって違います。
分かりやすく関東と関西で分けたら、関東では鏡開きが11日、関西が15日になっています。

なぜ関東の鏡開きが早いのかというと、東京が江戸といわれていた時、
徳川家光の命日が1月15日だったため、鏡開きが早まったと言われています。

こういった話も、子どもが興味を持つ内容なので、ぜひ鏡餅を説明されるときには使ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?
鏡餅について参考にしていただけたでしょうか?

鏡餅の由来がきっかけになって、子どもの興味が広がるきっかけになるかもしれません。
参考にしていただき、楽しいお正月を過ごしてください。

スポンサーリンク