お母さん必見!!乳児の夜泣きはいつまで?年齢別に原因を解説

泣いている赤ちゃん 子育て

子育ての苦労はつきないものですが、苦労するものの一つとして挙げられるのが、夜泣きですよね。

なかなか寝ない子を、あらゆる手段をつかいやっとの思いで寝かしつけ、ホッとして、
さあ自分も寝ようと思ってウトウトしていると、突然ギャーと泣かれてしまい、
びっくりするとともに寝ぼけながら赤ちゃんのお世話を・・・なんてこともありますよね。

これが毎日だと、もういつまで続くのって、お先真っ暗な気持ちになります。

夜泣きは、就寝から起床までの間に起きて泣くものです。

ただ、生後6か月頃までは、ミルクを3時間おきに飲んでいる赤ちゃんも多く、
夜中にミルクの時間がきて泣くのは、これは夜泣きではありません。

夜泣きがあるから治さないといけないと思いがちですが、
パパやママの睡眠がしっかりとれているなら、治す必要はありません。

夜泣きは、赤ちゃんの個性でかわってきます。

夜に寝たら朝まで寝ていて、ミルクを飲ませなくてもいいのかしらと心配するぐらい
ぐっすり寝ている赤ちゃんもいれば、音や光に敏感な赤ちゃんもいます。

夜泣きの原因は、成長と共にかわってくるのはご存知でしょうか。
今回は、成長と共に夜泣きの原因は何なのか探ってみましょう。

夜泣きはいつまで続く?1歳の赤ちゃんが夜泣きをする理由とは?

寝ている子供

生後三か月までは、寝る環境や生活リズム、睡眠不足などで夜泣きがあるかどうかがかわってきます。

4か月から1歳頃までになると、睡眠サイクルが発達して睡眠に変化があらわれてきます。
4か月まではよく寝ていたのに、急に夜中に泣き出したり、なかなか寝なかったりする赤ちゃんがでてきます。

抱っこして寝かしつけをして、ぐっすり寝たなと思って布団にそっと置くと、
赤ちゃんがパッと目を覚まし泣き出してしまう、という経験をしているママさんは多いのではないでしょうか。

背中に何かセンサーが付いているんじゃないかと、本気で思うママもいるかもしれませんね。
まずは、寝る部屋の環境が整っているか、点検をしてみましょう。

部屋は明るすぎないでしょうか。
豆電球をつけていたり、他の部屋の明かりがもれていないかチェックです。

音にも敏感な赤ちゃんは、隣の部屋の話し声や、台所の音などが気になっているかもしれません。

部屋の温度にも注意が必要です。
暑すぎたり寒すぎたりしていないかも、チェックする必要があります。

そばにいるママの気持ちがイライラしていると、赤ちゃんも気になって寝られないかもしれません。

赤ちゃんが寝たら、あれもこれもしなくっちゃと思わずに、一緒に寝ちゃおうと思うほうが、
赤ちゃんと一緒にぐっすり朝まで寝られるかもしれませんね。

夜泣きはいつまで続く?2歳の赤ちゃんが夜泣きをする理由とは?

寝ている子供

1歳半から2歳の頃の赤ちゃんの夜泣きは、寝る前の欲求が叶えられなかったというものから来ていることがあります。

例えば、もっと絵本を読んでほしかったとか、お水をもうちょっと飲みたかったとか、
まだまだ言葉で伝えられないので、態度であらわしいることも考えられます。

あとは、おむつが汚れているから気になって起きてしまい、泣いてしまうということもあります。

また、夜泣きと似ているもので、寝驚症というものがあります。

スポンサーリンク

夜泣きは、夜中のちょっとしたことで起きて泣きます。
例えば、部屋の電気が付いたとか、物音がしたとか、夜泣きは浅い眠りの時に起きるとされています。

夜驚症は、深い眠りの時におきるとされ、突然怖い思いをして起きだし、大声で泣きだします。
周りの声が、本人には届いていないかのように泣き叫びます。

ある程度泣き叫ぶと落ち着くのか、そのままコトンと寝てしまいます。

夜驚症の原因は、夜泣きとあまり変わりませんが、寝る前に恐怖心を植え付けてしまうと、
夜中に思い出して泣き叫ぶのではないかともいわれています。

寝る前の読み聞かせは、親子にとって楽しい時間ですが、寝る前に怖がらせるようなお話をすると
夜中にパニックを起こしてしまう可能性があるので、絵本の選び方には気を付けたいですよね。

まとめ

赤ちゃんの夜泣きについてお話しました。

我が家の息子も、1歳の頃よそのお家に泊まると、夜中に突然激しく泣くことがありました。
2歳の頃には、そんなこともなくなりました。

今では息子もすっかり大きくなり、いい思い出です。

赤ちゃんの夜泣きが多いと、辛くなってしまうお母さんもいるかもしれませんが、
永遠に続くものではありません。

一人で悩まず、周囲の人に相談したり協力してもらいながら子育てしていきましょう。

スポンサーリンク