しめ飾りを玄関に飾るときの「正しい」飾り方!

しめ飾り 季節の行事

お正月に近くなると、しめ飾りを玄関に飾る人が増えていますよね。
ですが、しめ飾りにはどんな意味があるのか、知らずに飾る人も多いと思います。

しめ飾りの意味や、飾り方についてお話します。

しめ飾りを飾る意味や時期は!?

しめ縄作り

しめ飾りは、お正月に歳神様を迎える家の中に、邪気や禍事が入ってこないようにという意味があるようです。
歳神様に来てもらう目印にもなり、歳神様を迎え入れるための準備ということになります。

また、しめ飾りと似たような名前で、しめ縄があります。
しめ縄は、神様が宿る場所に飾るため、よく神棚の前に飾ってある縄のことを指します。

これは、一年ごとに新しいものに変えて、お正月の時だけでなく、一年間神棚の前に飾ります。

神様がいる場所に飾るのと、神様を迎え入れるために飾るということで違いがあります。
しめ縄としめ飾りを間違えないようにしましょう。

 

締め飾りには、場所や方向など正しい決まりがあります。
まずは、飾る時期です。

お正月の前、クリスマスが終わってから28日くらいまでに飾りましょう。
29日や31日に飾るのは、縁起が悪いと言われています。

最低でも、30日までに飾る準備をしましょう。

また、外す時期も決まっていますが、こちらは地域によっても違います。
大体は、1月7日に外して、神社で行っているどんど焼きでお焚き上げをしてもらいます。

どんど焼きを行っていない地域では、お塩で清めてから、新聞紙にくるんで処理しましょう。

しめ飾りの種類

注連縄

しめ縄やしめ飾りは、昔は種類が多くあり、地域によって飾り方が決まっていました。
現代では、昔よりも簡単になったことで、神棚や玄関に飾ることが普通になりました。

現在良く使われている、しめ飾りの種類は、

「ごぼう注連」

「ごぼう注連+前垂れ」

「玉飾り」

「輪飾り」

の4種類が多いです。

神棚には、ごぼう注連が一般的に使われていますが、玉飾りは玄関には向いています。

玉飾りは、主に東日本で多く飾られており、太いしめ縄を輪にしたものに、いろいろな縁起物を付けたしめ飾りです。

しめ飾りを玄関に飾るならココ!「正しい」場所がある!?

玄関ドアに飾られたしめ飾り

玄関には、「玉飾り」が向いていると理解したところで、さっそく玄関に飾りたいところですが、どこに飾るのが正解でしょうか。

恵方巻のように方角が決まっているのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、しめ縄の向きは決まりがないようです。

決まりがないからと言って、適当に飾ってはいけません。
歳神様をきちんと迎え入れるためには、しめ飾りがきちんと正面を向くように取り付けましょう。

歳神様にちゃんと見えるようにしないと、来てくれなくなってしまいますよ。

 

飾る場所ですが、こちらも決まりはないようです。
しかし、できれば目線よりも上に飾るのがベストです。

スポンサーリンク

神様を見下しているように見えてしまうからです。

しめ飾りを吊るすところがなく、玄関のドアノブにかける人もいますが、フック等を購入し、飾り付けることをおすすめします。

しめ飾りを玄関に飾れないなら代わりにココ!家の内側に飾る場合は?

家の中に飾られたしめ飾り

マンションや近隣の問題で、玄関の外に飾りつけできない方もいると思います。
でも、お正月飾りをつけて、歳神様を迎え入れたいですよね。

東北地方の神社等では、雪が多く、外に飾りつけできないところもあります。
その場合は、室内に飾りつけをしているので、一般家庭でも、玄関の中に飾りつけをしても問題ありません。

事情があれば仕方ないですよね。

家の中に飾る場合は、玄関から入って正面の壁に取り付けたり、正面に壁がない場合は、シューズボックスの上などに置いたりしてもOKです。

まとめ

飾りつけに特に決まりはありませんが、しめ飾りの周りをきれいにしておくなど、気持ちの面できちんとしていれば、歳神様はきっと来てくれるでしょう。

年に一度ですから、きちんとおもてなししましょう。

お正月のしめ飾りの処分方法は?飾る意味を理解して正しく処分!
お正月のしめ飾り。なんとなくで飾ってはみたけれど、処分はいったいどうやってするの?なんて困ったことないですか?しめ飾りの意味や正しい処分方法を紹介します!
スポンサーリンク