いくらかかるの?親の介護費用にかける平均額は!?

デイサービス等に行くところ 生活・マナー

元気だった親も、歳をとると人の手が必要になります。
今まで育ててくれた親に介護が必要になったら、今度は面倒を見てあげないといけないですよね。

でも、誰もが介護を経験した事がないですし、どれだけの費用がかかるか心配になるのではないでしょうか。

介護にかかる初期費用と月々の費用

車いす

介護といっても、在宅で介護をするのか、施設に預けるのかによっても費用は変わります。

まず、在宅で介護をしようと考えている方。

家に、介護のために必要なものを揃えないといけませんので、初期費用が50万~90万円ほどかかります。
介護用のベッドや車椅子、あるいは段差をなくしたりするためにリフォーム費用がかかる場合もあります。

また、ヘルパーさんやデイサービスを受けると、月額5万~8万円ほど費用がかかります。

介護用品の購入や、介護サービスには、介護保険が適用になる場合があります。
全て自費では大変ですから、検討の際は事前に確認をおすすめします。

老人ホーム等の施設に預けることを検討している方。

こちらは、初期費用はかからないものの、月々の支払い額は10万円から30万円程度かかります。
在宅介護に比べると、費用はとても高いです。

しかし、施設に預けるメリットもあります。

在宅介護は、費用面では抑えられますが、体力的な負担は大きいです。
体力面と精神面で負担が重くなってくると、介護している人も体調を崩し始めます。

余裕がなくなると、いくら親とはいっても、虐待などに発展してしまう可能性もあります。

また、在宅介護を理由に会社を退職することで、介護者が経済的に困る心配もあります。
在宅で介護をする場合は、介護者が複数人いると安心ですが、介護者が1人の場合は、検討が必要です。

親の介護にかかる費用を賄うための貯金額は?

割った貯金箱から出てきた小銭

親が介護が必要となった日から、介護生活が始まりますが、介護生活はどのくらいの期間続くのでしょうか。
平均寿命と健康寿命の差から、介護が必要な平均期間は4年11か月(59か月)と言われています。

あくまで平均期間ですから、実際はもっと長くなったり短くなったりします。

平均期間で介護にかかる費用を計算すると、在宅介護の場合、59か月×8万円=472万円。
それに、初期費用約80万円を足すと552万円です。

老人ホームなどを利用する場合、59か月×30万円=1,770万円
これは1人当たりの計算ですから、夫婦ともに介護が必要な場合は2倍になります。

年金受給の月額は、男性が平均16万円、女性が平均10万円程度です。
年金だけでは賄えないため、子供に迷惑をかけないように、自分の介護費用は貯金しておきましょう。

要チェック!親の介護でかかる費用には控除の対象になるものも?

問診表と聴診器

スポンサーリンク

知らない方も多いと思いますが、親の介護サービスが、医療費控除の対象になる場合があります。
在宅介護の場合と施設を利用している場合、どちらにしても控除を受けられます。

在宅介護の場合、介護サービスの中の、医療と関わりがあるものが控除の対象になります。
例えば、訪問看護や訪問リハビリテーション等です。

また、家事などのお手伝いをする訪問介護の場合は、生活支援となり医療費控除の対象にはなりません。

施設を利用している場合、介護費、食費、居住費が控除の対象になります。
また、おむつ代も控除の対象になる場合もあります。

控除を受ける場合は、年末調整や確定申告が必要となります。
その際に、領収書やレシートがなければ控除が受けられませんので、大切に保管しておきましょう。

また、どんなものが控除の対象になるかわからないので、念のためもらった領収書等は取っておきましょう。

まとめ

何かとお金のかかる介護費用ですから、少しでも戻ってくると嬉しいですよね。
肉体的にも、精神的にも、金銭面でも負担が多い介護。

少しでも負担が少なくなるように、どのようなサービスや控除があるのかを確認しましょう。

親の介護を理由に退職!失業保険は適用されるの?生活費はどうする?
親の介護を理由に退職した場合、失業保険はもらえるのでしょうか?状況によっては「特定理由離職者」と認められることも。詳しく解説します。
スポンサーリンク