足のむくみを解消したい人必見!食事の見直しでむくみがなくなる!?

むくみが気になる足 美容

足のむくみ、気になりますよね。
特に、夕方になるとむくみがひどくなりがちではないですか?

昔と比べ、机の前に座って仕事をする人が男女ともに増えているにもかかわらず、
男性より女性の方が足がむくむのは、ふくらはぎの筋肉量が少ないからだそうです。

私も、パソコンを使って仕事をするときは、キーボードを打ちながら
かかとを上げ下げしていますが、それでもむくんでしまいます。

ちょっとなら「むくんじゃった」で済みますが、私の場合、可愛い大根がジャンボ大根になる時もあり、
靴下のあとがついて泣きそうにります。

そこで今回、私もむくみがひどい時によく食べる、
むくみ解消に一役買ってくれる食べ物と、入浴方法をお伝えしようと思います。

今日からできる足のむくみ解消法!この食べ物がおすすめ!?

パセリ

最初にお願いがあります。。
むくみは、内臓疾患からくるものもあります。

ずっとむくんでるのよね~。
食べ物で治るなら…と、簡単な感じで記事を参考にしないで下さい。

内分泌系の疾患が関わっている場合、足もむくみますが、顔や腕にもむくみが出てくるので、
夕方、足だけむくみがあるという人の記事と理解して読んでくださいね。

 

足がむくむ原因は、ふくらはぎが運動を休んでいるからなんです。

デスクワークで座りっぱなし、受付で立ちっぱなしという場合、
血液が下にたまり、血管から血しょう成分が出た結果むくみとなります。

この、しみ出た血しょう成分を排出する役割をする食べ物が、
カリウム、クエン酸、ビタミンE、サポニン、ポリフェノール、ビタミンB₁、B₆です。

では、これらの栄養素は、どんな食材に含まれているのでしょうか?
おすすめの食べ物を5つ紹介します。

①パセリ

添え物じゃん!!と叱られそうですが、これには多くのカリウムが含まれています。

でも、買うとなったら、ブロッコリーと間違えるほどの葉の量…
「とうてい一人では食べられない・・・」という方も大丈夫です。

私は、パセリを買ったら小さい束の状態で切り、保存容器に入れて冷凍します。
軸は、よく洗って炒め物にしたり、小さく刻んでハンバーグに混ぜます。

もちろん沢山混ぜ込んだら、ハンバーグもパセリ味の濃いものになりますが、少量なら大丈夫。
子供には分かりませんでした。

小さく切って冷凍したパセリですが、凍ったままスープの浮き実にしてもいいですし、長持ちしますよ。

②トマト

クエン酸といったら柑橘類でしょ!!
その通りなんですが、トマトにもクエン酸はあるんです。

果物だと、食後のデザートに・・・手間なんです。
トマトは種類も多いですし、洗えばそのまま食べられるのもいいですよね。

ぜひ食べてくださいね。

③アサリ

アサリは塩抜きしなくちゃ・・・昔の話ですよ。
今は、塩抜きしたもの、冷凍もの、パウチ・・・。

いろんなアサリがあります。
塩分を多くとりすぎてもむくみの原因になるので、塩分を控えて調理してくださいね。

④アーモンド

アーモンドに限らず、ナッツ類はカリウムが多いです。
最近は、塩分を含んでいないアーモンドの素焼きもあります。

袋に個包装されていて持ち運べるのもあるので、おやつ代わりに数粒食べるのをおすすめします。

アーモンドの次にカリウムが多いのはクルミ、その次がピーナッツです。
こちらも、素焼きや味付けされていないものを選んでくださいね。

⑤プルーン

プルーンは、カリウム、クエン酸、ビタミンEが多く、むくみ解消の優秀食材です。
ただ、私はプルーンが苦手です。

妊娠中便秘解消にと食べましたが、苦手なものは苦手・・・。

昔は、大袋にドカッとプルーンが入った状態で売られていました。
今は、割高になりますが、個包装になって売っているものもあるのでおすすめです。

プルーンは苦手なんですが、手軽なのと、私のむくみ解消には悲しいことに最高のパートナーなので、
個包装のものを2つ、必ずバッグの中に入れて歩いています。

 

最初に紹介したパセリですが、トマトを食べやすい大きさに切り、パセリを小さく切ったものと混ぜて、
オリーブオイル、レモン汁を少し垂らしたサラダで美味しく食べることも出来ますよ。

色合いもいいですし、むくみの解消にもなるので試してくださいね。

スポンサーリンク

足のむくみ解消にはお風呂も効果的?効果的な入浴法とは?

お風呂

食事のことはわかった。
やれやれ・・・お風呂に入ろう!と思っているあなた。

ただお風呂に入るだけで良いんですか~?

もちろんお風呂に入るだけでも、入らないよりはいいんです。
ただし、シャワーだけでなく湯船に入ってくださいね。

お湯がはってあるお風呂に入ることで、ふくらはぎが暖められ、血行が良くなります。
ふくらはぎに水圧がかかるので、リンパの流れが良くなる!という効果があります。

一人暮らしでお湯をためるのがもったいないという方。

お湯を目いっぱいためなくても、半身浴が出来る程度の湯量で大丈夫なんですよ。

それも勿体ないというあなたは、ふくらはぎが入る程度のバケツを用意して、その中に足を入れたらいいんです。
バケツも、たためるタイプの物があります。

一つあると災害時にも使えるので、無駄にはなりませんよ。

そして、お湯の温度はぬるま湯がおすすめです。
私は、ラベンダーのオイルを数滴入れて足湯をするときもあります。

足がしっかり温まったら、ふくらはぎを下から上にさすってください。

昔は揉んで・・・といわれていましたが、色々とリスクがあるといわれるようになったので、
足首から膝の裏までさすり上げる方が、リスク回避とむくみ解消に有効だと思います。

まとめ

参考になったでしょうか?
半身浴や足湯のあとは、水分をしっかりとってくださいね。

むくみの原因になるから水分をとらないという人もいますが、
「飲む→出す」というのが、むくみを作らないポイントにもなるんですよ。

無理やり沢山飲む必要はありませんが、水分補給は大切です。
水分摂取が制限されていない人は、いつもよりちょっと多く水を飲んでください。

むくみが和らぐかもしれません。
では、明日も楽しく働けるよう、足のむくみは今日中に退治しましょうね。

スポンサーリンク