贈答線香とは?線香をお供えにするときのマナーや選ぶポイントとは?

贈り物の線香 生活・マナー

お盆が終わり、やれやれと思っているまもなく、9月には秋の彼岸がやってきます。

49日を過ぎ、初めてのお盆や彼岸を「初盆」・「初彼岸(春と秋それぞれ)」といい、
大事にしている地域もあります。

親しい人が亡くなったとき、すぐ知ることが出来たらいいのですが、
残された家族が関係を知らないばかりに、知らせが漏れてしまうこともあります。

「そんな時にはお線香を送ってみませんか?」
テレビCMやラジオCMで耳にする言葉です。

といわれても、線香にも色々あるし…

何で線香なの?と悩みをお持ちの方に、
贈答線香ってなに?どんなものを送ったらいいの?という疑問にお答えしたいと思います。

知ってる?お線香をお供えする意味とは?

お供えしてある線香

お寺で、お墓で、仏壇で…と、お線香は仏様に関係する所でよく出てきます。

線香は煙が出て、香りがつよいものも多く、
「お葬式か法事帰りかな?」とすれ違っただけでも分かることがあります。

私が育った所では、お寺と家の結びつきが強く、お坊さん(おっさん。オッサンとは違うんですよ)から
「仏さんの食べ物は香だから、お線香を焚くんだよ」と何度も教えられました。

宗派によって違うと思いますが、香りがつよい線香が良い線香というお寺もあるようです。

線香には白檀(びゃくだん)の香り以外にも、紅茶の香りやコーヒーの香り、
アロマの香りがするものもあるので、お供えする場所や、お供えとして贈る相手に合わせて選んでくださいね。

いくらぐらい?お線香をお供えにする場合の金額相場は?

箱に入ったお線香

お線香をお供えする意味は分かったよ。
じゃあどれくらいの額の商品を送ったらいいの?と気になる人もいるでしょう。

亡くなったと知らせを受けたら、ショックとともに、早くお供えをしなけれはと焦るでしょうが、
まずは落ち着いてください。

「お金をお供えとして贈る」
「お菓子を送る」

この辺りはあまり問題になりませんが、お線香を送る場合には注意点があります。

まずは、亡くなった方がどの宗派でお葬式をされたかを知っていますか?
一番にそこを調べてくださいね。

キリスト教や神道では、お線香を使いません。
そういうお宅に線香を送ると、頂いた方は困ります。

まず、お線香を使う宗派だと確認してから、お線香を買いに走りましょう。

お店で売っている線香は、束にしてあるものが多いと思いますが、
贈答用の物はバラで、箱に入ったものが売られています。

金額は、2000円から20万円まであると聞きますが、
贈答として扱われるお線香の相場は、5000円から9000円が一般的なようです。

また、室内でお線香をお供えするのに、香りが少ないものも出ています。

燃焼時間が長いと火事の心配が…という方もおられるでしょう。

お線香には、ミニ(9㎝)、短寸(14㎝)、中寸(16㎝)があり、
それぞれの燃焼時間が、ミニ約15分、短寸約30分、中寸約40分となっているので、
お住いの状況に応じて送られると喜ばれると思います。

私が喜ばれたお線香。叱られたお線香。

仏壇のお線香

私がお線香をお供えし喜ばれたのが、仕事でお世話になった先輩に送った、コーヒーの香りのお線香です。

スポンサーリンク

亡くなった方とは親しかったのですが、お知らせを頂いたのが喪中はがきで、お礼を伝えたいという思いがあり、
販売し始めの頃だったと思いますが、コーヒーの香りがするお線香を送りました。

なぜコーヒーかというと、その方がコーヒー好きだったからです。

奥様は、「香りで主人を思い出し嬉しいんです。」といってくださいました。

叱られたお線香はというと、舅が亡くなったとき、初彼岸で供えたお線香です。

嫁として良い恰好をしたかったので奮発し、ちょっと高めのを送ったのですが、姑に、
「私が死んだ時もあるくらいお線香は頂いてるから、こんなの要らないのに。お金の使い方しらないのね。」
と言われました。

さすがにショックでしたが、姑のいう事も一理あるのです。
お線香をお供えにされる方も沢山おられます。

聞きにくい相手の時もあるでしょうが、勇気を出して聞けるなら、
「お線香をお供えしたいのですが…」とたずねてみたらいいと思います。

この一言があると、私のようにガチョーンとなることもないですよ。

まとめ

参考にしていただけましたか?

せっかくの貴方の気持ちが、亡くなった人はもちろんですが、
ご家族の皆さんにも伝わるような、お供えが出来たらいいですね。

スポンサーリンク